CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

GOLFWebTV#87 アマチュアゲスト セットアップ

メリカ男子、デザートクラシック初日、首位はラキンタを回ったミケルソンが、なんと60で回って-12、2位は-9のラングです。日本とアジア共催のシンガポールオープン初日はサスペンデッドで暫定首位が-6の佐藤太平選手とサクサンシン、石川選手はー2、ガルシアもケーシーもー2でした。

それでは今日もGOLFWEBTV をお楽しみください。今日はアマチュアゲストの方のスイング、セットアップ編です・・・

人気blogランキングのクリックのご協力をお願いしています。お手間かけますが、よろしくお願い致します!クリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。またYOUTUBEでのチャンネル登録をお願い致します。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| GOLFWebTV | 10:36 | - | - |
世界の青木誕生スイングヒストリー22

週のトーナメントは、デザートクラシック、パームスプリングスで開催されるプロアマです。かつてデュバルが最終日に59を出して逆転優勝した試合です。試合は三つのコースを使って行われるので、観戦するのが大変です。有名人も多く参加するので、予選の中継はプロゴルファーよりもセレブの映像がメインになることが多く、アメリカのセレブをあまり知らない日本人的にはつまらない試合です。しかし、アメリカのセレブに詳しい人にとっては、とても楽しめる試合だと思われます。アマチュアもラウンドできる設定のため、ビッグスコアが出やすい試合ともいえるでしょう。日本人選手は出場していません。

さて、上の図と下の図では、わかりやすい変化があると青木プロ自信が指摘したポイントがあるのですが、それはどこでしょう、というクイズでしたが、考えて頂けたでしょうか?

それは、腰や肩、背骨、ローテーションの違いではない、ということでしたが、そうなるともう残るはここだけなので、誰もがわかったと思いますが、答えは右足です。右足を見ると、71年の方は踵がほとんど浮かず、右足の内側が地面にくっついているのに対し、74年の図では右足の踵が上がっている、ということです。この右足が上がる動きは、腰をその場で回したことの証拠でもある、ということです。

スイング中の右足というのは、スイングのいろんなことを示唆していることが多いので、プロは右足の動きに注目することが多いものです。フィニッシュしても右足踵が上がらないとすれば、それは右手に力が入った証拠であることが多いものです。(そうでない場合もあります)もし、右足に体重が残ってしまうとすれば、それは手打ちの証拠です。右足を強く蹴っているとすれば、右肩が下がってクラブが寝たに違いありません。そんなふうに右足を見るといろんなことがわかるので、一度チェックして、不自然でないか確認してみましょう。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 09:33 | - | - |
世界の青木誕生スイングヒストリー21

週のGOLFWEBTVは、アマチュアの方のスイングでスイングを説明します。アマチュアの方に非常によくあるタイプのスイングなので、参考になると思います。これまでレッスンの経験はなく、YOUTUBEでのいろいろなレッスンを参考に練習してきたそうです。果たして、どんなスイングなのか、お楽しみに!

青木プロは、腰の左へのスエーを修正し、その場回転することでフックを抑えていました。腰の動きは体の軸の動きに直接影響するのでとても重要ということでした。

青木プロは、上の図と下の図で大きく変わったところがあると言ってますが、それはどこかわかりますか?腰のポジションが変わって背骨の傾きも変わっているのですが、それ以外でわかる明確な違いです。

手のローテーションの変化もわかりやすい変化だと思います。71年の方は、ローテーションを抑えることでフックを回避しようとしていますが、74年の方は、ローテーションが増えています。それでいてフックは減っているのです。

青木プロが指摘した明確な変化とは、手や腕でも腰や背骨でもない変化なんですが、ここまで言えば残りは少ないので誰にでもわかるかもしれません。果たして、その変化とは何か?明日まで考えてみてくださいね。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 09:56 | - | - |
世界の青木誕生スイングヒストリー20

日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で2試合、ソニーオープン(50)とアジアの下部ツアーの試合でした。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、世界トップ10に変動はありませんでした。勝ったクーチャーは、32位から22位に上昇していました。今週の日本のトップ10は・・・

というわけで、ソニーオープンに参加した選手は全員ランクダウンという結果でした。今回のソニーオープンでは、史上最高の4人が予選通過しましたが、世界でランクを上げるのは、簡単ではないようです。

それでは今日も、そんな大変なソニーオープンで勝った青木プロのスイングヒストリーです。

スイング中の背軸が右に傾くと、プレーンも傾くので、インサイドアウト傾向のスイングでは、それがより強い傾斜となり、大きなミスになります。それを防ぐために背軸の傾斜を抑える目的で、青木プロは腰の動きを変えました。

上の図を見比べると、74年のスイングでは腰が左に突き出ることなく回転しているのがわかると思います。こうすることでインサイドからアッパーに入ってダックフックになることを防いだわけです。スイング中の腰の動きを変えるというのは、並大抵の努力ではできません。レッスンでも、その点を指摘しても、なかなか直らないのが普通です。強靭な意思がなければ不可能と言えるでしょう。たったの3年でこれほどの変化は驚くべきことで、そのことへの執念、絶対に左に行かせない、という強い意識なく、そして、それを生業としている実態がなければ、ほぼ不可能な改造かもしれません。というか、実際にそれを生業としている人であっても、取り組みへの確信なくしては到底無理です。青木プロの場合、それを誰に言われることもなく自分で考えて完成させるところが天才といえるところでしょう。

そんな青木プロでさえ、プロになったころにフェードが打ちたいと思い、それから10年が経過したこの頃でも、まだフェードは完成していませんでした。友人プロにフェードを習ってからでも5年を経過しているのに、まだ完成はしていませんでした。それでもツアーでは13勝もし、73年の賞金ランクは2位でした。

タイガーにしても青木プロにしても、スイング改造をしつつ結果も出す、というところが驚異的なところで、つまり、ラウンド中は「まだまだダメだ」と思いつつ、それでも勝つわけです。それは、最近なら松山選手もそうだと思いますが、そういうレベルの人というのは、完全に納得できるものが得られるまで、決して満足しないもので、青木プロならプロになってからでも12年、タイガーもプロになってからおそらく20年はかかったようです。いやはや大変なことですが、それが理解できる方は、世界レベルの人だと思っていいでしょう。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 08:35 | - | - |
世界の青木誕生スイングヒストリー19

ニーオープンインハワイ最終日、松山選手は11Hを終了時点で通算-7、今平選手は17H終了時点で同じく-7、首位はパトナムが8H終了時点で-17、クーチャーは-16なので、10位は-14なので、松山選手のトップ10はなさそうです。

草野「さて、青木プロは、どうやって軸の傾きを修正したのでしょうか?ということでしたが、回答出そろいました。まずは黒柳さん、「右肩を残した」ということですが・・・」
黒柳「あの、写真見ますとね、肩のラインが変わったので、肩を意識したんじゃないかと思いました。」
草野「なるほど、肩の動きに注目しましたね、続いて真くんは「左肩を水平に」とはどういうことですか?」
野々村「黒柳さんと似てるんですけど、左肩が上がらないようにしたんじゃないかと・・・」
草野「なるほどなるほど、やはり肩の動きに注目ですね。そして坂東さんは「腰をバンッ!」とはどういうことでしょうか?」
坂東「あのね、長嶋さんがよく言ってましたね「腰をバンッ」って、腰を切れっちゅ〜ことですよ、青木さんもそれやったんちゃうかなぁ?ぼくはそう思うね、元プロやからね。」
草野「なるほど、坂東さんは腰に注目ですね。それでは回答です」


ミステリーハンター「それでは今日もまた青木さんご本人に聞いてみましょう。青木さん、一体どうやって直したんですか?」
青木プロの物まねのラビット関根「あのねぇ、ちょっと写真見てほしいのねぇ、左足見てほしいのねぇ、左足比べると腿の部分が前は垂直に近かったでしょ?わかる?74年のは斜めに傾いてるでしょ。これはねぇ。腰をその場で回転させるようにしたのよ、腰をねぇ、その場で回したのねぇ。前は腰が流れちゃってたんだねぇ」
ミステリーハンター「青木さん、ありがとうございます。というわけで、正解は、腰をその場で回すようにした、でした〜」
草野「というわけで、正解は腰をその場で回転させた、でした。腰に注目した坂東さんおまけの正解、他の方は全員ボッシュート〜〜」
坂東「おまけって、大正解やがな、ほんばぼ〜〜」

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 12:52 | - | - |
| 1/308PAGES | >>