CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

GOLF Web TV#41 ショット実験 ハイ&ロー

・ホンダクラシック初日、タイガーは0でラウンドシ21位タイ発進、首位はノレン、シンプソンの-4です。それでは今日もGOLFWEBTV #41 今日はハイ&ローの実験等をお楽しみ下さい・・・

毎日ご覧頂きまして、ありがとうございます。お手数ですがクリックのご協力をお願いしております。何卒よろしくお願い致します。毎日ありがとうございます。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。またYOUTUBEでのチャンネル登録をお願い致します。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| GOLFWebTV | 10:01 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー65

週のトーナメントは、フロリダで開催されるザ・ホンダクラシック、タイガーが出場ということで楽しみな試合になりました。残念ながら日本勢は出場がありませんが、タイガーが急遽出場を決めたということは、やはり、本人の中に何か強い自信のようなものがある、ということを証明していると思います。まだまだいわゆる試合勘というものは取り戻せていないだろうと思いますが、こうやって試合を重ねることで、マスターズへの準備をしているのではないかと思われます。今タイガーの心の中にある未来予想図は、きっと「マスターズで優勝してグレートカンバック!」ということじゃないかと思いますが、そんなタイガーのスイングヒストリーをお楽しみください・・・

ショーンとの取り組みにより左軸スイングにしたことで、背軸の傾きが大きくなっていたことがわかりました。そして上の図がインパクトですが、背骨が大きく傾き、結果肩の傾きもかなり大きくなっていることがわかります。そしてその原因が、腰を左に突き出して左軸で回転しつつ、右足はベタ足をキープしていることであることもわかるでしょう。

インパクトエリアで右足踵を上げないとか、右足を蹴らない、ということはよくレッスンでも言ってます。一つの理由は右足を蹴ってしまって右サイドが飛び出すことでクラブを寝かせて打つことを防ぐためです。もう一つの理由は、右足をベタ足にすることで、右肩が下がることを防ぐためです。

右足をべた足にするとバランスを保とうとして、普通は右肩の落ちが減るものなのですが、タイガーの場合はそういう常識が通用しません。右足をべた足にして肩が異常に傾いてバランスを崩し、それに耐えるために体に強い負荷がかかっていても、それでもなんとかしちゃえる人なので、こういう形でスイングしてもツアーで戦っていられる、しかし、能力が体の限界を上回っていたから何度も手術しなければならなくなってしまったといえるでしょう。火事場のバカ力、なんていう言葉がありますが、普通、人間は自分の限界のかなり手前でストップをかけているものです。しかし、何かの拍子に驚くようなパワーが出せることもある、っていうものです。でもって普通のアスリートレベルだと自分の限界の90%とか95%くらいまで出せるような能力があるのだろうと思いますが、タイガーの場合は自分の限界の105%とか110%とか、つまり限界を超えてまで戦うことができるということなのでしょう。ほんと凄いとしか言いようがない人ですね。

今日もまたご覧頂きましてありがとうございます。お手数おかけ致しますが、いつもクリックのご協力をお願いしております。お忙しいところ大変恐縮ですが、よろしくお願い致します。お手間かけます。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。大変感謝しております。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
| コラム | 09:40 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー64

週のGWTVは、宅島プロのアイアンショットのその後、そして、スイング実験ということで、インテンショナルハイアンドローの実験というのをやってみました。

これは、ボール位置を変えることで、ボールの打ち出し角や高さにどんな変化が出るか?ということを、トラックマンを使って数値で検証したわけです。実際にどうなったのかは映像で確認して下さい。きっと高い球を打つ時や低い球を打つ時の参考になると思います。それでは今日も、タイガーのスイングヒストリーをお楽しみください・・・

ショーンとの左軸スイングにより、セットアップからトップまで左体重で、ダウンに入ると更に左に体重移動してダウンスイングしていたことがわかりました。その結果、どんな変化になったのかというと、上の図でわかるようにジュニア時代に比べて背骨がかなり傾いてしまっていることがわかると思います。ジュニア時代は左腰が左に突き出ることなくスイングしていたので、背骨の傾きがほとんど変化しないスイングだったところ、ショーンとの取り組みでは明らかに背骨が大きく右に傾いてしまっていることがわかると思います。

ゴルフスイングの基本として、スパインアングルのキープ、ということがあります。つまり背骨の角度をスイング中できるだけ一定に保つ、ということです。例えば、バックスイングで右腰が右にスエーすれば、背骨が右から左傾斜になってしまい、背骨の傾きの逆転現象が起こってしまうので、だから右腰のスエーは絶対に良くないわけです。背骨は、スイング中ずっと右傾斜を保ち、傾斜角度もあまり変化しないことが理想です。それは正面から見た傾斜と後方から見た前傾による傾斜の両方での話しです。

そういう観点では、ショーンとの改造で右傾斜が非常に強くなってしまっているので、常識的には決して良くない改造であるということになりますが、左軸理論ではこれでオッケーなのかもしれません。

ゴルフというのは、それほど長い歴史があるわけではないので、もしかすると今後、何か画期的な新スイング法が発見され、誰でも簡単にパープレーができるようになる、なんていうことが絶対にないとは言い切れませんが、普通、どんなスポーツでも武道でも、楽器演奏でも、先人が苦労して発見したり改良してりしてきたことを踏襲して成長していくものなので、まあ〜少なくとも「こうすれば誰でも簡単に上達できる」とかそういうことはないので、そういうのに騙されないようにしましょう!

今日もまたご覧頂きましてありがとうございます。お手数おかけ致しますが、いつもクリックのご協力をお願いしております。お忙しいところ大変恐縮ですが、よろしくお願い致します。お手間かけます。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。大変感謝しております。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
| コラム | 10:19 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー63

日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランク対象試合は全部で6試合、ジェネシスオープン(62)オマーンオープン(24)その他小さな試合でした。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、今週はトップ10に動きが見られませんでした。先週勝ったババは117位から40位に急上昇しました。ババは、一時は引退も考えていたそうですが、今回は涙の復活優勝でしたね。そして今週の日本のトップ10は・・・

ということで、ほとんど同じでした。それでは今日もタイガーのスイングヒストリーをお楽しみください・・・

はたして、タイガーのスイングは、トップまで左足に乗せたっきり移動しないスイングでしたが、ダウンではどうなったのかというと、図でわかるように左腰を更に左に押し出すことで、回転の推進力としていることがわかります。ということは、左にかかった負荷を逃がすわけではなく、更に左にかけてスイングする、ということになるので、左足への負担はこれまで以上に重くなるはずですが、これがどうして左足にとって良いスイング、左ひざに無理のないスイングという話になって、それをタイガーが納得したのか?とっても不思議です。どうみても10代の頃の方が無理のない。体重の偏りが少なく、体への負担も少ないと考えられます。

しかしながら、どんな説得を受けて納得したのかは別として、タイガーの体が破壊されたのは事実ですから、やはり見た目におかしいものというのは良いわけがないことがわかります。体重移動は昔から言われているように、バックスイングで右、ダウンで左、という流れを基本とするべきで、左から左、という偏った理論を信じる方は、注意して取り組んで下さいね。

今日もまた週はじめなのにご覧頂きましてありがとうございます。お手数おかけ致しますが、いつもクリックのご協力をお願いしております。お忙しいところ大変恐縮ですが、よろしくお願い致します。お手間かけます。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。大変感謝しております。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
| コラム | 09:31 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー62

のロサンゼルスオープン、ちょっと前はニッサンオープンだったりしたジェネシスオープン最終日、午前8時現在、試合はまだ進行中で、首位はババが-11(16)フィナウとケビン・ナが-10で続いている、といった状況です。それでは今日も、タイガーのスイングヒストリーをお楽しみください・・・

上の図はトップですが、トップはかなり変化していますね。ジュニア時代に比べてかなりコンパクトになっています。トップがコンパクトであることは、ショットの安定性に非常に寄与すると思うので、ジュニア時代のトップよりも2013年当時のトップは理想的なシャフトアングルや高さに近いと思います。ただ、トップをフラットにしてコンパクトにしたのはブッチとの取組み時代からのことなので、ショーンとのタッグで変化したといえるのかは不明です。左軸スイングにすると自然とか必然とかトップはコンパクトになりやすいものだろうとは想像できます。だから、左軸の影響としてコンパクトになっているということも考えられるでしょう。

しかし、やはりどうしても奇妙にしか見えないのは腰の位置で、トップで左足体重になる位置にお尻を振ったような形になっています。このことからも、ショーンとのスイングではセットアップからトップまで、体重はず〜〜っと左に乗りっぱなし、っていう状態であることがわかります。ノーマルスイングからすればあり得ない話ですが、これが左軸理論では正しいということになるのでしょう。

しかしまあ、これほどにスイングを変えても、そしてそのために体がボロボロになっても、それでもツアーで戦えるレベルのゴルフができる人なのだから、タイガーのとんでもなさがわかるトップだとは言えるでしょう。結局何をどうしても結果を出す人、ということなわけですね。いやはや、恐ろしい天才です。

今日もまた週はじめなのにご覧頂きましてありがとうございます。お手数おかけ致しますが、いつもクリックのご協力をお願いしております。お忙しいところ大変恐縮ですが、よろしくお願い致します。お手間かけます。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。大変感謝しております。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
| コラム | 08:28 | - | - |
| 1/242PAGES | >>