CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

レッスン公開259-4

メリカ男子、ZOZOチャンピオンシップ最終日、勝ったのは-7でラウンドしたキャントレー、通算-23でした。二位タイはラームとJTが-22、侍ジャパンは、松山選手が−13で28位タイ、小平選手が−12で35位タイ、金谷選手が−11で41位タイ、石川選手が−5で63位タイ、今平選手が-4で66位タイ、堀川、星野選手が-1で72位タイ、石塔選手が+1で75位でした。

タイガーは-1、ミケルソンは+6を叩いて+3、チャンピオンズツアーではデビュー二連勝でしたが、レギュラーとの差が感じられる結果でした。

松山選手はラウンド後のインタビューで「昨日の練習でショットが良くなって今日は行けるかな?と思ったら良い結果になった。来週は休んで再来週はまだ出るか決めていない」ということで、流石に良い感じになると結果を出す人ですね、それほど自分が分かって居るということになるでしょう。

結局今回も、終わってみれば順当な結果になっていて、いつものパターンという感じでした、内容は悪くないと言っていた石川選手は、終わってみればいつもくらいでしたが、果たしてどんな内容だったのか?石川選手とキャントレーと松山選手のティーショットの距離を比べてみました。ショートホール除く 赤字は飛距離に顕著な差があるホール *印はバーディー -はボギー

    石川 松山 キャントレー
  1. 213 277* 292*
  2. 251 247 285*
  3. 260- 287 294*
  4. 247 287* 291
  5. 218- 272* 259*
  6. 304 294 304
  7. 240- 241* 248*
  8. 248 283 274
  9. 268 284 252*
  10. 300 282* 307*
  11. 282 300 296*
  12. 257 255 299-
  13. 264 258 263

飛距離に顕著な差があるホールが7Hもあり、飛距離差がスコアの違いになっているホールが4Hもありました。このコースは比較的距離がなく、技術や判断力を問われるコースですが、やはり飛距離の差が重要であることは否めません。

石川選手は、おそらくドライバーを3回くらいしか使っていませんが、キャントレーはおそらく8Hで使っています。松山選手も7回くらいだろうと思われます。

この1ラウンドで判断するには無理がありますが、つまりはドライバーのコントロール性への自信の差が大きいと言えるでしょう。ドライバーでのコントロール能力が高いということは、それ以下のクラブの精度も当然高いので、現在の石川選手では、まだまだ戦えないレベルということが分かります。

もしこの内容で、石川選手が満足しているとしたら、ちょっと厳しいかもしれないですよね?早い話、ドライバーの飛距離よりも精度を上げるべきでしょう。アイアンの精度はその後でいいと思います。やはり、なんといってもゴルフはティーショットでかなり決まるので、ドライバーがどれほど良いスイングになるかが課題だと感じます。ただ、今はスイングを考えすぎているように見えるので、しばらくは難しいかもしれません。

一方、金谷選手はというと、今後、世界で戦うには十分なレベルを感じさせてくれました。多くの選手は、自分に足りないものを足そうとして失敗するので、そうではなく、自分の長所を伸ばすような基本思考で成長してほしいところです。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみ下さい・・・

人気blogランキング←なんとかコチラのクリックをお願い致します。クリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

是非メルマガをご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 14:11 | - | - |
レッスン公開259-3

メリカ男子、ZOZOチャンピオンシップ三日目、首位はJTがー19、2位はラームが-18、3位はグリフィンが-17、-16にはムニョス、パーマー、キャントレーなど、役者が出そろう展開の中、小平選手は連続バーディー発進の後、4連続ボギーなどしてピンチでしたが、その後4つのバーディーで盛り返し、この日-2は通算-12として20位タイ、金谷選手は-4でラウンドして-11は25位タイ。

今平選手は石川選手とラウンドし、この日-3は通算-8で39位タイ、石川選手は一時-10で日本人ではトップに立ちましたが、その後ボギーが三つで-7は48位タイ、松山選手もー7、星野選手は+3でラウンドして-3は68位タイ、堀川選手は+1、関藤選手は+3でした。タイガーは-1で回って-3でした。チャンスのパターが全部入らず、という印象でした。

小平選手はラウンド後のインタビューで「出だしは良かったけど4連続ボギーのあと、ここからだと思って気を取り直してプレーした。昔の感じを思い出してやったらよくなった」というようなことを言ってました。何か、いい感じの頃のことを思い出したようです。

石川選手はラウンド後に「昨日と内容は変わらず、悪いわけではない、今は今やっていることをもっと精度を上げられるようにしたい」というようなことを言ってました。

松山選手は「いいのがあっても続かない、明日はよいプレーをしたい」と言葉少なでした。今平選手は「いいバーディーが取れた、明日は出し切りたい」と言ってました。

同じスコアでも、石川選手は結構満足気で、松山選手は超不満、というイメージでした。石川選手のラウンド後の練習風景が少し放映されましたが、やろうとしていることのレベルが高すぎて、私には理解ができないようなことをしていました。フェースコントロール精度を高めたいのかな?という印象でしたが、上手くいくといいですね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキング←なんとかコチラのクリックをお願い致します。クリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

是非メルマガをご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 11:21 | - | - |
レッスン公開259-2

メリカ男子、ZOZOチャンピオンシップ二日目、今日は-11のコースレコードが出たり、-9や-8も3人くらい、-7は12人も出るようなバーディー合戦試合となり、上位5名は全員-7でラウンド、首位はJTが-14、2位はグリフィンとフリッテリっていう選手が-13、4位タイは-12のシェフラーとキャントレーといった中、小平選手は-6でラウンドして通算-10で14位タイ、金谷選手は-5でラウンドして通算-7は35位タイ、星野選手は-2でラウンドして通算-6で40位タイ、今平選手は-8でラウンドして通算-5、石川選手は-6でラウンドして通算-5で48位タイ、松山選手は-1のラウンドで-3、堀川選手は+2、関藤選手は+7で最下位になりました。

松山選手はパターが入らないらしく、振り方が悪いのか?とかまで考えてしまったそうです。石川選手は「初めてコーチを付けて、だんだん良くなってきている」ということです。スイングは、コンパクトにして飛ばすように改造しているそうです。今年の3月から契約しているそうで、数値分析などを元に、自分に足りないものを強化するような、そんなことをしているらしいです。

石川選手ほどスター性のある選手はいないので、なんとか復活してアメリカで活躍できるようになるといいですね。石川選手も来年は30歳、ゴルファーのピークもそろそろです。ただ、ジュニアから活躍している選手の場合、ピークは早めになることが多いので、もしかすると、現在がピークかもしれません。何れにせよ、ここ数年でアメリカで戦えるようにならないとしたら、次は40代でのミラクル復活に期待、ということになりそうです。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキング←なんとかコチラのクリックをお願い致します。クリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

是非メルマガをご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 10:45 | - | - |
今日はメルマガ配信日です

メリカ男子ZOZOチャンピオンシップ初日、首位は-8のムニョス、2位タイは-7のハットンとトーマス、日本勢は、星野、小平選手が-4、金谷、松山選手が-2、関藤選手が-1、石川選手は+1、堀川選手は+2、今平選手は+3でした。タイガーは+4でした。

その他、主な選手は、マキロイ+1、ミケルソン0、ファウラー、モリカワ-1、スピース-2、シャフリー -3、デイ、ラーム-4、シェフラー、ローズ―5などでした。

今日は金曜定休日でメルマガ配信日です。配信は午後6時頃の予定です。是非メルマガをご購読ください。

人気blogランキング←なんとかコチラのクリックをお願い致します。クリッククリックニャンニャンニャン

いつもありがとうございます。

| その他 | 13:41 | - | - |
レッスン公開259-1

週のトーナメントは、アメリカ男子がZOZOチャンピオンシップ、今年はアメリカでの開催で、去年はJGTOのスケジュールに組み込まれていましたが、今年は組み込まれていないので、共催という形ではないようですが、多くの日本人選手が出場します。

今回出場する日本人選手は、松山、石川、小平、今平、堀川、金谷、星野陸也、関藤選手らです。関藤という選手はよくわからないですが、他の選手はトップクラスの選手ばかりです。関藤という選手は、今年2試合に出て予選通過なし、去年は3試合で二試合で通過し、41位タイと26位タイでした。なので、主催者と特別な関係にある人なのだろうと思われます。

また、今週はディフェンディングチャンピオンの御大、タイガーも出場します。まあ〜タイガーの場合は世間がこういう状況でも、つまらない試合には出ない?ZOZOはギャラをしっかり出してくれるから出る?ということかもしれません。

アメリカ女子はLPGAドライブオンチャンピオンシップレイモンズレイクオコーニーという試合で、上原選手が出場します。

今週の日本は、男女ともにレギュラーツアーは開催されません。

果たして、ZOZOでの石川選手や金谷選手の活躍は見られるのか?石川選手はスイング改造していて、先週も追い上げて3位タイでした、ただ、このレベルだとアメリカではカットラインをうろつくレベルなので、改造が成功しアメリカで活躍できるレベルには、まだ遠いと思われますが、果たしてそうでもないのか?また、金谷選手はアマチュアランク1位からのプロデビュー、このレベルはいきなりアメリカで戦えるレベルですが、果たしてどうなるのか?そして松山選手は?タイガーは?見どころ満載で楽しみです。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキング←なんとかコチラのクリックをお願い致します。クリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

是非メルマガをご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 10:33 | - | - |
| 1/440PAGES | >>