CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

レッスン公開238-18

ンダクラシック最終日、石川選手はパー3で池ポチャのダボなどもあり、スコアを崩してこの日+2のプレーは通算-1とし、順位は37位フィニッシュでした。結果、フェデックスカップポイントは17ポイント増えて111位から104位に上昇しました。

優勝したのは、昨日単独首位だったファウラーが、17番で池ポチャしてボギーとしたり、最終ホールもボギーとしましたが、それでも2位と4打差で逃げ切り優勝しました。

ラウンド後のインタビューで石川選手は「練習していたことがコースでできた部分もあるので収穫はあった、ドライバーが予選から良くなってきた。アイアンが良くなってきているが、もっと良くなれば数字にもつながる。何かを特に変えることはないが、今していることを続けて、ちょっとずつでも成果を出したい。」と言ってました。石川選手は、今週休んでまた来週からのプレーになるようです。

アメリカ女子のホンダタイランド最終日は、エイミー・ヤンが68でラウンドして逃げ切り優勝、スコアは-22、2位はユソヨンの-17、3位はキムセヨンの-15などでした。日本勢の成績は、野村選手が0で45位タイ、畑岡選手と藍選手は+3で56位タイフィニッシュでした。日本では高校生にしてメジャーに勝つ、という快挙を成し遂げた畑岡選手ですが、やはりアメリカでは簡単にはいかない様子です。宮里美香選手にしても、日本ではスポット参戦でもメジャーに勝つような強さでしたが、アメリカで優勝するまでには大変な苦労があったので、畑岡選手も簡単には勝てないのか?

松山選手の傑出した強さは日本男子の歴史を大きく変えることは間違いないですが、女子ではまだそんな選手が出てきていません。藍選手は世界一にはなったもののメジャーには勝てず、勝つまでに苦労したり、ということがあったので、松山選手ほどの選手ではなかったと言えます。果たして、畑岡選手はどうなのか?この一年はとても重要です。凄い選手は最初からすごいものなので、今年、ファンをアッと言わせるような結果を出してほしいと思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン

いつもご協力頂きまして、ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 17:17 | - | - |
レッスン公開238-17

メリカ男子、ホンダクラシック三日目、石川選手はボギー発進ながら前半を-3でラウンドし、後半もボギー二つが先行しましたが、その後取り戻して−3フィニッシュは通算−3で32位タイでした。首位はファウラーが-13、2位は-9、3位はー7なので、明日頑張ればかなりの上位フィニッシュも可能です。ただ、明日は風が吹く予報なので、現在のスコアをキープするか、できれば1打くらい伸ばすだけでも結構上位に行けるかもしれません。

ラウンド後のインタビューで石川選手は「今日も昨日とあまり変わらない感じだった、明日もできるようにしたい。アイアンは良くなっているけどショット力が要求されるコースなので、ドライバーはまだまだ、今日はスコアが伸びるコンディションだったかもしれないけど、明日は風が吹くので、20〜30位くらいからスタートできれば、上位を目指して頑張りたい」というようなことを言ってました。なので、アイアンやアプローチは良く、パターも良く入っていたようです。あとはやはりドライバーが問題のようでうす。ショットトラッカーを見ると、確かにドライバーでフェアウェイを外したホールでボギーにしているので、ドライバーがなんとかなれば、今後の試合で優勝争いもできそうな印象でした。

女子のホンダタイランド三日目は、三日目が終了していませんが、首位はエイミーヤンのー17(16)二位はユソヨンの-13(F)で、日本勢は野村選手が0で43位タイ、畑岡選手が+1で46位タイ、そして藍選手は+3で57位タイでした。畑岡選手はQTの時、終盤で崩れたりしたので、プロツアーでの体力面に心配があります。そこへもってきて、なかなか思ったように上位に行けないようなことがあると、何かを変えなければいけないと思い、そこからツアープレーヤートラップに陥る、というようなこともありえるので、回りに良いスタッフがいることを願いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン

いつもご協力頂きまして、ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 10:56 | - | - |
レッスン公開234-16

メリカ男子、ホンダクラシック二日目、石川選手はバーディー発進からバーディー4つが先行する展開で一時は-4、順位も11位くらいにまで上昇していたのですが、その後、残り6Hで4ボギー、結局二日間通算0フィニッシュは55位での予選通過となりました。ただ、このままの順位だとフェデックスカップランクも下降するので、週末は思い切ったプレーでの爆発が望まれます。

首位はライアン・パーマーとレスリー・ブライアンが-9、ファウラーは‐8で3位タイ、JTは予選落ち、デシャンブーもまたまた予選落ちでした。

石川選手は、昨日のプレー終了後のインタビューで、調子が悪いわけではない、と言っていたそうで、結構いい感じでプレーしているようだけど、ちょっとしたことでスコアを落としたり、伸びなかったり、ということになっているらしく、だから、ちょっとかみ合えば爆発できるかもしれないようです。週末はかみ合ってくれるといいですね。

アメリカ女子のホンダタイランド二日目は、悪天候のために途中でサスペンデッドになったようですが、首位はアリヤ・ジュタニュガンとエイミー・ヤンで2Hをプレーしてそれぞれ-1は通算-7、日本勢は野村選手が3Hまでを+1で通算-3は17位タイ、畑岡選手は7Hまでを+2は通算0で35位タイ、そして藍選手は9Hまでを+2は通算+1で43位タイでした。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン

いつもご協力頂きまして、ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:47 | - | - |
国際秘宝映像315

メリカ男子ホンダクラシック初日、石川選手は前半を0でラウンドし、後半は連続ボギースタートながら、その後連続バーディーで取り返し、直後にボギーとしたものの最終ホールでバーディーをとって、結局通算0フィニッシュは63位でした。首位は-6に二人です。

アメリカ女子のホンダタイランド初日は、首位がジュタニュガンとエイミーヤンが-6、野村選手は-4で7位タイ、畑岡選手は-2で22位タイ、藍選手は-1で27位タイでした。この試合は70名が出場しています。

今日は金曜定休です。今日は、あの人の今昔物語、音声解説付きです・・・

人気blogランキングいつもご協力いただきまして、ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| 国際秘宝映像 | 09:05 | - | - |
レッスン公開238-15

週のトーナメントは、アメリカ男子がホンダクラシック、日本からは石川選手が出場します。アメリカ女子は、ホンダLPGAタイランド、藍選手、野村選手、畑岡選手らが出場します。

石川選手は、これまで7試合に出場し、稼いだフェデックスカップポイントは114.88ポイント、そして、石川選手に残された試合は13試合、シードに必要なポイントはあと284.840ポイント、また賞金では、7試合で248173ドル稼いでいて、必要な賞金はあと407615ドル、ということなので、これまでに出場できる試合の1/3以上を消化し、ここまでのペースでシードをゲットするなら、賞金シードの方が可能性が高そうです。

石川選手のアメリカデビュー以降の挑戦記をすべて見ましたが、それを見ると石川選手の心の揺れ、というか動きがよくわかります。非常に大雑把に言えば、最初はアメリカで戦うためにスイング改造をし、しかし、ゴルフが小さくなってしまっていたので昔のように飛ばしてガンガン攻めているゴルフにしたけど、やっぱり技術不足であることを思い知って技術向上に取り組んでいる、といった感じです。

石川選手が、現在どんな技術向上に取り組んでいるのかは不明ですが、なんといってもドライバーの精度に問題があることは間違いないので、ドライバーの精度を上げる何かをしているのでしょう。石川選手は、自分のしていることを隠すとか嘘をつくということはないが、例えばバックスイングで「ちょっとインサイドに引くようにしたら良くなった」と感じても、それを言うことはないそうで、何故かというと、それで良くなったと思っても、それで安定することはなく、すぐにまた別のことを試している、みたいなことがあったので、その過程をすべて正直に言うことはない、ということでした。

そういうことって誰でもあると思います。いわゆる、日々開眼、っていうやつですね。練習の度に開眼するようなことがあるのに一向に良くならない、みたいなやつです。「やった〜!これで掴んだぞ!」と思ったのも束の間、次の練習では「あのショット、あの感覚は何処へ?」ということになるやつですね。

だからこそ正しい基準を元にスイングの変化を確認し、何が良くなったのか?何が悪くなったのか?などを理解して練習することがとても重要で、感覚というのは変化するものなので、それだけで上達するのは限界が見えています。感覚というのは、慣れてしまうと感じなくなるし、それでも感じるようにするとやりすぎになるからです。

トッププロであれば、ほんの数ミリの差でも大きな差に感じるはずです。そういうことを厳密に測定し、判断することが石川選手や上級者には重要かな〜と思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン

いつもご協力頂きまして、ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 16:14 | - | - |
| 1/355PAGES | >>