CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

レッスン公開247-49

週のトーナメントは、アメリカ男子がRSMクラシック、日本人選手は出場しません。女子はツアーチャンピオンシップ、畑岡、上原、横峯選手らが出場します。畑岡選手のポイントランクは4位、横峯選手は76位、上原選手は60位での出場です。

日本の男子はダンロップフェニックス、ケプカが登場です。それだけに松山選手も燃える可能性が高く、面白い試合になりそうです。果たしてケプカが実力の差を見せつけて大会を連覇するのか?それとも松山選手が阻止するのか?或は妙に調子にのったJGTOの誰かががんばるのか?とても楽しみです。

そして、女子は、賞金女王は既にアンソンジュにほぼほぼ確定していて、多分今週で確定すると思われます。こうなると、来週の試合の見どころがない、ということになるので、PGAツアーなら即システムを改造するところなんですが・・・。というわけで、今週はシード権争いの最終戦なので、シード権争いが注目となります。今週の50位前後は・・・

45 佐伯 三貴 ¥23,923,571 0 29
46 木戸 愛 ¥23,105,183 0 35
47 香妻 琴乃 ¥22,643,333 1 21
48 大城 さつき ¥22,221,100 0 33
49 藤田 さいき ¥21,868,358 0 31
50 大里 桃子 ¥21,687,750 1 33
--------------------------------------------------
51 笠 りつ子 ¥21,653,808 0 32
52 一ノ瀬 優希 ¥21,347,807 0 29
53 畑岡 奈紗 ¥20,907,571 1 4
54 安田 彩乃 ¥20,885,285 0 30
55 渡邉 彩香 ¥20,398,250 0 30
56 金田 久美子 ¥19,233,999 0 33
57 原 江里菜 ¥18,998,916 0 30
58 川岸 史果 ¥18,837,713 0 31
59 金澤 志奈 ¥18,339,583 0 31
60 野澤 真央 ¥18,004,958 0 33
74 飯島 茜 ¥12,109,035 0 31
84 イ ボミ ¥8,303,475 0 23
113 堀 琴音 ¥3,053,000 0 33

です。3週ほど前がこちら

46 三ヶ島 かな ¥22,492,333 0 27
47 大里 桃子 ¥21,157,750 1 31
48 笠 りつ子 ¥21,093,808 0 30
49 大城 さつき ¥21,027,100 0 31
50 畑岡 奈紗 ¥20,907,571 0 3
51 藤田 さいき ¥20,479,558 0 29
--------------------------------------------------
52 渡邉 彩香 ¥20,398,250 0 29
53 安田 彩乃 ¥20,071,000 0 28
54 一ノ瀬 優希 ¥20,013,807 0 27
55 佐伯 三貴 ¥19,511,571 0 27
56 金田 久美子 ¥19,233,999 0 31
57 原 江里菜 ¥18,998,916 0 28
58 川岸 史果 ¥18,525,713 0 29
59 キム ヘリム ¥17,989,000 0 16
60 野澤 真央 ¥17,324,958 0 31
74 飯島 茜 ¥10,974,750 0 29
87 諸見里 しのぶ ¥6,739,333 0 25
88 イ ボミ ¥6,409,475 0 21
112 堀 琴音 ¥3,053,000 0 31

というわけで、姉御は流石に一気にランクインしました。50位と51位の賞金差は僅かに3万4千円弱なので、今週の順位によって入れ替わると思われます。ただ、大里選手は優勝しているので、賞金シードは関係ありません。でも優勝して賞金シードはない、ってちょっとカッコ悪いので、なんとか賞金シードを決めたいところでしょう。ところでJLPGAはホームページをリニューアルしたようです。しかしスコアボードはまだ変わっていないようなので、是非、現在の賞金ランクと暫定の賞金ランクがリアルタイムでわかるようなスコアボードにリニューアルしてほしいと思いつつ、今日もレッスン公開をお楽しみください・・・


人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 11:29 | - | - |
レッスン公開247-48

週のGWTVは、小日出さんのインパクト以降をご紹介します。

一般の方に最も多いインパクトは、リリースタイミングが早いために正面から見たシャフトが垂直くらいになった位置で打っているインパクトです。イメージとしては、グリップが一番低い位置にくる直前に急ブレーキをかけて、クラブヘッドが手を追い越す瞬間にボールを打つような感じです。小日出さんも、以前はそういう感じのインパクトだったそうですが、大地プロに出会って、ある練習をしたら、結果として直ってきた、良いインパクトになってきた、ということでした。そのある練習が何かは動画で確認してくださいね。

そういうインパクトがなぜいけないのかというと、一つにはロフトの問題で、ロフトがつきすぎてしまってボールが上がり過ぎて距離がでないからです。これが最大の問題かもしれません。ボールはフェースの高い位置でトウ寄りにあたる傾向が強く、ナイスショットしても力弱い球になって飛びません。また、そもそもダフってミスがでやすいことや、方向性も悪い、ヘッドスピードも減速中に打つことになって飛ばないなど、ゴルフスイングで悪いことの集大成みたいになってしまうのです。

しかし、現実にはそういうスイングをしている人がとても多く、でもって一度覚えてしまうとなかなか修正できない、という厄介な癖になりやすい現象です。なので、小日出さんが短期間で修正できたのは驚異的といえます。是非、その方法を動画で確認してくださいね。

インパクトゾーンが長く、安定しやすく方向性がよいインパクトは、ボウドインパクトで、シャフトは目標方向に少し傾いて、左手の甲が目標に最も近い位置にくるインパクトです。このインパクトをマスターできると、クラブヘッドを引っ張りながら打つイメージなので、とても安定しやすく、方向性も向上します。例えば、学校のグランドに線引きで線を引く場合、線引きを押しながら描くと、線はユラユラ曲がった線になりますが、目標を見ながらカートを引っ張って描くと、まっすぐな線が引けます。そんなふうに、ひっぱると直線が描きやすく安定しやすいもので、クラブヘッドだって、そんなふうに引っ張りながら打てば、動きが安定してブレにくいのです。

そんなわけで、決して手を止めたりすることなく打てるようにするこが重要だと思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス


続きを読む >>
| レッスン公開 | 13:50 | - | - |
レッスン公開247-47

日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で7試合、マヤコバクラシック(40)ネッドバンクゴルフチャレンジ(36)三井住友VISA太平洋マスターズ(18)その他でした。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、ケプカが返り咲き、ローズは二位に後退していました。今週の日本のトップ10は・・・

というわけで、松山選手は23位をキープし、あまり動きがありませんでした。今週の女子は・・・

1 — THA ARIYA JUTANUGARN 7.99 447.46 56 ☆
2 — KOR SUNG HYUN PARK 7.75 379.60 49 ☆
3 — KOR SO YEON RYU 6.85 322.18 47 ☆
4 — KOR INBEE PARK 6.71 234.70 35 ☆
5 — AUS MINJEE LEE 5.90 330.33 56 ☆
6 1 JPN NASA HATAOKA 5.51 297.70 54 ☆
7 -1 ENG GEORGIA HALL 5.48 197.27 36 ☆
8 — USA LEXI THOMPSON 5.24 220.21 42 ☆
9 — CAN BROOKE M. HENDERSON 5.21 301.91 58 ☆
10 — KOR JIN-YOUNG KO 5.12 266.05 52 ☆

というわけで、畑岡選手が6位に上昇、まだ一般のニュースにはあまり出てきていませんが、やはりメジャーにでも勝たない限り、大坂選手のようには取り上げられないのかもしれません。厳しい世界ですね。今週の日本の女子は・・・

6 1 JPN NASA HATAOKA 5.51 297.70 54 ☆
29 — JPN AI SUZUKI 3.49 195.61 56 ☆
45 — JPN MAMIKO HIGA 2.19 150.89 69 ☆
57 — JPN MISUZU NARITA 1.94 123.98 64 ☆
61 -2 JPN SAKURA KOIWAI 1.87 82.28 44 ☆
72 -1 JPN MOMOKO UEDA 1.71 104.59 61 ☆
86 -1 JPN ERIKA KIKUCHI 1.41 88.66 63 ☆
93 — JPN ERI OKAYAMA 1.28 84.28 66 ☆
104 -1 JPN AYAKO UEHARA 1.17 71.24 61 ☆
107 -3 JPN HINA ARAKAKI 1.14 52.60 46 ☆

というわけで、畑岡選手以外下降傾向でした。世界ランクトップ10に入るって、とても凄いことですが、大坂選手は世界ランク5位、畑岡選手はメジャーには勝っていないものの6位です。如何にメジャーでの優勝が世間の評価になるのかがわかりますね。ただ、大坂選手って黒人のバネを持っているので、ゴルフ界でもそういう選手が出てくれば、男女ともメジャーにぐっと近づけそうですね。やはり先天的な差を超えるのは大変だと思います。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス


続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:25 | - | - |
レッスン公開247-46

ヤコバクラシック最終日、勝ったのはクーチャーが逃げ切り優勝しました。クーチャーのスイングも非常にコンパクトだったことが、見ていた人には分かったと思います。スコアは-22、注目のチャンプは-16で10位タイでした。

日本の男子、三井住友VISA太平洋マスターズは、額賀選手がツアー初優勝、額賀選手は主催者推薦からの優勝で、シード圏外から一気に二年シードゲットとなりました。まさにドリーム優勝でした。注意しなければならないのは、来年もかせがなければ大変、ということです。もし一回だけ勝ってそれっきり優勝になってその後稼げない、ということになると、税金が大変になる、ということなので、パーっと使ってしまわなないようにした方がいいでしょう。

女子の伊藤園レディースは、黄アルムが優勝、アン・ソンジュが二位になりました。これでアン・ソンジュの賞金総額は1億7千438万4885円ということで、二位の申ジエとは約3900万円差、三位の鈴木選手とは約4400万円差、ということになり、残り二試合の優勝賞金合計は4100万円なので、可能性は申ジエにあるけど、残り二試合を連続優勝しなければならないので、かなり高い確率でアン・ソンジュが賞金女王という状況です。

クーチャーのスイングは、とてもコンパクトです。昔はもうちょっとは大きかったと思いますが、加齢により徐々にスイングはコンパクトなっていると思います。誰でも加齢とともに体は硬くなっていくので、どうしてもコンパクトになっていきます。一般の方はプロに比べて体も動かないので、プロのスイングをまねしてしまうと無理なスイングになりがちです。プロやジュニアからゴルフをやっている人のスイングは特別なものであって、普通は無理だと考えた方がいいでしょう。例えば全盛期の中嶋プロのスイングは、世界一美しいなんて言われて(本人は嫌がってます)多くの人がマネしようとしたものですが、成功した人は少ないでしょう。そうではなく、今回優勝したクーチャーのようなスイングをマネすれば、ゴルフはもっと簡単になります。

振り上げない、無理しない、体に優しいスイングがお勧めです。

それでは今日も、レッスン公開です・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス


続きを読む >>
| レッスン公開 | 08:38 | - | - |
レッスン公開247-45

ヤコバクラシック三日目、首位はクーチャーが-20、二位はキム・ウィーが-16、三位は-15に二人、注目選手のキャメロン・ディアス、じゃなくてキャメロン・チャンプは-14で5位タイ、フィナウは-12です。女子のブルーベイLPGAはゲイビー・ロペスが-8で優勝、二位は-7のアリヤ・ジュタニュガン、横峯選手は+10で45位タイ、上原選手は-15で62位タイでした。

日本の男子は昨日の午前中に二日目の競技を終了し、PGAツアーだったらそのまま第三ラウンドをやれるとこまでやるところ、簡単に中止が決定したので、昨日のままで今日は最終日です。どうして11時から第三ラウンドをプレーしないのか?そうしてしまうと明日のテレビ放映時間までに終了しなかった場合、表彰式が放映できず、スポンサーの社長がテレビに映らないからできないということでしょうね。困ったもんです。そんなにくだらない興行試合なので、松山選手もやる気がでないようです。

女子の伊藤園レディース二日目は、首位が松田鈴英選手の-11、二位は黄アルムの-10、姉御は-9で3位タイです。男女のギャラリー数バトルは、男子が昨日6577人、女子が6017人ということで、男子に軍配、男子はファンサービスの一日だったのかもしれません。

ところで、最近話題のキャメロン・チャンプは、ヘッドスピードが130mphを超えています。そして、飛距離は330y、首位のクーチャーは106mphで280y、チャンプの130というのは、58.1152m/sです。時速209キロくらいです。首位のクーチャーの106は、47.38m/sなので、日本人のプロでも普通か遅めのスピードです。時速で言うと170kmくらいです。なので、チャンプがどれほど驚異的かがよくわかりますね。もうわけわからん、っていうスピードです。

しかし、アメリカでは、それくらいでスイングしている選手は結構います。ミニツアーレベルでもいます。そういうスイングを実際に見ると、メチャクチャ早いので、自分のスイングがスローモーションのように感じます。そして、自分ももっと早く振れるような気がしてリズムが崩れてボロボロになるものなのです。それくらい凄いスピードです。

さて、なぜ日本ではヘッドスピードをメートル毎秒で表すのか?アメリカのように自動車のメーターと同じキロメートル毎時で表した方が、わかりやすくないでしょうか?ヘッドスピード50は180キロくらいです。40は145キロくらいです。ヘッドスピード40と50の差が、なんとなくわかりやすくないですか?45なら162キロ、45.3出た、とか45.6出た、とかいうより、163出たとか164出たといった方が差がわかりやすいですよね?今日は165キロ目指すぞ!とか言いやすいけど、今日は45.9目指すぞ、って45.6でも9でもどっちでもいいやん、という気がしやすい、プロ野球の急速がメートル毎秒だったらピンとこない、時速だからわかりやすいんじゃないでしょうか?なのになぜゴルフのヘッドスピードはメートル毎秒なんていう妙な単位を使うのか?とっても不思議に思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス


続きを読む >>
| レッスン公開 | 11:45 | - | - |
| 1/295PAGES | >>