CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

レッスン公開248-1

米プロゴルフ選手権最終日、午前7時20分現在、試合はまだ進行中で、ケプカが4連続ボギーで急降下するもー9で首位をキープ、二位はDJが-6、残すは18Hのみ、という状況です。松山選手は+3で17位タイに後退しています。

日本の女子、ほけんの窓口レディース最終日、試合は上田選手が最終ホールをバーディーとし-9フィニッシュ、一方、-10で単独首位だったイミニョンは17番でボギーの-9、そして、最終ホールでは申ジエもバーディーで-9としてプレーオフ参戦を可能にしたものの、バーディーチャンスを見事に沈めたイミニョンが-10で逃げ切り優勝しました。最終日のギャラリー数は7980人でした。

そんなことを書いてるうちに松山選手の組が終了し、松山選手は+3で16位フィニッシュ、DJは-6で終了、ケプカは最終ホールを残して-8なので、ダボならプレーオフという状況になりました。そして、18Hのティーショットをいつものフェードと逆玉が出てしまい左のラフに打ち込んでしまいました。果たしてどうなるのか!?

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 07:36 | - | - |
レッスン公開248-予告編

米プロ三日目、首位はケプカで-12、二位タイは-5に4人、松山選手は-4で6位タイです。ラウンド後のインタビューでは「今日は最後にバーディーが二個来てよかった。明日ケプカ次第だけどがんばる」ということで、本人的には満足できるラウンドだったようです。

日本の女子のほけんの窓口レディース二日目、首位は大城さつき選手とイミニョンが-7、3位タイには申ジエと金澤志奈選手が-6、1打差の-5には上田、黄、吉田、勝選手らがつけています。

初日66で首位だった金澤選手は、パッティングのスタンスを半分くらいに狭めたところ、パターはとても良く入って66になったということです。そのアドバイスをしたのが申ジエだそうで、申はバックスイングが大きいのを見て、もっとリズムよく打つようにとアドバイスしたそうです。そして、そうしたらパターが入りまくった、ということです。

さて、全米プロではケプカが独走しています。二位との差は7打、これは、普通は逆転できない差です。普通逆転できる限界は6打くらいで、それも首位が実績のない選手だった場合にあり得る、というイメージです。なので、今回のケプカの場合、大きく崩れるということは考えにくいので、もしかして1〜2打くらい崩れてくれたとして、-5や6でラウンドした選手がいた場合にプレーオフや逆転もありえますが、ほぼほぼケプカで決定か?というイメージですね。

それでは今日もレッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 14:50 | - | - |
レッスン公開247-38

米プロ二日目、首位はケプカがー12、二位は-5のスピースとアダムということで、二日間で二位とは7打差の一人旅体制に入りそうなケプカです。一方、松山選手はー2でラウンドし、通算-2は10位タイ、ケプカとは10打差になってしまったので、明日、ケプカが崩れて松山選手が爆発する、みたいなことになれば、まだまだ優勝も射程圏内と言えるでしょう。小平、今平選手らは+9と+7で予選落ちでした。

そして、この日の大番狂わせと言えるのがタイガーの予選落ち、タイガーは+5でカットラインに1打及ばず予選落ちとなりました。問題は一つではなく、まずティーショットがフェアウェイに行かない、ベスページはラフも深くフェアウェイに行かない場合グリーンに乗せることが難しく、寄せも寄り切らず入らない、というボギー、そしてティーショットが良くてもピンに寄らず、ロングパットを残してそれを大きくオーバーし、3パットでボギー、逆にミドルパットは大きくショート、みたいなチグハグなプレーが目立ちました。そんなふうに、かなり最悪なラウンドだったにも関わらず、それでもカットラインに1打差というところが凄いとも言えますが、週末のタイガーが見られないのは、多くのファンにとってとても残念な結果でした。なんとか年間グランドスラムへの可能性を残してほしいところでしたね。

日本の女子、ほけんの窓口レディース初日は、金澤志奈選手がー6で単独首位、金澤選手は1995年7月29日生まれの23歳、女子プロ協会入会は2017年7月29日ということで、21歳の誕生日にプロになりました。今年はQTランキング52位での試合出場で、ここまで8試合に出場し、3試合で予選落ち、最高はヤマハレディースでの14位タイでした。去年は32試合に出場し、賞金ランクは57位でシードをゲットできませんでした。最高位は去年のこの大会での5位タイ、これが唯一のトップ10でした。

というわけで、この大会はとても相性が良いようで、気分良くプレーができるのかもしれませんね。果たして、ツアー初優勝はできるでしょうか。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 10:07 | - | - |
レッスン公開247-37

週のトーナメントは、今期メジャー第二戦、全米プロゴルフ選手権、去年までは8月に開催されていた大会ですが、今年から5月開催になりました。日本からは松山、今平、小平選手ら3名が挑戦します。テレビ中継は、テレビ東京系列で解説は丸山茂樹プロ、レポーターは今田竜二プロです。今田選手ってなんか既になつかしいですね。

この試合、去年は6名が挑戦し、3名が予選通過でした。2017年は4名中3名が予選通過、2015.16年は3名参加で3名通過、ということで、近年は比較的予選通過の可能性が高くなっています。

松山選手は2013年から参加していて、2013年19位タイ、2014年36位タイ、2015年37位タイ、2016年4位タイ、2017年5位タイ、2018年35位タイ、ということで、2016年と2017年あたりをピークに現在は下降傾向から底を抜けて上昇軌道に入っているかもしれない、というイメージです。なので、今年はまたトップ10フィニッシュくらいまで上昇してもらえるといいですが、なにかの拍子に突然優勝、なんていうこともないとは言えないので、そんな奇跡的なことが起こってほしいですね。

この大会の近年の優勝者は、2018年ケプカ、2017年JT、2016年ウォーカー、2015年デイ、2014年マキロイ、2013年ダフナー、2012年マキロイなどで、タイガーは1999年と2000年、2006年と2007年に2回も大会連覇しています。なので、この試合でのタイガーは強さは群を抜いているので、マスターズに続いてこの大会も優勝し、年間グランドスラムへの夢をつないでほしいですね。

初日の組み合わせは、松山選手がザンダー・シャフリとノレンとの組で日本時間午後9時13分インスタート、今平選手はアーロン・ワイズ、ライアン・フォックス組で午後9時35分インスタート、小平選手はクーチャー、キャメロン・スミス組で午前2時49分アウトスタート、タイガーはケプカ、モリナリ組で松山選手の次の9時24分インスタートです。

それでは今日もレッスン公開をお楽しみください…

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:20 | - | - |
レッスン公開247-36

週のGOLFWebTVは、先週ご紹介した武内さんのスイング分析やレッスンを予定しています。

武内さんの悩みは、左に引っ掛けるミスが多いということでした。しかし、トラックマンで測定したところ、あまり引っ掛けている様子はありませんでした。原因として考えられることに、収録時に使ったクラブが大地プロのクラブだったということがあるかもしれません。

大地プロのクラブはミズノのクラブですが、ミズノのプロ仕様のクラブは左に行きにくいからです。また、シャフトの影響も考えられます。プロのシャフトは70g台のシャフトですが、おそらく武内さんが普段使っているのは60g台だろうと思われます。シャフトが重くなり、重量が重くなれば振り遅れる傾向が強くなります。振り遅れるとボールは右に行きやすくなるので、普段は左に飛んでいても、シャフトの影響で左に行かなかった、ということも考えられるのです。

ドライバーの場合、クラブによってボールの飛び方はかなり変化します。シャフトが10g重いと全然別物になってしまうこともあります。その他にもフェースアングルや重心位置、シャフトのキックポイントなど、様々な要素の違いでボールの飛び方はかなり変化します。

そういえば、小平選手も自分に合うドライバーが見つからないそうで、ドライバーに苦しんでいるようでした。松山選手はスリクソンと契約しているのに、ドライバーだけはスリクソンを使っていません。

ドライバーショットというのは、それくらい道具に左右されることがある、ということです。ただ、アマチュアの場合は、それよりもスイングを直すことが重要で、どうして引っ掛けるかというと、やはりスイングの問題として考えた方が良いでしょう。スイングを良くした上でその良いスイングに合う道具を選べばよいと思います。

で、武内さんのスイングの問題点とは、ズバリ、トウダウンにあります。本来、武内さんのスイングはグラビティプレーンよりもアウトから入るスライス軌道なのですが、抜けがインに抜けないので、インサイドインに近い軌道でした。しかし、アップライトすぎる、ということです。その場合、何かの拍子にフェースが回り、ひっかけてしまうミスが出やすいのです。なので、インパクトで手元が浮いてしまうことを修正しない限り、根本的な改善は望めない、といったところでした。しかし、収録時だけのレッスンでそれを直すのは無理なので、今回は応急処置的なことをやったのですが、実はうまく機能しませんでした。やったのは、腰を切る、ということだったのですが、そうすると余計に手に力が入り、逆に引っ掛けてしまう傾向が出てしまったのでした。なので、やはりトウダウンという根本問題を修正する必要がある、ということになりました。

ドライバーのスライスさえなくなれば、とか、チーピンさえなくなれば、と思っている人は多いと思いますが、根本原因はドライバーだけでなく、他のクラブにも影響しているものです、ただ、ドライバーはそれが顕著にでてしまうだけです。ドライバーだけ小手先のことでミスを減らしても、その影響がアイアンに出て、結局今度はアイアンが悪くなる、といことにもなるでしょう。なので、スイングとは、結局根本から直すしかありません。

そのためには、是非、メルマガを読んでこの機会に基本からしっかり作っていきましょう!結局近道で経済的なのは、基礎からなのは、わかってますよね!

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 10:23 | - | - |
レッスン公開247-35

日は非常に良い天気で気温も30度にまで上昇しました。しかし、湿度がとても低く、冬場よりも低いということで、清々しい一日でした。朝方の雰囲気はロサンゼルスのようなさわやかな空気感で、まるでロサンゼルスのようだと感じていました。

そんな清々しい今日この頃、松山選手もスイングの状態は良いようで、今週の全米プロでの活躍に期待がかかりますが、まずは今週の世界ランクを確認してみましょう。

先週の世界ランクポイント対象試合は全部で13試合、バイロンネルソン(40)ブリティッシュマスターズ(26)アジアパシフィック(15)などでした。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、トップ10に変動はありませんでした。今週の日本のトップ10は・・・

というわけで、松山選手は30位に下降していました。しかし、今週が楽しみです。今週の女子は・・・

1 — KOR JIN-YOUNG KO 7.50 404.90 54 ☆
2 — AUS MINJEE LEE 6.72 383.22 57 ☆
3 — KOR SUNG HYUN PARK 6.49 324.62 50 ☆
4 — THA ARIYA JUTANUGARN 5.93 332.11 56 ☆
5 — JPN NASA HATAOKA 5.34 288.54 54 ☆
6 — KOR INBEE PARK 5.13 179.59 34 ☆
7 — USA LEXI THOMPSON 5.04 206.58 41 ☆
8 — CAN BROOKE M. HENDERSON 4.94 281.31 57 ☆
9 — KOR SEI YOUNG KIM 4.89 264.32 54 ☆
10 — USA NELLY KORDA 4.71 226.14 48 ☆

というわけで、アメリカでの試合がなかったので動いていません。日本のトップ10は・・・

5 — JPN NASA HATAOKA 5.34 288.54 54 ☆
27 — JPN AI SUZUKI 2.82 155.32 55 ☆
47 -1 JPN MAMIKO HIGA 1.94 135.89 70 ☆
55 1 JPN MISUZU NARITA 1.69 108.26 64 ☆
61 1 JPN MINAMI KATSU 1.63 95.97 59 ☆
65 — JPN MOMOKO UEDA 1.56 92.23 59 ☆
70 2 JPN SAKURA KOIWAI 1.42 78.08 55 ☆
81 -1 JPN HINA ARAKAKI 1.28 67.81 53 ☆
86 -1 JPN ERIKA KIKUCHI 1.22 77.82 64 ☆
90 — JPN REI MATSUDA 1.18 70.99 60 ☆

というわけで、大きな動きはありませんでした。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス


続きを読む >>
| レッスン公開 | 12:55 | - | - |
レッスン公開247-34

イロンネルソン最終日、松山選手は-4でラウンドし、通算-12は23位まで上昇してのフィニッシュでした。試合は午前7:40現在進行中で、首位はカン・スンがー24(16)、二位はマット・エブリとピアシー(16)が-21、ケプカは-20(17)ということで、カン・スンが勝ちそうです。

日本の男子、アジアパシフィックオープンチャンピオンシップダイヤモンドカップは、もうすぐ26歳の浅地選手がツアー初優勝、浅地選手は最近結婚したそうで、その意識が優勝をもたらしたようです。18歳でツアープロ転向し、下部ツアーでは2012年と15年に優勝していますが、レギュラーツアーは初優勝です。浅地選手は2012年に賞金ランク67位でしたが、その後は下降し、しかし、近年徐々に順位を上げ、去年は56位でシード選手となって、今回のツアー初優勝となりました。18歳で67位になれた才能の持ち主なので、今後の活躍が期待されます。

女子のワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップは、渋野選手が1998年生まれの20歳、今年はQTランク40位でのツアー挑戦でした。去年はステップアップツアーに16試合出場し、賞金ランクは10位でした。今年はヨコハマタイヤゴルフトーナメントで6位、フジサンケイで2位など、安定した実力を発揮しており、今回の優勝も決してまぐれではない印象です。今後の活躍が期待されます。

男女のギャラリー数バトルは、男子が昨日2228人、女子が9159人ということで、勝負にならないほどの差が出てしまいました。ちなみに四日間通算では男子が7627人、女子が25164人ということで、男子の3倍以上の入りでした。ちなみに去年は男子が8400人くらい、女子は34000人くらいだったので、共に減少傾向ではあるようです。なんとかゴルフ人気が復活してほしいところですが、ゴルフ人気と景気はかなり比例するように思うので、景気が悪くなっている、ということではないかと思います。そこへきて消費税を上げるとお先真っ暗、という気がしてしょうがない今日この頃です。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス


続きを読む >>
| レッスン公開 | 08:05 | - | - |
レッスン公開247-33

メリカ男子、バイロンネルソン三日目は、日没サスペンデッドになりました。松山選手は14hまでを-3でラウンドし、通算-8は35位タイにまで上昇しています。しかし、爆発とまでは行けなかったので、今回は優勝争いに絡めないようです。来週の全米プロでの活躍に期待です。首位グループは9hを終了し、首位は-18のマット・エブリ、二位はカンが-17です。

アジアパシフィックオープンチャンピオンシップダイヤモンドカップ三日目、首位は浅地選手が-4、二位はー3のイエレミアとシンです。女子のワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ三日目、首位は渋野選手とペソンウがー11、4打差の3位にはアマチュアの吉田優利選手です。

男女のギャラリー数バトルは、男子が1952人、女子が8280人ということで、女子の圧勝です。今日一日で男子の三日分を遥かに超える客入りですね。男子はつらいですね。

ところで、アジアパシフィックオープンはjgtoのホームページではテレビ中継終了まで結果がわかりませんが、アジアツアーのホームページで速報が出ていました。優勝は浅地選手で-3、二位はアマチュアの米澤蓮選手でした。米澤選手は東北福祉大の学生です。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 15:19 | - | - |
レッスン公開247-32

メリカ男子、バイロンネルソン初日二日目、松山選手はー1でのラウンドは通算-5、首位はカンがー16、二位はマット・エブリとダンアンが-12ということで、明日の爆発がなければ今週は不発に終わりそうな松山選手です。今週は期待していただけに、明日の爆発に期待です。ラウンド後のインタビューでは、「良いパットが入らなかったり、悪いパットが入ったりした」ということで、ややちぐはぐな日だったようです。

日本の男子、アジアパシフィックオープン ゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップ二日目、首位はMLシンが-4、二位は-2に3人、ブレンダン、ブーマ、池村、ヤンらです。

女子のサロンパスワールドレディスは、首位がペソンウの―6、二位はアマチュアの吉田優利選手、渋野、笠選手らが-5です。

男女のギャラリー数バトルは、男子が初日1711人、二日目が1736人、女子は初日3766人、二日目が3966人、ということで、女子は男子の倍以上入っていました。今週は女子の圧勝になりそうです。ちなみに去年のギャラリー数は、男子が初日2076人、二日目は雨で1277人、三日目が2073人、最終日が3052人でした。女子は、初日が3581人、二日目が12597人、三日目が10607人、最終日が7319人という盛況ぶりでした。男子は去年の二日目が雨のために減りましたが、初日は1割以上減っています。人気低迷から復活の兆しも見えない状況です。

そんな低迷期にあって、今年はPGAツアーが開催され、タイガーがやってきます。やはり、タイガーの場合、一般メディアでも情報が出てくる選手だけに、集客力は凄いと思われます。果たして、どれほどの人が集まるのか?開催コースが同じ千葉での大会だけに、その差が気になりますが、まずは来週の全米プロがどうなるのか?タイガーの完全な年間グランドスラムの可能性は年々下がるだろうとは思える時期だし、タイガーもそれは自覚しているでしょうから、今年のメジャーからは目が離せませんね。それでは今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス


続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:27 | - | - |
レッスン公開247-31

週のトーナメントは、AT&Tバイロンネルソン、松山選手が出場します。この大会は、丸山選手が優勝したり、水巻プロが二位になったりしている日本人選手にとって相性が良い試合です。先週の最終日には、松山選手もショットの何かが良くなったようなので、今週はとても楽しみですね。また、ゴルフ専門チャンネルの中継では、是非、せめて水巻プロに解説してほしいな〜と思います。やはり、出場経験のある選手に解説してほしいですよね?或は、個人的には佐藤信人プロの解説が好きで、いろいろと知識も豊富だし、良く調べているし、英語もできるし、ということで好きですね。

日本の男子はアジアパシフィックオープンゴルフトーナメントダイヤモンドカップです。日本とアジアの共同開催なので、多くのアジア選手が出場します。

アジアツアーは、日本に比べて大きく成長しているイメージがあります。昔は、日本で試合に出られないプロやプロを目指す選手が、力試し的に出場しているイメージで、試合の運営も酷かったと言いますが、今では立派に成長して、特にヨーロッパとの連携を強めて成長しているイメージです。

アジアでは、例えばアジアアマチャンピオンはマスターズに出場できますが、日本アマチャンピオンはマスターズに無縁です。そんなふうに、世界の目はアジアに向いていて、日本には向いていないイメージがあります。時代はアジアと言えるので、日本のツアーもいつまでも偉そうに上から目線でアジアツアーを見ることをやめて、積極的に連携、協力して生き残りを図る時期に来ているのではないでしょうか?日本より、アジアで一丸となって、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、或はオセアニアジア、みたいな構図で発展する道を模索した方がいいかも〜と思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:52 | - | - |
| 1/118PAGES | >>