CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

レッスン公開242-20

週のトーナメントは、アメリカ男子が今期の最終戦、ツアーチャンピオンシップ、松山選手は7位でのチャレンジなので、年間チャンピオンは優勝プラスかなりの偶然が必要ですが、不可能ではありません。千載一遇のチャンスなのか?今後何度もあるのか?それはわかりませんが、一期一会の気持ちで戦えるといいですね。

そして、もう一つのアメリカは石川選手のDAPチャンピオンシップ、石川選手の賞金ランクは現在16位なので、おそらくほぼカードをゲットしていると言っていいと思います。連続予選落ちだけしなければ大丈夫でしょう。

アメリカ女子はお休みですが、ホームページには藍選手の引退会見の記事がありました。「私は今とても幸せです、それは引退を決めた時からずっとで、だから、後悔とかそんな混ざった感情はかけらもありません。」と、ゴルフやめれてとってもハッピー、ということを言ってました。よかったですね。

そして、日本の男子はアジアパシフィックオープン、女子はミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン、でもってステップはちゅーぴーレディースの二日目です。宅島選手は昨日3バーディー2ボギーの-1で26位タイ発進です。まあ、結果よりもQTに向けてなにかを貯えてもらえるといいですね。

それでは今日も、レッスン後悔をお楽しみください・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン 

心あるみなさん、いつもクリックありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 16:08 | - | - |
レッスン公開242-19

週のGWTVは、橋本大地プロのドライバーショットのインパクトからフィニッシュまでを解説しています。ここでも一般の方が多く行っている間違いを解説していますので、参考になると思います。

ルール、マナーでは、パッティングでのマークのずらし方を説明しています。誰でも知っているとは思いますが、今更訊けない、みたいなこともあるかもしれないので観て損はないでしょう。中にタイガーの話も出てきますが、あれは確か全米アマでのエピソードで、タイガーがマークを戻し忘れて相手がそれを教えたわけですが、結局相手はそこで1アップなら勝ってたかも、みたいな話だったと思います。

そして、スイング理論では、パワーゾーンについて解説しています。どうしてパワーゾーンは設定されているのか?グラビティプレーンとの関係など、しっかり理解してもらえると有益な情報だと思うので、是非見てくださいね。

今週も女子のステップがあり、今日から始まっています。宅島プロも出場します。宅島プロにとっては、既にQTが大きな目標であり、ステップでの結果はあまり気にしていない状況です。スイングも大きく改造しているので、なんとかQTに間に合う程度に仕上がってほしいところですが、かなりの意識改革が必要な部分なので、簡単にはいかないかもしれません。この改造が上手く行けば、飛距離が伸びてスコアも少し良くなる予定ですが、どうなるでしょうか。やはり、宅島プロの場合、パー4で距離的に2オンできないホールが必ずどんな試合でもいくつかあって、そうなるとそのホールは良くてパー、悪いとボギーという基準になります。届く人なら、良くてバーディー、悪くてパー、最悪ならボギーみたいな感じでしょうか。それくらい飛距離は大きな差を生むし、結局のところ、強い人は飛ぶので、やはり飛ばなきゃいけないわけです。

そして、それは一般のみなさんも同じで、やはり飛べば世界が変わります。しかし、飛ばそうとして力みすぎて、逆に飛距離を落としていることも少なくありません。もっと小さなバックスイングで力を抜いて振れば、意外に飛ぶことだってあるわけです。練習では、ドライバーで100y、150y、180y、200y〜みたいに徐々に飛距離を上げていく練習などが良い練習になるかもしれません。そうすれば、自分にとっても無理なことや限界みたいなものがわかるかもしれないので、一度試してくださいね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみ下さい・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン 

心あるみなさん、いつもクリックありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:54 | - | - |
レッスン公開242-18

日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。今週の世界ランク対象試合は全部で10試合、BMW(72)KLMオープン(24)ANA(16)ボイズオープン(16)その他小さな試合でした。今週の世界ランクトップ10は下表の通りです。

というわけで、デイとファウラーが6位と7位に浮上マキロイ、ステンソン、ガルシアが後退していましたが、松山選手は3位を死守、しかし、二位のスピースとの差が広がっています。今週の日本のトップ10は・・・

というわけで、池田選手が優勝したので49位に世界トップ50入り、小平選手も世界トップ100に復帰していました。そして、今週の女子は・・・

1 So Yeon Ryu
2 Sung Hyun Park +1
3 Lexi Thompson -1
4 Anna Nordqvist +9
5 Ariya Jutanugarn -1
6 Shanshan Feng
7 In Gee Chun -2
8 Lydia Ko
9 I.K. Kim -2
10 Inbee Park -1

二位と三位が入れ替わり、アンナ・ノードクイストが4位に上昇、アリヤ・ジュタニュガンがジリジリ後退、インジやインキャン、インビも後退していました。今週の日本勢は、野村選手が24位に後退、鈴木選手も42位に後退、しかし川岸選手が46+位に上昇し、初のトップ50入りを果たしました。

というわけで、女子の世界ランクは大きく入れ替わる時期に入っているのかもしれないイメージですが、アニカのようにダントツに長期的に強い選手が出てこない状況は変わらないようです。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン 

心あるみなさん、いつもクリックありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:18 | - | - |
レッスン公開242-17

MW最終日、松山選手はスコアを思うように伸ばせず通算−5は47位タイフィニッシュ、フェデックスカップランクは7位になりました。従って、目標だった5位以内に残れず、自力優勝はなくなった、ということになりました。これでもし年間チャンピオンになれるとすれば、かなり多くの偶然が必要になりそうです。ラウンド後の松山選手は、言葉がない、という感じで、しっかり調整したいとはいいましたが、どうにも不満で悔しい表情でした。現実には年間チャンピオンの可能性はかなり低くなり、果たして来年も今年ほどの活躍があるのか?ということも不安が残るので、今年の大チャンスは活かしたかったところでしょう。

一方、そんなレベルは夢物語で、ツアーで戦えるかどうかという戦いをしている石川選手のボイズオープン最終日は、優勝がチェッソン・ハデリーの-16で、石川選手は−9フィニッシュは9位タイでした。この結果、賞金ランクは16位となり、ほぼほぼツアーカードはゲットかな?という結果でした。後残りは二試合、連続予選落ちとか、そういうありえないことでもない限り、普通にやっていれば25位以内では終われそうで、ツアーカードもゲットできそうです。

女子メジャーのエビアンチャンピオンシップ最終日は、ブリタニー・アルトメアとアンナ・ノードクイストとのプレーオフとなり、ブリタニーが優勝しました。優勝争いをしていた上原選手は、後半の13番ロングでボギー、しかし、その時点では二打差だったので、まだまだわからないと思っていたら、続く14番でダボとしてしまい、なんじゃそれ〜〜〜と驚きましたが、ジエンドとなりました。結果は通算-4で10位タイフィニッシュでした。この試合は藍選手の最終戦だということで、一般メディアニュースでも取り上げられていて、頑張っていた上原選手の件はノータッチでした。藍選手は、やっと解放された、という感じだそうで、世界一にもなれたし、自分の想像以上の結果が得られたと満足な様子でした。今後は、様々なテレビ番組にコメンテーターやタレントとして活躍してくれるかもしれないですね。

日本の男子、ANAは池田選手が優勝、賞金王争いが混戦模様になってきました。昨日のギャラリー数は5089人、一昨年は7800、昨年は6400、そして今年は5000と順調に人気が低迷しています。この感じだと来年は3000人台か?といった感じです。

女子のマンシングウェア東海クラシックは、川岸選手が大爆発プレーでツアー初優勝しました。やはりお父さんDNAの飛ばし力は強力で、ドライバーを打ったら残りはウェッジ、みたいな感じが多かったのかもしれません。今後も活躍しそうですね。お父さんは、怪物級の鳴り物入りデビューの割りに、活躍は少ない印象でしたが、パーシモンからメタル、そしてチタンとクラブが変わる時代だったことが影響したのかもしれません。しかし、お父さんのリベンジを娘が果たす、みたいな感じになるかもしれないですね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン 

心あるみなさん、いつもクリックありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 10:02 | - | - |
レッスン公開242-16

MWの松山選手は、出だしイーグルの好発進でした。その後も3連続バーディーなどがあったのですが、結果は70でのラウンドとなり、通算-3は49位タイ、現在の暫定フェデックスカップランクは7位になっています。目標は5位以内で、5位以内など自力優勝が可能なのですが、6位以下だとそれができないのでなんとか5位以内フィニッシュ目指してがんばってほしいですね。

ウェブコムファイナルズのボイズオープン三日目、石川選手は+1のラウンドとなり、通算-8は19位に後退、この順位あたりだと賞金ランクが28位ということなので、とりあえずこれくらいで残りで25位以内というのは問題なさそうですが、できれば今週で決めたいところです。

アメリカ女子、今年最後のメジャー、エビアンでは、上原選手が−8で単独2位、ツアー初優勝、しかもメジャーに向けて心臓バクバクになりそうです。首位はモリヤ・ジュタニュガンの-9、たったの1打差です。藍選手は−1で27位タイ、野村選手は0で35位タイでした。これで藍選手のメジャー挑戦も終了、メジャー無冠で終わることが確実になったと言えそうです。

日本の男子、ANAは、時松、小平選手らが-11で首位です。そして、女子のマンシングウェアは、首位の-7に4人が並ぶ混戦模様で、辻、大山、比嘉、アン・ソンジュ選手らが首位です。でもって女子ステップは台風のため最終日は中止となりました。

今週のギャラリー数バトルは、男子が初日、1865人、二日目が2606人、三日目が4446人、女子は、初日が6679人、二日目が6018人ということで、今週も女子が圧勝でした。そして、驚くべきは女子ステップで、初日が4037人、二日目が5024人、二日合わせて9061人、男子は予選の二日間で4471人という寂しさ、これはもうトーカ堂の社長に「女子ステップは二日間で9061人のところ、男子レギュラーは今回特別に、4471にぃ〜〜〜んということで・・・」アシスタント「社長、いいんですか?そんなに少なくて!!」という状況でした。

しかしまぁ〜なんていうか、男子、とってもかわいそうです。これは武道館のコンサートで言えば、アリーナ席に1/3もお客さんがいないような、そんな寂しい興行で、既に成り立たないような数字だと言えそうです。スポンサーさんありがとう!っていう感じでしょうか。昔は最終日には二万人近い大ギャラリーが訪れ、武道館で言えば満員状態だったのに、いったいこの不人気はいつまで続くのか?今が底なのか?それとも更に悪化するのか?どうなんでしょうと思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン 

心あるみなさん、いつもクリックありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:02 | - | - |
レッスン公開242-15

メリカ男子プレーオフ第三戦、BMW選手権二日目、松山選手は-3でラウンドし通算-2は47位タイ、首位はリーシュマンの-16、二位はファウラー、デイが-13などです。アメリカ男子、ウェブコムファイナルズのボイズオープン二日目は、首位が−12のダンカン、石川選手は通算-9で5位タイです。この際この試合で決めてほしいですね。

アメリカ女子のエビアンでは、パク・サンヒョンが-6で単独首位、二位はモリヤ・ジュタニュガンが−6といった中、藍選手と上原選手が−3で8位タイ、野村選手は−2で16位タイでした。ちなみにあれほど強かったアリヤ・ジュタニュガンは+6と妙なスコアでした、一体どうなっているのでしょうか?

日本の男子、全日空オープン二日目は、今平選手が−9で単独首位、パクサンヒョン、小平、手嶋選手らが-7です。日本の女子のマンシングウェアはジョンミジョンが−7で単独首位、-6には比嘉、岡山選手らでした。そして、女子ステップの宅島選手は、出だしのティーショットはナイスショットでフェアウェイ中央でしたが、そのホールはボギー、その後もボギーがあって連続バーディーもあったのですが、上がりでも崩れてどうにもならない感じでした。やはりスイングを大きく改造中であり、スイングを考えながらのラウンドになったのかもしれません。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン 

心あるみなさん、いつもクリックありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

ーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 12:29 | - | - |
レッスン公開242-14

週のトーナメントは、アメリカ男子がプレーオフも後半戦に入り、第三戦はBMW選手権です。松山選手は最終戦で5位以内で迎えることが最低条件、まあ、そこそこ上位なら5位以内になると思うので、そこそこ上位以上で最終戦を向かえ、最後に優勝してアジア人初の年間チャンピオンになってほしいですね。、松山選手は大会前のインタビューで、あまり多くは望まずしっかり良いプレーができればいいなと思う、とあまりランクにはこだわらずプレーに集中したい意向でした。

そして、もう一つのアメリカ男子は、ウェブコムファイナルズのアルバートソンボイズオープン、石川選手は残り3試合での上位が必要になります。一回でいいので5位以内になればオッケーです。そして、その力は十分にあるので、そうなるに違いないと思われます。アルバートソンというのは、アメリカのスーパーマーケットですが、日本でもイオンあたりトーナメントスポンサーしてくれないんでしょうか?イオンでも昔はゴルフ用品を売ってましたが、近所のイオン数店を見る限り、ゴルフ用品はないので、ゴルフは前面撤退と言う感じなんでしょうか?まあ、あまり儲からない商売には手を出さない、といったところかもしれません。

アメリカ女子は、エビアンですが、日本からは藍、野村、上原選手らが出場します。そして、日本の男子はANAオープン、先週のマッチプレーでは、最終日のギャラリー数が884人という信じられないような数字でした。これは、仮に満員御礼が1万人とすれば、武道館で言えばアリーナ席の前の1/4くらいしか観客がいないような状態、キャパ100人くらいのライブハウスなら、最前列に8人しかお客さんがいないような状態ということで、つまり普通の興行なら成り立たないので翌年から中止になるような人数でした。非常に妙で、何か特別な理由でもあるのか?と思われるほどの少数でしたね。それでいて賞金は国内最高額だったところも、そんなことでは客は来ない、ということがわかる結果でした。また、通常の大会のようにスポンサーの招待券があまりなかったのかもしれません。そう考えると、普段の大会でのスポンサー招待ギャラリー数がどれほどのものなのか?気になりますが、そこは数字に出ません。

日本の女子は、マンシングウェアレディース、ステップは山陽新聞レディースカップです。因みにギャラリーサービスがほとんどないステップでも連日1000人くらいのギャラリーは集まるので、男子のあの数字は本当に不思議ですね。山陽新聞には宅島選手も出場しますが、先日も書いたように大きなスイング改造があったので、いつも見ている人には見ただけで違いがわかるほどの差があるはずですが、果たしてそのスイングをするかはわかりません。普通はまだ無理で当然なので、しかし、QTに向けて実りある戦いにしてもらえるといいな〜と思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン 

心あるみなさん、いつもクリックありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:56 | - | - |
レッスン公開242-13

週のGWTVでは、大地プロのドライバーのダウンスイング分析、上り傾斜のアプローチ、そして「どうして素振り通りのスイングはできないのか?」などが公開されます。

大地プロのスイング分析では、どうして大地プロのスイングがフェードになるのか?グラビティプレーンとの関係やグリップ軌道との関係などを説明していますので、その理由がよくわかると思います。一般にクラブが寝るとか立てるとかいいますが、そういう言葉の意味なども説明しています。

今週は女子のステップがあります。宅島プロも出場しますが、先週の収録で結構大きなスイング改造をし、とりあえずヘッドスピードが上がったりということもあり、しかも、本人の手ごたえとしても、これまでにないものが感じられたりもしてもらえたのですが、現状は、ステップの試合が目的ではなく、QTで結果が必要なので、とりあえずステップの結果はあまり気にしない感じです。だから、今週も先週の改造の結果、ショットが乱れる可能性は高いと思われます。やはり、ある程度安定するのに数ヶ月は必要だろうと思われるからです。だから、QTに間に合うかどうか?みたいなところです。先週のレッスンでは、ある間違ったことをやってしまっていたために引っ掛けるミスが出ることもわかりました。しかし、修正には時間がかかるので、一時的には逆にもっと乱れるかも、というところですが、どうなるのでしょうか。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみ下さい・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン 

心あるみなさん、いつもクリックありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:18 | - | - |
レッスン公開242-12

日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で10試合、ヨーロッパ、アジア共催のオメガヨーロピアンマスターズ(32)ISPSハンダマッチプレー(16)その他、小さな試合でした。先週はアメリカ男子の試合がなかったので、上位に変動はないと思いますが、どうでしょうか?

というわけで、トップ10ではやはり変動がありませんでした。上位のポイント差も大きく跳びぬけた選手がいるわけではなく、差は均等に近く大差なしといった感じです。そして、今週の日本のトップ10は・・・

というわけで、片山選手が優勝してジャンプアップした以外、あまり動きはありませんでした。世界トップ100には3人に逆戻りでした。因みに韓国勢のトップ10はというと・・・

というわけで、松山選手が平均値を上げている以外、他の選手は韓国勢の方が平均的に上、といった状況が続いています。そして、今週の女子は・・・

1 So Yeon Ryu
2 Lexi Thompson +1
3 Sung Hyun Park -1
4 Ariya Jutanugarn
5 In Gee Chun
6 Shanshan Feng
7 I.K. Kim
8 Lydia Ko
9 Inbee Park
10 Brooke M. Henderson

レキシーが優勝してポイント上昇、リディア・コはがんばりましたが、上昇はしませんでした。そして、日本勢はというと、野村選手が23位で変わらず、鈴木選手は39位で1ポイント上昇、トップ50は以上でした。野村選手って世界の結構トップランカーですが、日本のマスコミでは全くと言っていいほど無視されているのが不思議ですね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン 

心あるみなさん、いつもクリックありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 08:47 | - | - |
レッスン公開242-12

メリカ男子チャンピオンズツアーのJAL選手権は、モンゴメリーが逆転優勝しました。日本勢では、倉本選手が−10で7位タイ、崎山選手が51位タイ、無与太選手が53位タイ、中嶋選手が55位タイ、井戸木選手58位、尾崎選手59位タイでした。この試合は優勝賞金が4400万円くらいでチャンピオンズツアーとしてもかなり高額だということです。選手はチャーター便で来日し、帝国ホテルに泊まり、毎日好待遇だったそうですが、日本のプロと比べれば、その実力差が明確になったので、やはり世界の頂点を極めてきた人達ということを考えると、適切な待遇だったのでしょう。ドバイの大会などはもっと凄いらしいので、まあまあだと感じたかもしれません。試合の中継を見ると、ギャラリーはほとんどいないのか?というほど寂しい雰囲気でしたが、観客という意味での人気がなかったらしいのは残念でした。アメリカでのギャラリー人気を考えれば、日本はそういう意味でもまだまだ人生の楽しみ方を知らない人が多いのだろうな〜(自分も含め)と感じられましたね。

日本の女子選手権では、試合が遅れ終わったのは6時すぎくらいになったので中継もなかったですが、イチヒが優勝、二位はイミニョン、三位が東選手でした。東選手はこの試合で突然がんばった雰囲気でしたが、やはり優勝まではいきませんでした。過去の成績をみるとシードになれそうでなれない年が数年続いている選手なので、今回のがんばりはかなり意外な頑張りだったように映ります。しかし、この結果をバネに今後は一気にシード選手として活躍できる選手なのかもしれません。シード前後の選手には、本来実力があるけど実力が出し切れない選手と、実力いっぱいいっぱいでそのレベルという選手がいますが、東選手が前者なら、何かをきっかけに活躍が期待できます。

どんなプロスポーツでも芸能界でも実業界でもそうだろうと思いますが、人にはそれぞれの器があるらしいことは否めません。その器は生まれ持ったものが半分くらいはあるかもしれません。しかし、本人が無意識に決めている部分も多いようにも思います。現状打破にはかなりの思い切りや考え方の逆転などがいるでしょうが、きっと何かをどうにかすれば、誰にでも飛躍のチャンスはあるのだろうと思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン 

心あるみなさん、いつもクリックありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:00 | - | - |
| 1/155PAGES | >>