CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

レッスン公開247-25

週のトーナメントは、アメリカ男子がザ・CJカップ@ナインブリッジズ、日本からは松山選手が出場します。パワーランキングでは、1位がJT、そして2位が松山選手です。よかった〜1位じゃなくって、っていう感じですね。3位はリーシュマン、5位ケプカ、6位ウーストハイゼン、7位ポール・ケイシー、10位デイなどです。

女子はビュイックLPGA上海、日本からは上原、横峯選手が出場します。二人ともシードは問題なく、横峯選手は68位、上原選手は60位です。しかし、来年あたりが正念場か?という順位ですね。

日本の男子は袖ヶ浦でのブリヂストンオープン、女子はマスターズGCレディースです。マスターズGCレディースと言えば、ポーラ・クリーマーが毎年呼ばれていましたが、それも最後は2014年だったようで、一度観に行った時には、多分ポーラのお父さんと思われる人が、ポーラのプレーを見守っていたのが印象的でした。また、マスターズと言えば、イボミが所属しているコースです。なのでイボミがホステスプロです、イボミの今年は非常に悪い結果で、何があったのか?っていう印象ですよね?どうもプロアマでは調子が良かったそうですが、果たして今週から前のように活躍できるのか?

日本のツアーも終盤戦となっており、女子は今週を除けば残り5試合、シード権争いという意味では残り3試合です。そして、男子は今週を除けば残り6試合、シード争いは4試合と言えるかもしれません。なので、どちらもシードが際どい選手にとって、1試合1試合痺れる試合が続きます。女子では渡邊51位、一ノ瀬52位、原江里菜54位、川岸55位、金田56位、佐伯58位、吉田64位など、多くの有名選手がシードと戦っています。シードかシードでないかの差というのは、もしかすると1打の差かもしません。もしあの時のあのパットが入っていたら、賞金が何円増えて、シードになっていた、なんていうことはよくあることでしょう。そう考えると、シードとシードでないことの差って、ほとんど運みたいなもので、多分40位〜60位くらいの選手って、ほとんど運で順位が変動しているかもしれないですね。しかし、上位に来る選手というのは、毎年上位なので、そういう選手は明確な実力差があると言えるのでしょう。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 13:07 | - | - |
レッスン公開247-24

週のGOLFWebTVは、まだ内容が決まっていません。先々週収録したものからなのか、それともバンカーシリーズで未公開のものか、どうしようか考えています。先々週収録したものを公開するには、やらなければならない作業が沢山あって、今週の公開に間に合わないかもしれないので、今週は一回休み、ということもありえる状況です。

前回の収録では、ある研修生のスイング分析やレッスンを行ったので、その内容の公開があると思います。その他には、大地プロによるスイングレッスンなども収録しました。そして、大地プロのご親戚のアマチュアの方のレッスンも収録しました。またベン・ホーガンのモダンゴルフ解説も収録しました。モダンゴルフ解説ではモダンゴルフに隠されたトリックについても解説しているので、楽しみにしてくださいということは、先週書きました。

収録に参加してもらった研修生の方は、伊勢大鷲コースの研修生ではなく、別のコースの研修生ですが、とても礼儀正しく、まるで石川選手のようにキッチリとしてしっかりとしていて、大地プロがとても気に入っていて、すぐにでも伊勢大鷲コースに来てほしいという感じでした。ただ、現在彼がお世話になっているコースの方もとても良い人ばかりだそうで、まだ、お世話になって日が浅いことや、お世話になる経緯などもあって、簡単にはいかないようでした。

スイングに関しては、お父さんに教えてもらったようですが、独学に近いそうで、だから大地プロと出会っていろいろとスイングについて教わって、それまでやっていたことがどれほど間違っていたかを痛感したということでした。

収録では、彼のスイングはとてもアップライトだったので、それをフラットにするレッスンを行いました。モダンゴルフで言えばガラス板を割ってしまうトップだったので、それをもっとフラットにするよにレッスンしたわけです。しかし、なかなか難しいようで、自分ではかなりフラットにしているつもりでも、現実にはあまりフラットでない、という感じでした。

ガラス板をイメージすることは、だれにとっても非常に効果が期待できるので、とてもお勧めです。それでは今日もレッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 10:39 | - | - |
レッスン公開247-23

日は火曜になので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で11試合、CIMB(48)ブリティッシュマスターズ(38)日本オープン(32)その他でした。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、トップ10に変動はありませんでした。今週の日本のトップ10は・・・

松山選手が1歩後退など、上位陣は後退ムード、稲森選手はジャンプアップしていました。今週の女子は・・・

1 — KOR SUNG HYUN PARK 8.18 392.57 48 ☆
2 — THA ARIYA JUTANUGARN 7.87 440.84 56 ☆
3 — KOR SO YEON RYU 7.30 336.03 46 ☆
4 — KOR INBEE PARK 6.83 238.96 35 ☆
5 2 AUS MINJEE LEE 5.75 316.19 55 ☆
6 -1 USA LEXI THOMPSON 5.63 236.46 42 ☆
7 -1 ENG GEORGIA HALL 5.55 205.17 37 ☆
8 — CAN BROOKE M. HENDERSON 5.41 313.78 58 ☆
9 — CHN SHANSHAN FENG 5.20 249.58 48 ☆
10 — KOR I.K. KIM 4.88 170.90 34 ☆

というわけで、イ・ミンジが2ポイント上昇していました。今週の日本は・・・

13 1 JPN NASA HATAOKA 4.75 251.73 53 ☆
28 -2 JPN AI SUZUKI 3.55 198.70 56 ☆
44 1 JPN MAMIKO HIGA 2.28 154.96 68 ☆
51 18 JPN MISUZU NARITA 1.98 126.92 64 ☆
73 -1 JPN SAKURA KOIWAI 1.60 63.88 40 ☆
81 — JPN ERIKA KIKUCHI 1.43 90.13 63 ☆
85 — JPN MOMOKO UEDA 1.40 85.70 61 ☆
93 -1 JPN ERI OKAYAMA 1.24 83.11 67 ☆
98 — JPN HINA ARAKAKI 1.21 53.37 44 ☆
104 -1 JPN AYAKO UEHARA 1.17 71.43 61 ☆

というわけで、畑岡選手は1ポイント上昇、成田選手は18ポイントジャンプアップしていました。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 11:29 | - | - |
レッスン公開247-22

CIMBクラシック最終日、勝ったのはリーシュマンが-26、小平選手は-9で43位タイでした。アメリカ女子のハナバンクは、チョン・インジが-16で優勝、畑岡選手は-10で8位タイ、上原選手は37位タイでした。

日本オープン最終日、勝ったのは稲森選手でスコアは-14、二位はSノリスで-12でした。昨日のギャラリー数は8011人でした。女子の富士通レディースは、成田選手が逆転優勝、二位はアン・ソンジュ、3位タイには三ヶ島、松田鈴英、イミニョンでした。昨日のギャラリー数は4003人でした。

日本オープンのギャラリー数は、4日間で21142人、女子オープンは19938人ということで、一見、男子が面目を保ったかのように見えるかもしれません。しかし、女子は三日間雨でこの人数だったのです。男子は去年よりも増えているとは言えますが、去年は最終日が雨でギャラリーが半減したこともあり、従って、男子は横ばい状態に近いと言えそうです。女子は、去年、初日が雨でしたが四日間で3万人を超えました。なので、まだまだ男子の人気低迷は回復傾向とは言えないようですね。

日本オープンでは、若いアマチュアの活躍に期待が寄せられましたが、結局、ローアマは金谷選手で24位、桂川選手は33位タイに終わりました。桂川選手は二日目に65を出して一気に首位に立ちましたが、三日目78、最終日73ということで、この結果でした。となると、二日目が奇跡の大爆発デーになったに過ぎない、ということになるようです。ゴルフでは、なんでかわからないけどパットがポコポコ入ったり、奇跡的に寄ったり、ミスがミスにならなかったり、そして、そういうことが一日続く不思議な日、というのがあるもので、もしかするとそういう一日だったのかもしれないですね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 15:46 | - | - |
レッスン公開247-21

CIMBクラシック三日目、首位はウッドランド、リーシュマン、シャマらが-19、2打差にはウーストハイゼン、バーゴーンらです。小平選手は通算-7で38位タイです。女子のハナバンクチャンピオンシップ三日目は、首位がチャーリー・ハル、ダニエル・カンで-12、1打差にはアリヤ・ジュタニュガン、-10にはチョン・インジ、イ・ミンジ、リディア・コらです。畑岡選手は-5で10位タイですが、首位発進だっただけに悔しさ100倍、今日は怒りのラウンドになるでしょうから、爆発すれば一気に上位に浮上するかもしれないと思われます。

日本オープン三日目は、稲森選手が-11、竹安選手が-8、鍋谷、藤田選手らが-7などです。昨日のギャラリー数は6081人、最終日はどうなるでしょう。女子の富士通レディースは、首位がイミニョンとアン・ソンジュが-6、1打差にテレサ・ルー、永井花奈、三ヶ島かな、となっています。昨日のギャラリー数は4712人でした。

今週注目だったアマチュアの金谷選手は-3で19位タイ、予選を首位で通過した桂川選手は+7を叩いて通算-1は29位タイにランクダウンしていました。この経験を活かして成長してほしいところですが、逆にトラウマになってしまうこともあると思われます。ただ、昨日はあるホールで+4の大叩きがあったので、あまり気にならないかもしれません。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 12:28 | - | - |
レッスン公開247-20

CIMBクラシック二日目、首位は-14に二人、ウッドランドとリーシュマン、小平選手は-5で38位タイです。女子のハナバンク二日目は、首位がアリヤ・ジュタニュガン、パク・サンヒョン、チャーリー・ハル、ダニエル・カンら4名が-8、畑岡選手は-6は2打差で5位タイ、上原選手は+5で52位です。

日本オープン二日目は、首位がアマチュアの桂川有人選手の-8、二位タイは-7に4名、稲森、日高、藤田、栄らです。初日のギャラリー数は3372人、昨日は3678人でした。女子の日本女子オープンは、初日が雨で2561人、二日目は7548人、三日目は9708人、最終日が5685人だったので、男子人気のなさ浮き彫りになっています。

女子の富士通レディース初日は、首位が辻梨恵選手の-5、二位タイの-4にはイミニョン、アン・ソンジュ、三浦桃香、権藤可恋、濱田茉優選手らです。昨日のギャラリー数は2001人でした。

日本オープンには、アジアアマ優勝で話題になった金谷拓実選手が出場しており、二日目まで+1で46位タイで予選を通過しました。石川選手も同じく+1で予選を通過しています。アダムは0で39位タイ、昨日は+4と崩れていました。

予選を首位で突破した桂川選手は、日大の二年生、今年の日本学生優勝、愛知県アマ優勝、中部アマ優勝、去年の日本オープン二位など、今年とても上達している選手です。目標とする人が大谷翔平ということで、アメリカで活躍したいようです。果たしてアマチュアで日本オープンに勝つという快挙を成し遂げるでしょうか?

因みに、アマの記録としては、第一回大会で赤星六郎さんが優勝しています。それ以降はなく、ベストアマとしては去年の金谷選手、3位の松山選手、同じく3位の片山選手などが上位記録です。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:57 | - | - |
レッスン公開247-19

週のトーナメントは、アメリカ男子がアジアシリーズの初戦、マレーシアで開催されるCIMIBクラシックです。日本からは小平選手が出場します。アメリカ女子はハナバンクチャンピオンシップ、韓国での試合です。日本からは畑岡選手と上原選手が出場します。日本の男子は日本オープン、国内男子メジャーです。女子は富士通レディース、3日間の試合です。

10月に入り、ツアーも終盤を迎えています。日本の女子の試合も今週を含めて残り7試合、シード権争いの試合としては5試合です。現在の女子の賞金レースは、首位がアン・ソンジュで1億2千5百95万1000えん、二位は申ジエで1億2千5百66万2951円、3位は鈴木選手が1億1千5百92万4000円、ということで、今年は飛びぬけた選手がなく、最後まで混戦レースになりそうな様相です。

一方、シード争いの方は、結構有名選手が苦労していて、51位藤田さいき、52位原江里菜、53位川岸史香、54位金田久美子、56位佐伯三貴、63位吉田弓美子、74位飯島茜、85位諸見里しのぶ、86位イボミ・・・といった具合です、中には賞金シードは関係ない選手もいますが、トップレベルの選手でも、何かが少し狂ったか何かで一気にシード権外に落ちてしまう過酷な世界であることがわかります。

大学入学でも、芸能界でも、一流企業でも、どんな世界でもカネやコネでまあまあなところには行けるという現実がある中、この世界だけは実力しか結果につながらないところが良いところであり、厳しい世界だな〜と思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 12:52 | - | - |
レッスン公開247-18

週のGWTVは、バンカーショットの第四弾、距離のあるバンカーショットです。バンカーショットにもいろいろありますが、今回はちょっと遠いガードバンカーの打ち方です。20yくらいのイメージです。これも、バンカーショットの中では難しい部類に入ると思います。二人のプロと一人のトップアマのやり方は必見です。ここまで3種類のバンカーショットを見てきましたが、共通する部分と個人差のある部分があったと思います。つまり、絶対にこうでなければならないという基本ルールはそれほど多くないもので、その基本ルールを理解して、人それぞれに工夫してやってるわけですね。どうすればバンスを活かせるか、逆に殺せるか、どうすれば一定の場所にヘッドを落とせるか、安定するか、そんなことを考えて練習して、なんとかしているわけです。こうすれば誰でも簡単に練習しなくてもうまくいく、そんな方法はないので、結局練習しなきゃだめ、っていうことですね。

さて、前回の収録では、いろいろと世間話をしました。そんな中で、某女子プロは、どうして今調子が悪いのか?どうしてコーチを変えたのか?そもそもあのコーチはどこにいて、そこから生徒を連れて独立して云々、みたいな話もしました。中には、ライザップで働いている知人が話した内情なんていうのもありました。

ま〜〜どうでもいい世間話といえばそうですが、面白い内容といえばそうでもありました。そんな内容はここでは公開できませんが、実は今、有料メルマガを書きませんか?というお話を頂いているので、そこでなら書けるだろうと思っています。また、グラビティプレーン理論 体の動き編の内容も、そこで発表していこうかと考えています。なので、もしメルマガを配信することになりましたら、みなさん是非ご購読をよろしくお願い致しますね。読んで実践すれば、必ず上達できるようなものにしたいと思っています。実際にスクールに通うよりも、全然安いけど効果は絶大、というものを目指したいと思っています。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 11:15 | - | - |
レッスン公開247-17

日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で8試合、アルフレッドダンヒルリンクスチャンピオンシップ(38)セイフウェイオープン(28)その他でした。今週の世界トップ10は・・・

ということで、変動なしでした。今週の日本のトップ10は・・・

というわけで、試合がなかったので松山選手は現状維持、その他はほぼランクダウンでした。今週の女子は・・・

1 — KOR SUNG HYUN PARK 7.93 380.79 48 ☆
2 — THA ARIYA JUTANUGARN 7.67 429.35 56 ☆
3 — KOR SO YEON RYU 7.28 342.17 47 ☆
4 — KOR INBEE PARK 6.95 243.09 35 ☆
5 — USA LEXI THOMPSON 5.59 234.64 42 ☆
6 1 ENG GEORGIA HALL 5.58 206.60 37 ☆
7 -1 AUS MINJEE LEE 5.51 302.83 55 ☆
8 — CAN BROOKE M. HENDERSON 5.39 312.47 58 ☆
9 — CHN SHANSHAN FENG 5.30 254.17 48 ☆
10 — KOR I.K. KIM 4.98 174.14 35 ☆
<

というわけで、ほとんど動いていませんでした。日本のトップ10は・・・

14 — JPN NASA HATAOKA 4.71 244.85 52 ☆
26 — JPN AI SUZUKI 3.64 200.34 55 ☆
45 -1 JPN MAMIKO HIGA 2.30 156.13 68 ☆
69 -3 JPN MISUZU NARITA 1.72 109.82 64 ☆
72 1 JPN SAKURA KOIWAI 1.65 64.19 39 ☆
81 3 JPN ERIKA KIKUCHI 1.45 91.41 63 ☆
85 -2 JPN MOMOKO UEDA 1.43 87.32 61 ☆
92 7 JPN ERI OKAYAMA 1.26 84.21 67 ☆
98 10 JPN HINA ARAKAKI 1.22 53.79 44 ☆
103 -2 JPN AYAKO UEHARA 1.17 70.18 60 ☆

というわけで、新垣選手が10ポイント上昇してトップ100入り、岡山選手も7ポイント上昇していました。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 08:18 | - | - |
レッスン公開247-16

メリカ男子、2018−19開幕戦、セイフウェイオープン最終日、試合はライアン・ムア、スネデカー、ケビン・トゥウェイの三名によるプレーオフとなりました。最初のホールでムアとトゥウェイがバーディー、スネデカー、パーでスネデカーが敗退、2H目は二人ともバーディー、そして迎えた3H目、ここから10番のパー4、ティーショットはムアがFWで左ラフ、トゥウェイがアイアンでフェアウェイに運び、セカンドは手前のピンに対してムアはグリーンに届かず少し手前、ピンまで7〜8mかといったところ、一方のトゥウェイはピン左3mあたりにバーディーチャンスオン、そして、ムアがバーディーパットを先に打ち、オンラインに見えましたが、カップまであと30僂らいで息切れ、そしてパー、一方のトウェイはバーディーパットは左に緩やかに曲がる弧を描き、ど真ん中からココーン。ツアー初優勝を達成しました。これで、ツアーでは珍しい、親子ツアー優勝も達成しました。

今後は父親にどこまで迫れるのか?それとも追い越すのか?父親のボブは全米プロを含めツアー8勝なので、果たして30歳にしてやっと勝った息子に対して「やっと1勝か、まだまだやな、悔しかったらメジャーに勝ってみろ」くらいのことを言うのでしょうか?普通なら父親を超えたいと思うのが息子のはずですが、どんな関係なのか、少し気になるところと思っていたら、優勝インタビューで「自宅でテレビを見ているお父さんはなんて言ってると思いますか?」という問いに「正直きっと泣き叫んでるだろうね。彼は僕をとても誇りに思っているんだ」と言っていたので、かなり良い関係のようです。

ところで、この試合にはフレッド・カプルスが出場していました。スポンサー推薦での出場ですが、結果は予選を通過し、MDFにもかからず41位タイフィニッシュでした。三日目までは15位タイでした。これって日本のシード選手で言えばトップクラスの数名くらいしか出せない結果だと思います。そういうことを、この試合でレギュラーツアーを引退すると宣言している選手が軽くやってのけるのがPGAツアーで活躍した選手のレベルということが、よくわかる結果でしたね。何か根本的で圧倒的な力の差があるということでしょう。

日本の女子のスタンレーレディースは、ささきしょうこ選手がツアー二勝目を飾りました。ささき選手は身長が170センチもあり、体重も65キロと体格に恵まれた選手です。デビューは2015年で2016、17とシード選手として活躍しています。名前がひらがな、というのは、姓名判断の結果なのか、個人的な考えからなのかはわかりませんが、きっと目立ちたいとか、目いけないとかいう意識があるからなのでしょう。今後の活躍に注目の選手ですね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 11:42 | - | - |
| 1/104PAGES | >>