CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

レッスン公開247-予告編

週のGOLFWebTVは、バンカーショットです。バンカーショットにもいろいろな方法があるかもしれません。今回は、橋本大地プロ、辻村暢大プロ、そしてアマチュアゲストの片岡さんに、それぞれのバンカーショット法を説明していただきました。プロ二名とトップアマという豪華なレッスン映像です。

バンカーショットの基本は、砂ごと打つ、ということがあります。ボールだけを打つとすれば、許されるブレの範囲が極端に狭くなり、ちょっと浅いとトップ、ちょっと深いと砂がかんで距離感が大きく変化するので、特殊な場合を除きボールだけをクリーンに打つという方法は選択しません。

なので、通常のバンカーショットでは、砂ごと打ちます。しかし、そこで重要なのは、砂を薄く取る、ということで、多くのミスは砂ごと打とうとして深く突き刺すように振ってしまうことで起こります。

サンドウェッジの特徴は、バンスがあることで、このバンスが砂への深い侵入を防ぐのですが、バンスを活かせないスイング、つまり鋭角に打ち込むようにしてしまうとバンスの効果が得られずミスが起こりやすくなります。なので、バンスを活かす、といことは重要です。

次に起こりやすいミスとしては、ボールを持ち上げようとしてしまうミスです。ガードバンカーには、アリソン式と言われるような深いものも多く、深いバンカーではボールを持ち上げようとして失敗しているケースも少なくないでしょう。

バンカーからボールを上げる高さの調整は、フェースの開き具合で行います。フェースを開けば開くほど、ボールの打ち出し角は大きくなり、飛距離が出なくなります。フェースを開くということは、フェースは右を向くので、その分スタンスを左に向ける必要が出てきます。つまりオープンスタンスです。そして、スイングについては、フェースを返さないこと、でないとバンスが滑ってくれません。後は、足元を固定して軸がぶれないことなどが重要でしょう。

そういった基本事項は誰でも同じだと思いますが、三人の方法には、それぞれ微妙な違いがあるようです。そういったことから何が重要で、何が個性なのか?など学んでいただけると思います。是非、お見逃しなく!それでは今日もレッスン公開、今日は予告編です・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 10:30 | - | - |
レッスン公開246-50

日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で9試合、アメリカでは試合がなく、ヨーロッパのKLMが最も大きな試合でした。しかし、優勝ポイントは24ポイントなので、フィールドは弱い試合でした。日本からは谷原選手が出場し、3位タイフィニッシュでした。なので、谷原選手がランクアップしていると思われます。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、上位ではDJがランクダウンし、ケプカが二位に上昇、しかし、ポイント差はトップ3が団子状態です。今週の日本は・・・

というわけで、松山選手は20位をキープ、谷原選手は上昇していましたが、大きな変動はありませんでした。今週の女子は・・・

1 — KOR SUNG HYUN PARK 8.09 396.27 49 ☆
2 — THA ARIYA JUTANUGARN 7.86 447.94 57 ☆
3 1 KOR INBEE PARK 7.30 255.48 35 ☆
4 -1 KOR SO YEON RYU 7.19 338.09 47 ☆
5 — USA LEXI THOMPSON 5.94 249.54 42 ☆
6 — AUS MINJEE LEE 5.64 315.79 56 ☆
7 — CHN SHANSHAN FENG 5.45 272.48 50 ☆
8 1 CAN BROOKE M. HENDERSON 5.42 325.41 60 ☆
9 -1 ENG GEORGIA HALL 5.41 210.86 39 ☆
10 — KOR I.K. KIM 5.12 184.33 36 ☆

というわけで、ほぼ大きな動きはありませんでした。優勝したアンジェラ・スタンフォードは46位から30位に上昇していました。今週の日本は・・・

17 -2 JPN NASA HATAOKA 4.53 239.87 53 ☆
26 -1 JPN AI SUZUKI 3.71 207.57 56 ☆
44 -3 JPN MAMIKO HIGA 2.35 162.06 69 ☆
66 -10 JPN MISUZU NARITA 1.77 114.96 65 ☆
73 -8 JPN SAKURA KOIWAI 1.65 59.32 36 ☆
79 -4 JPN MOMOKO UEDA 1.48 90.31 61 ☆
87 -4 JPN ERIKA KIKUCHI 1.31 82.83 63 ☆
96 — JPN AYAKO UEHARA 1.22 73.02 60 ☆
100 9 JPN ERI OKAYAMA 1.16 79.18 68 ☆
106 -6 JPN FUMIKA KAWAGISHI 1.12 68.40 61 ☆

というわけで、畑岡選手は16位タイフィニッシュでしたが、それでもランクは2ポイントダウン、なかなかここから上は厳しい世界のようですね。今週はほとんどの選手がランクを落としていました。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 13:43 | - | - |
レッスン公開246-49

メリカ女子のエビアンチャンピオンシップ最終日、勝ったのはアンジェラ・スタンフォード、スコアは-12でした。畑岡選手は−6で16位タイフィニッシュでした。

日本の女子のマンシングウェアレディース最終日、のっけからバーディー発進だった香妻選手選手は、その後もバーディーを量産、8バーディー0ボギーの好プレーで終了し、ハウスリーダーで後続を待つ中、優勝争いをしていた新垣選手は、最終ホールで入れればプレーオフだった5mくらいだったでしょうか、バーディーパットを外してパー、プレーオフ進出ならずとなり、続くイミニョンは最終ホールでパーならプレーオフ、バーディーなら優勝濃厚、といった中、ドライバーで打ったティーショットをミスし、三打目も寄らずアプローチチップも届かずのボギーで敗退、でもって最も強敵と思われたアンソンジュは、ティーショットをしっかりフェアウェイに運び、セカンドショットも2mくらいでしょうか、しっかりとバーディーチャンスにつけ、それを入れたらプレーオフだったバーディーパットを惜しくも外す、ということになり、結果、香妻選手がツアー初優勝を遂げました。

香妻選手はルックスが良いということもあり、これまでファンの励ましも多かったようで、優勝インタビューは涙でファンの皆さんの声援にやっと応えることができたと喜びの弁を語っていました。

香妻選手は2014年に賞金ランク19位で初シードとなり、そのままトップ選手として活躍するのかと思っていたら、15,16,17と、私の人生暗かった〜〜ということで賞金ランクは48位、52位、63位と徐々に落ちてきていました。そして、今年もここまで荒波にもまれるがごとく、5連続予選落ちを含む7試合で予選落ちしており、上位は6位タイと10位タイがあったのみでした。なので、今年もシードは厳しい状況の中、一発逆転大勝利、っていう感じの試合となりました。香妻選手ももう26歳、女子のミラクル年齢は26〜8歳くらいと考えられますが、今回の優勝が物語っているように、最終日のミラクルプレーと対抗選手のミラクル離脱は、まさにミラクルなパワーが働いた試合、香妻選手が勝つ運命だった試合だと感じる結果でしたね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 11:25 | - | - |
レッスン公開246-48

メリカ女子メジャー、エビアンチャンピオンシップ三日目、首位はエイミー・オルソンの-14、二位はキム・セヨンの-12、三位はモー・マーチンの-10といった中、畑岡選手は-7で11位タイ、首位とは7打差なので普通なら逆転優勝はありえないところ、もしかして怒りの爆発とかすれば、ゾーンに入って逆転優勝、なんていうことにもなりかねないと思われます。

日本の女子のマンシングウェアレディース東海クラシック二日目は、首位がささきしょうこ選手とセキ・ユウティンで、スコアは-10、1打差の-9にはアン・ソンジュ、白蛇の化身キム・ハヌル、イミニョン、新垣、鈴木選手らです。

首位タイのセキ・ユウティンという選手は、1998年3月生まれなので20歳ですが、2016年の中国ツアーの賞金女王だそうで、中国では5勝しているそうです。しかし、去年は日本のツアーに参戦し、賞金ランクは78位、去年のQTでも失敗して116位、プロテストも失敗したそうです。なので、今回はスポンサー推薦による出場だろうと思われますが、突然の大活躍です。福井県出身です。

女子ステップの山陽新聞レディースカップ二日目は、ご紹介した佐藤選手はスコアを伸ばせず−9で4位タイに後退、首位は-11の林菜乃子選手です。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 13:17 | - | - |
レッスン公開246-47

メリカ女子のエビアンチャンピオンシップ二日目、首位はアメリカのエイミー・オルソン、韓国のイミヒャンアメリカのモーマーチン、プエルトリコのマリア・トーレスら4名が-8、畑岡選手は−4で16位タイに後退、上原選手と横峯選手は予選落ちでした。

日本の女子、マンシングウェアレディース東海クラシックは、首位が鈴木、香妻選手ら二名が-6、3位は-5の新垣比菜、4位は-4のイミニョンです。今週は女子のステップも開催されており、昨日が初日でした。初日の結果は、首位が佐藤絵美という選手で-9、二位タイの-6には4名です。

今週のスポッ   トライト

今週のスポッ   トライトのコーナーは、ステップの山陽新聞レディースカップ、初日首位に立った佐藤絵美選手です。佐藤選手は1991年9月12日生まれの27歳、27歳になりたてです。プロ協会入会は2014年なので、プロ4年目ということでしょうか。身長は166センチなので体格に恵まれています。

アマチュア時代の成績は、2013年日本女子アマベスト32、2012日本女子学生優勝、2012関東女子学生優勝、2011日本女子アマベスト32、東北女子アマ優勝などです。プロとしては、シード経験はなく、2015年と2016年にレギュラーツアーに出場していますが、多くは予選落ちで予選を通過しても下位フィニッシュがほとんどでした。

今年は去年のQT155位によりステップでこれまで7試合、レギュラーツアーは1試合に出場しています。ステップでの成績は、3試合で予選落ち、ベストフィニッシュは7位タイでした。この7位は、前回のステップの試合の結果なので、最近調子が良いのか、それとも何か開眼したのか?なんだか突然良くなっている雰囲気です。

そんな佐藤選手が今回突然の大爆発単独首位からの優勝となるのか?仮に優勝したとして、今後はレギュラーでも活躍できる選手に成長するのか?少し注目しつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 12:58 | - | - |
レッスン公開246-46

週のトーナメントは、アメリカ男子がお休み、女子はエビアンチャンピオンシップ、日本の男子はレギュラーツアーの試合がなくて、今年からAbemaTVツアーになった元チャレンジツアーの試合があります。そして、女子はマンシングウェアレディースです。

アメリカ男子は今週休んで来週はフェデックスカッププレーオフ最終戦のツアーチャンピオンシップです。ツアーチャンピオンシップでは、それまでのポイントがリセットされ、順位別にポイントが与えられてヨーイドンです。リセットポイントは下に示した通りです。


1 1 Bryson DeChambeau 2,000
2 3 Justin Rose 1,800
3 4 Tony Finau 1,520
4 2 Dustin Johnson 1,296
5 5 Justin Thomas 1,280
6 52 Keegan Bradley 1,120
7 6 Brooks Koepka 960
8 7 Bubba Watson 800
9 15 Billy Horschel 640
10 8 Cameron Smith 480
11 11 Webb Simpson 384
12 10 Jason Day 368
13 14 Francesco Molinari 352
14 9 Phil Mickelson 336
15 13 Patrick Reed 314
16 12 Patrick Cantlay 293
17 24 Rory McIlroy 272
18 41 Xander Schauffele 251
19 20 Tommy Fleetwood 231
20 25 Tiger Woods 219
21 18 Aaron Wise 206
22 23 Kevin Na 194
23 26 Rickie Fowler 182
24 19 Jon Rahm 170
25 16 Kyle Stanley 161
26 17 Paul Casey 151
27 28 Hideki Matsuyama 142
28 30 Gary Woodland 133
29 22 Marc Leishman 124
30 21 Patton Kizzire 115

そして、最終戦での順位別ポイントは下のとおりです。


1 2,000
2 1200
3 760
4 540
5 440
6 400
7 360
8 340
9 320
10 300

従って優勝すれば無条件にフェデックスチャンピオンになれるのは、デシャンブーが2位でも1位でいられる範囲ということになるので、優勝の2000ポイントを足して3200ポイント以上になる順位まで、ということで5位のJTまでは自力優勝可能、ということになります。じゃあ、タイガーがチャンピオンになるにはどうなのかを考えると、仮に優勝して2000ポイントゲットしたとしたら、タイガーのポイントは2219ポイントになるので、1800+xが2220ポイント以上になる可能性がある選手が敵となり、それは現在420ポイント以上の選手なので、10位までの選手が敵、ということになります。つまり、タイガーが優勝した場合、10位以内の選手の誰一人2位になってはいけないし、より上位に選手なら3位とか4位とかにならないこと、という複雑な条件が必要になります。なので、実質的にはかなり可能性が低い、ということになるでしょう。言うまでもなく、20位のタイガーでそうなのだから、27位の松山選手がフェデックスチャンピオンになる可能性は、優勝したとしてもかなり低い、ということになることがわかると思います。

プレーオフが始まった当初は、4試合のうち2試合で優勝した途端にフェデックスカップチャンピオンも決定し、あとは消化試合のようになるようなことがあったので、このように改良されました。そんなふうに失敗と修正を繰り返してツアーは人気を得ているので、どこかの国のツアーも早くそうなってほしいと思いつつ、今日もレッスン公開です・・・


人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 13:25 | - | - |
レッスン公開246-45

週のGOLFWEBTVは、以前ご紹介したアマチュアでハンデ0に近い片岡さんのその後です。片岡さんは、ご兄弟にプロのスポーツ選手がいるくらい運動ができる家系の方です。なので、ゴルフをやってもとても上達されたわけですが、それだけに、正しい動きがわかれば、それをマスターする時間も、普通の人に比べてとても早いようです。

今回の収録では、最初のレッスンから僅か半年ほどでしたが、スイングは非常に変化し、理想に近い動きに大変身していました。最初の収録の後、月に1〜2回、大阪に来てくださいましたが、1回に2時間をレッスンを受講し、短期間でスイングが大きく改良されました。

どんな点が改良されたのかというと、例えば、トップでのクロス、以前の片岡さんは、トップで少しクロスしていました。しかし、今回の収録では全くクロスしないトップに大変身していました。トップでのクロスに悩んでいる人も多いと思いますが、それをたったの半年くらいで完全に修正できたというのは、かなり驚異的なことだと思います。普通はできません。そして、ダウンではややインサイドからまくり気味に入っていたヘッド軌道が、今回の収録時にはオンプレーンダウンスイングに大変身していました。これも、普通はちょっとやそっとじゃ直らないポイントで、これだけに数年の時間をかけ、それでもなお直らない人もいるくらい、とても修正が難しいポイントなのですが、今回はそこも良くなっていて驚きでした。

そんなふうに、重要なポイントがかなり良くなっていて、ほとんど直すところがなかったのですが、一点、あえて直すとすればテイクバックでした。以前の片岡さんは、テイクバックでグリップが浮いていたのですが、収録時には浮かなくなっていました。ただ、ヘッドが少しインサイドに入り過ぎていて、できればもう少しアウトに上がる動きなら完璧、という状態でした。

なぜ、テイクバックではヘッドが手よりもアウトサイドを通ることが大事かというと、アウトを通ることで左腕が内旋しやすいからです。バックスイングで内旋すれば、ダウンで外旋する動きになりやすい、バックスイングで内旋すれば、フェースは正しく開き、ダウンでの外旋で閉じる動きになる、そしてこの動きがクラブを立てる動きにもつながるので、ちょっとしたことですがとても重要なのです。

このための練習法は、アメリカにいた頃、パームスプリングスのジム・マクリーンのスクールでレッスンしていたジョン・オニールから習いました。しかし、当時はそういう奥深い意味があることに気づかなかったので、その意味がわかるほどには練習しなかったように思います。しかし、とても良いことを教えてくれていたわけで、アメリカでは少なくとも20年以上前からそういう練習法があるのに、日本でそれを説明している人はいないかもしれません。

そんなふうに、ここに書いていることは、ある人にとっては宝物のようなことだったり、でも大半の人にとっては何の意味もないものだったりするかもしれませんが、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

 

続きを読む >>
| レッスン公開 | 13:53 | - | - |
レッスン公開246-44

BMWチャンピオンシップ最終日、試合は前半を-1でラウンドしたローズに対し、前半を-4でラウンドしたキーガンが首位に並び、その後12Hでバーディーを獲ったローズが一歩リードするもキーガンは14Hでバーディー、そして上がりの16H17Hは二人とも連続バーディーとし、勝負は18Hでの決着となったところ、先にキーガンがボギーとしてしまい、ここでジエンドかと思ったのも束の間、ローズが4mくらいでしょうか、入れば優勝のパーパットがリップアウト、試合はプレーオフへともつれ込んだのでした。

プレーオフは18H、セカンドショットは二人ともグリーン奥に外し、先にアプローチしたキーガンはOKくらいに寄せた、そしてローズのアプローチは入れれば優勝のところ、1mくらいでしょうか、ショートしてしまう。でもって次のパーパットを外してジエンド、キーガンがパーパットを入れて試合は終了しました。

しかし、この結果、世界ランクには動きがでました。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、単独二位フィニッシュしたローズが世界一になり、DJが陥落していました。

一方日本のトップ10は、松山選手が20位にまで後退してしまっていました。松山選手は最終日に-1でラウンドするも順位は15位フィニッシュ、世界ランクは落ちてしまう、という厳しい状況です。そして、注目のタイガーは最終日に-5でラウンドし、6位タイフィニッシュ、世界ランクも21位に上昇していました。つまり、もうすぐ松山選手を追い抜きそうな状況です。今週の女子は・・・

1 — KOR SUNG HYUN PARK 8.20 401.70 49 ☆
2 — THA ARIYA JUTANUGARN 7.90 450.35 57 ☆
3 — KOR SO YEON RYU 7.07 332.22 47 ☆
4 — KOR INBEE PARK 6.97 244.07 34 ☆
5 — USA LEXI THOMPSON 6.06 254.34 42 ☆
6 — AUS MINJEE LEE 5.57 312.17 56 ☆
7 — CHN SHANSHAN FENG 5.52 275.95 50 ☆
8 1 ENG GEORGIA HALL 5.38 204.53 38 ☆
9 -1 CAN BROOKE M. HENDERSON 5.30 317.75 60 ☆
10 — KOR I.K. KIM 5.08 187.94 37 ☆

というわけで、女子はアメリカの試合がなかったのでほとんど動いていません。今週の日本のトップ10は・・・

15 — JPN NASA HATAOKA 4.50 233.88 52 ☆
25 -1 JPN AI SUZUKI 3.71 207.68 56 ☆
41 1 JPN MAMIKO HIGA 2.38 164.03 69 ☆
56 1 JPN MISUZU NARITA 1.80 116.71 65 ☆
65 7 JPN SAKURA KOIWAI 1.67 58.28 35 ☆
75 — JPN MOMOKO UEDA 1.48 91.94 62 ☆
83 5 JPN ERIKA KIKUCHI 1.31 84.15 64 ☆
96 -4 JPN AYAKO UEHARA 1.23 73.96 60 ☆
100 -4 JPN FUMIKA KAWAGISHI 1.16 69.62 60 ☆
107 -1 JPN HARUKYO NOMURA 1.09 55.36 51 ☆

というわけで、小祝選手が65位に上昇していました。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 08:33 | - | - |
レッスン公開246-43

メリカ男子、BMWチャンピオンシップ最終日は、荒天のため翌日に延期となりました。日本なら早々に短縮が決定されるところですが、アメリカ男子は絶対にそんなことはせず、できるだけ4日間で競技を成立させようとします。やはりその方が競技に重みがでるし、ファンの心を掴むということが良く分かっているのでしょう。日本も早くそういうシリアスな運営体制になるといいですね。

日本の男子、ISPSハンダマッチプレーは、ケロンパじゃなくてクロンパがツアー初優勝、賞金レースも一気に2位に浮上しました。

女子の女子選手権は、申ジエが逃げ切り優勝、二位タイはアン・ソンジュとジョンジェウンということで上位3名が海外勢でした。結果、賞金レースも申ジエが1位になっています。

男女のギャラリー数バトルは、男子が昨日1272人、女子が7999人ということで、女子の圧勝、男子の状況は、「これアカンやつや〜〜ん」っていう状況ですね。

一方、アメリカ男子のウェブコムでは、ファイナルズの第二戦、DAPチャンピオンシップまでが終了し、先週はお休みで今週から残りの二戦がありますが、日本からは片岡選手がチャレンジしていて、しかし、ここまでの二戦は予選落ち、それもかなり下位での予選落ちだったので、ちょっとアメリカは無理かな〜っていう状況です。片岡選手は去年までの3年間、賞金ランクが18位5位14位ということで、トッププロなのですが、アメリカにいくとこういうことになるので、日本のツアープロのほとんど全員に近い選手がウェブコムレベルというのが現実だと考えられます。松山選手は超異例で、アメリカでシードを獲れる選手は他に1〜2人いるかどうか、ということなのでしょう。

しかし、それって野球とかサッカーでも似たようなものだろうと思います。なので、選手の実力が世界レベルに遠いからといって、人気がでないというものではないはずなので、ニッサンでもゴーン氏に巨額な年某を支払って復活したように、ツアーもフィンチェムに巨額な年某を支払ってなんとかしてもえたらいいのにな〜って思いますが、きっとそんなことは絶対にありえないのだろうと思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 12:46 | - | - |
レッスン公開246-42

BMW選手権三日目、首位はローズが-17、二位はマキロイとシャフリーが-16といった中、松山選手は-3でラウンドし通算-13は7位タイ、優勝射程圏内で最終日を迎えます。そして、この日は-4でラウンドし、通算-12にスコアを伸ばしたタイガーも、優勝射程圏内で最終日を迎えます。どちらもとても楽しみになってきました。

日本の男子、ISPSはんだマッチプレーは、今平選手とクロンパが決勝にコマを進めました。ここまでのギャラリー数は、初日431人、二日目412人、三日目365人、昨日686人ということで、コースは埼玉のコースなので、もっと大勢のギャラリーが詰めかけてもおかしくはないところ、一般ギャラリーはほぼいないに等しいい大会になっています。大きな会社の社内コンペか?っていうレベルかもしれません。とってもサビチイ試合ですが、今日のギャラリーはどうなるでしょう。因みに去年は千葉で開催され、最終日は884人でした。今後はギャラリー数を増やすことが課題の大会です。

女子の日本女子プロゴルフ選手権は、三日目を終えて申ジエが-12で単独首位をキープ、二位は-9のジョンジェウン、三位は-6の有村、岩橋、小祝、大山、テレサら5名です。リードしているのが申ジエだけに崩れる可能性は低く、申ジエが先週に続いて二週連続優勝し、賞金レースも一気に首位に躍り出るかもしれません。昨日のギャラリー数は、4704人、初日は4025人、二日目3210人だったので、男子と比べることもできないほどの差が出ている、というか、男子がありえないほど少ない、ということでしょう。男子は何か大きくて基本的なことが間違ってんのか?くらいの意識を持って然るべき時期になっているかもしれないですね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:33 | - | - |
| 1/101PAGES | >>