CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開222-1 | main | レッスン公開222-3 >>
レッスン公開222-2

ンロップフェニックス三日目は、松山選手もスピースも快調にスコアを伸ばしていましたが、スピースがまさかのダボで後退し、首位は松山選手が-14、二位がー12のスピースという、出場選手中の世界ランクトップランカーが上に並ぶという、願ってもない最終日となりました。因みに、稲森選手は予想以上に頑張っていて7位タイフィニッシュでした。

最終日は、午前10時に最終組が1Hを終了しましたが、その時点でブレンダンが−12で2位タイに浮上、首位は-14の松山選手、ストラウドが5連続バーディー発進で-10に急上昇、という流れになっています。今回の石川選手は、どうも調子が出ないのか、36位タイで三日目を終えましたが、この順位だともしかすると世界ランク100位以下に落ちてしまうかもしれない状況です。

一方の女子は、鈴木愛選手が-16で単独首位、二位は-14の横峯選手です。横峯選手はアメリカ女子のQTに挑戦するそうです。同世代の選手がアメリカ撤退を考えなければならないような時期ですが、果たして、この挑戦はどうなるのか?とりあえず、今回優勝して挑戦したいところでしょう。

この試合は、女子の賞金女王とシード権争いが見どころでしたが、賞金女王の方はアンソンジュに決定と言っていい状況です。そして、シード権の方は、51位だった不動選手が予選落ちで、52位だった山城選手も予選落ち、でもって53位だったイジウが予選を通過して現在22位なので、一気に50位以内にランクインして不動選手が52位になってしまうので、結局、51位までの選手がシード権をゲットすることになりそうです。

ところで、今日のPGAツアーのニュースによると、タイガーが新しいコーチを雇ったということです。名前はChris Comoという人で、詳しいことはわかりませんが、新しいコーチとの初陣はワールドチャレンジだということです。どういうスイング理論なのかはわかりませんが、ノーマルな理論で教えているコーチであってほしいところですね。

それでは今日もレッスン公開をお楽しみ下さい・・・

人気blogランキングお手数ですが、内容の良し悪しによらず、何卒、ご協力をお願いします。

KGさんのセットアップは、右利きに映像反転して見てみると、かなり目標側に傾いていたことがわかりました。そのセットアップから、どんなスイングになっていくのでしょうか?

上の映像はテイクバックですが、テイクバックでは、まず手首を回すように使っていることが、正面から見た手首の向きからわかります。また、その結果、ヘッドはプレーンのかなりアウト側に上がっていることがわかります。それ以外には、正面からの画像で、左腰が左(右利きだとしたら右腰です。)に突き出ています。

結果、背骨はかなり目標側に傾いてしまっています。この背骨の傾きは、セットアップでの骨盤の設定ミスが原因で、セットアップで骨盤を少し傾けておく(右利きなら右側が低くなるように)ことで、比較的防止しやすくなります。そういう意味もあって、骨盤からの右傾斜(右利きの場合)ということがセットアップのポイントになるのです。

右利きの場合で説明しますが、ゴルフでは、右手が左手の下側に来るので、右肩が下がり、体が右に傾きがちになります。人は、その傾きを垂直に修正しようとして、無意識に背骨を左に傾けます。それは、結果として右腰が右に突き出る形になるので、そのまま肩を回すと右腰は右に突き出るような動きになりやすく、それが自然にも感じると思われます。

しかし、現実には、その逆のことをやらなければならないので、非常に不自然に感じるし、気持ちも悪い、違和感が強い、ということになって、なかなか正しい構えができないものです。

右腰が右に突き出たセットアップだと、肩の回転が非常に難しくなり、肩を回そうとすると腰が右に突き出たり、左肩が落ちたり、という問題が発生し、なかなか肩でのテイクバックが正しくできません。

結果、今回のような手首を使ったテイクバックになりやすいのではないかと思われます。だから、テクバックを正しく行うには、まずセットアップの修正が重要ポイントになると思います。

ところで、今回ご紹介しているKGさんは、海外在住の方なので、海外で数回レッスンを受けたそうです。そのレッスンでは、ワンピースにテイクバックすることを習ったそうです。確かに、KGさんのテイクバックを見ると、手首の動きを抑えてワンピースにテイクバックした方がいいだろうと感じると思います。そして、それはその通りだと思うのですが、まずはセットアップの修正が重要だと思うし、それなくしてワンピースにテイクバックすると、腰は更に流れて、うまく行けばモンゴメリーみたいなスイングが出来るようになるかもしれませんが、普通は収集がつかなくなるほどショットが乱れてしまうのではないかと予想します。

そんなわけで、皆さんも、動きを修正する前にまずはセットアップを正しい形に整えるようにしてみましょう。

人気blogランキングお手数ですが、内容の良し悪しによらず、何卒、ご協力をお願いします。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 10:47 | comments(0) | - |
コメント
コメントする