CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開222-3 | main | レッスン公開222-5 >>
レッスン公開222-4

日は火曜なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で5試合、DPワールドツアーチャンピオン(56)ダンロップフェニックス(26)ベットイージーマスターズ(21)リジーツワールドマニラマスターズ(14)などでした。

ヨーロッパのDPワールドツアーチャンピオンシップで勝ったステンソンは、4位から2位に上昇したので、二位だったアダム・スコットが3位に、3位だったババは4位に後退、一位はマキロイです。また、ガルシアも6位から5位に上昇し、フューリックが6位に後退、そこから15位までに変動はなく、先週16位だったダスティン・ジョンソンが18位に後退、代わりに16位に上昇したのは松山選手でした。

というわけで、今週は世界ランク上位にも少し変動がありましたが、松山選手以外の日本勢はというと、小田選手が56位から54位に上昇、岩田選手は78位から63位に上昇、谷原選手は83位から85位に後退、ということで、以上4名がベスト100、そして、先週97位だった近藤選手は101位に後退し、先週98位だった石川選手は103位に後退、遂にベスト100からはみ出してしまいました。今週は石川選手がホストの試合なので、ここいらで結果を出しておきたいところです。

一方の女子は、上位にはあまり変動がなく、一位、インビ、二位、ルイス、三位、コ、四位、ペターソン、五位、シャンシャン、六位、ウィ、七位、ユ、八位、ウェブ、そして九位は先週十位だったキム・ヒョンジュで十位はレキシーでした。

日本勢のランキングはというと、横峯選手が6ポイントアップして44位、大山選手は3ポイントダウンでして46位となっていて、この二人がベスト50です。そしてその次は成田選手の61位、森田選手の64位と続くので、50位台は誰もいない状況です。因みに藍選手は97位にまで後退していました。パターが入らなくなっているということですが、果たして来季はパターの復活でランキングも復活できるでしょうか?普通は、パターで強かった選手の復活は、非常に稀だと思います。

というわけで、今週の世界ランクも松山選手の上昇だけが明るい話題といったところです。男子では、若手の稲森選手の活躍が期待されはしますが、体格的に残念ながら世界レベルは厳しいだろうと思われます。だから、日本のゴルフ界をけん引するのは、しばらく松山選手だけなのかな〜、できれば、メジャーに勝つか世界ランク5位以内くらいに入ってくれると、一般メディアでも多く取り上げてくれるかな〜と思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングお手数ですが、内容の良し悪しや好き嫌いにかかわらず、何卒、ご協力をお願いします。

KGさんのバックスイングは、左利きのままで見るとそれほどでもないように見えましたが、右利きに反転してみると、かなり目標方向に傾いてしまっていることがわかりました。いわゆるリバースピボットという状態でした。

上の写真では、左腰が更に突き出て頭も目標側に傾き、背骨の傾きが強くなっているのが分かります。また、後方からの画像では、フェースの開きが大きいので、右手首が甲側に折れていると考えられます。

上の画像では、背骨の傾きがわかりやすいと思います。これほど傾いていると、一見してバランスが悪いと感じられると思いますが、黄色い線の右側と左側との重量配分としては、おそらくバランスが取れているのだろうと思われ、だから、本人的にはこれでバランスが良い状態で、不安を感じない形なのだろうと思われます。

このように、(右利きの場合)右腰が右に突き出てしまうと、その突き出た腰とのバランスを取るために、頭や背骨が左に傾いてしまい、そのことに気づかずにスイングしているものです。

バックスイングで右腰が出ないようにするための練習としては、背もたれのある椅子の背もたれの背の部分が右腰や右太ももにくっつく状態でクラブを持たずにセットアップし、そのままいつものようにバックスイングしても、背もたれにぶつからないかをチェックしてみるといいでしょう。ぶつかるという人は、ぶつからないように、右腰が少し回転するような動きを練習しましょう。

人気blogランキングお手数ですが、内容の良し悪しや好き嫌いにかかわらず、何卒、ご協力をお願いします。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 12:01 | comments(0) | - |
コメント
コメントする