CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< 冬休み特別企画 タイガーのスイング改造史5 | main | 冬休み特別企画 タイガーのスイング改造史7 >>
冬休み特別企画 タイガーのスイング改造史6

イガーのインパクトからインパクト直後にかけては、非の打ち所がないとても素晴らしいフォームでした。11〜2歳の頃のタイガーのスイングをみても、それほど大きく違っているわけではなく、こういったフォームは10歳くらいの頃から基本的にはできていたのではないかと思われます。背が低かった頃は、インパクトで少し飛び跳ねるようなジュニア選手によくある動きが見られましたが、その後、足の動きを抑える練習をして、かなり良い感じに躾けられているようです。

ところで、タイガーは全米アマにも三連覇しましたが、全米アマ初優勝の時の決勝は、キーニーとの歴史に残る大逆転劇でした。つづく2連覇目の戦いは、準決勝で全米では無名のプラマーという人との戦いでしたが、そこまでの戦いは楽勝が多かったのに、この試合は意外に苦戦し、最終ホールまで勝負がつきませんでした。それほどにタイガーを苦しめたことで有名で、おそらく今でも地元ではそのことで有名であるであろう酒屋の主人、43歳のプラマーはこの人です。

如何にも酒屋のおやじ、っていう感じですが、これでも州アマに8回も勝っているそうで、アメリカで州アマをとるというと、もうプロ級であることは間違いない腕前です。アメリカには、こんなふうにアマでフラフみたいだけどとっても上手い人が、酒屋のおやじだったりするわけです。ちなみに、酒屋の前は保安官助手だったそうです。

そして、準決勝になんとか勝ったタイガーは、決勝で全米アマ16回出場を誇る永遠のアマチュア、ジョージ”バディ”マルーチと戦います。その試合も大熱戦で、最終の18Hで11番までスクラッチ、12番でタイガーが獲って1アップ、そして15番でもタイガーが獲って2アップとしましたが、17番ではマルーチが残り200yを4番ウッドのスーパーショットでピンに寄せ、一つ取り返しましたが、そこまででした。その17番でのスーパーショットのトップが下の写真です。

上の画像から、マルーチはとてもコンパクトなトップだったことがわかります。これくらいコンパクトなトップで、43歳で、おそらく筋力的にも普通の人と同じくらいで体格も普通の人が、当時のバフィーで200yを正確に打っていたことから、コンパクトなトップが如何に重要か、ということがご理解いただけるかもしれません。コンパクトなトップは、筋力を有効に活用でき、しかも、ヘッドコントロールが良く意志がボールに伝わりやすいと思います。

それでは今日も、タイガーのスイングを見てみましょう・・・

人気blogランキングお手数ですが、内容の良し悪しや好き嫌いにかかわらず、何卒、ご協力をお願いします。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

タイガーのインパクト直後は、とてもバランスが良かったのですが、その後はどうでしょうか?

というわけで、上の画像がフォロー後半ですが、両腕が交差してしっかりとローテーションされ、左ひじが引けるような動きも見られません。バランスもとてもよく、全体にほとんど問題のないフォローだと思います。左ひざは真っ直ぐに伸びていますが、後のタイガーほど突っ張った感じはありません。従って、ほとんど問題のないフォローですが、あえて、問題発生の可能性があると思われる部分を指摘するとしたら・・・

上の図でわかるように、左足が垂直くらいなので、これが少し目標側にずれた場合、背骨が右に傾き、右肩が落ちてミスになるのではないか?できればもう少し内側で腰が回転できれば、ミスの可能性を減らせるのではないか?と感じます。

ただ、タイガーはこの後ブッチに習い始め、いろいろやっているうちにフォローで左ひじが引ける動きが出てきています。私は、その癖はタイガーの子供の頃からの癖なのだろうと思っていましたが、今回、ジュニアの頃のタイガーの映像などもよく見た結果、ジュニア時代の癖ではないらしく、ブッチのレッスンで発生した問題だったらしいことがわかりました。タイガーはその後、その動きの修正にも苦労しましたが、それでもあれ程の結果を出したのですから、結局、何をやっても結果を出す、というか、全く異次元の人なんですね。感じ的には、デビュー当時のタイガーは、女子プロのトーナメントに参加しているような感じだったかもしれません。

人気blogランキングお手数ですが、内容の良し悪しや好き嫌いにかかわらず、何卒、ご協力をお願いします。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 11:32 | comments(0) | - |
コメント
コメントする