CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開239-33 | main | レッスン公開240-1 >>
レッスン公開240-予告編

週も女子のステップアップツアーが開催されます。金曜日からツインフィールズレディースという試合が石川県で開催されます。宅島選手も出場します。今週公開するGOLFWebTVでは、レッスンの結果、宅島選手のヘッドスピードがグ〜〜ンと上がったことが紹介されます。

レッスン前の宅島選手のヘッドスピードは、ドライバーで37m/sくらいだったのですが、これでは飛距離が出ないので、私的にはあと3m/s上昇させて40m/sくらいが出るようになれば良いと考えています。ヘッドスピードが3m/s上がるとどうなるかというと、飛距離が約20y飛ぶようになります。現在が210〜215yくらいのところ、230〜235くらいになることになります。すると、14Hでドライバーを使うとすれば、全部20×14で280yコースの全長が短くなる。ということになります。6500yが6220yになるということです。そうなるとどうなるかというと、スコアでは少なくとも1ラウンドで2打くらいは減ることになります。それが三日間なら6打も減ることになって、今まで予選落ちしていたところ、中上位くらいで終われることになると考えられます。

たかがヘッドスピード3m/sで下世話な話ですが年間の金額でいえばウン千万円くらいの差になりえる。ということなのです。それほどに3m/s上げることはツアープロにとって重要なわけです。もちろん、現在飛ぶ選手がそれ以上に飛んでも、それほどの差にはならないかもしれませんが、宅島プロの場合は現状の飛距離と20y飛ぶようになったのとでは、雲泥の差が出る、ということになるのです。

宅島選手はアプローチパターが上手ですから、これに飛距離が加わればツアーで活躍できることは間違いないと思います。しかし、3を上げるというのは、普通は簡単ではありません。プロの場合、既に限界に近いスピードで振っているものなので、バカ力で瞬間的になら可能でも、平均値を上げるというのは簡単ではないのです。果たしてそれは可能なのか?もちろんすぐには無理ですが、それができそうなのか?何が必要なのか?など、今週公開のGOLFWebTVでわかると思うので、是非、ご覧くださいね。

それでは今日もレッスン公開、今日は予告編です・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン

いつもご協力頂きまして、ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

今回ご紹介するのはKQさん。ゴルフ歴は20年以上で一時はシングルでしたが、レッスン時は10くらいでした。レッスン当初は15だったのですが、それが7.8まで上達し、しかし、仕事でゴルフがあまりできず10くらいになっているということでした。ご遠方からなのでレッスンは多い年で年に数回、ご紹介するのは1年ぶりくらいのレッスンでした。

というわけで、セットアップでも問題が発生しているようですね。どんなスイングでどうなったのか?お楽しみに!

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン

いつもご協力頂きまして、ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 19:42 | - | - |