CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開241-34 | main | レッスン公開241-36 >>
レッスン公開241-35

米プロゴルフ選手権三日目、昨日は爆発して一気に優勝戦線に繰り出した松山選手でしたが、やはり連続爆発はない法則があるので、今日は耐える一日となり、+2のラウンドは通算+6フィニッシュ。首位はキスナーですが、キスナーは一時-10にまでスコアを伸ばし、松山選手とは4打差にまで差をつけましたが、上がりで池ポチャのダボやボギーが来て結局-7は1打差で単独首位、また1時は-8で首位タイだったクリス・ストラウドも上がりで連続ボギーが来て、結局-6は松山選手と同じく2位タイフィニッシュでした。

その他の選手では、小平選手が爆発プレーでこの日-4は通算+1で18位タイに上昇、谷原選手は通算+7は64位タイ、海外勢では、JTとウーストハイゼンが-5というのが松山選手に対抗できそうな選手で、ファウラー-1、デイ0、スピース、ラーム+3、ダスティン、マキロイ+4など、世界のトップは軒並み脱落しています。

そんなわけで、明日の松山選手はほぼほぼ自分との戦いに終始するのではないかと思われます。心配なのは、ちょっと天気が良さそうなので、グリーンが早くなり、そうなると得意の粘りがきかず・・・ということになることもありえる、ということだけです。しかし、だからといって、そんな時に強い選手は遠い彼方に行ってくれているので、メジャー制覇経験のない選手らによる辛抱比べ、ということになりそうです。果たしてどうなるのか?日本国民悲願の男子メジャーVのニュースが月曜の朝のワイドショーを席捲することになるのか?とっても楽しみに思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン 心あるみなさん、いつもクリックありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

NQさんのダウン初期は、右での押し感が軽減していました。

上の図は、ダウンでの9時の位置を正面から見たところですが、シャフトの角度が変化して、タメが多くなっているようです。

そして、後方からの違いとしては、レッスン後はシャフトがオンプレーンに近いですが、レッスン前はプレーンのアウト側に浮いていました。

正しいオンプレーンは、グリップがちょっとプレーンの上側に外れていなければいけないので、レッスン後のものは完璧ではないのですが、かなり改善していることは間違いありません。ただ、良く見ると、レッスン前とレッスン後ではプレーンの位置が違うので、その変化がこの変化になっていると考える人がいるかもしれません。確かに、プレーンの位置を揃えたとしたら、レッスン前のものと少しの違いしかないと感じられるかもしれません。だからこそ、正しいプレーン位置を設定すること、つまり、正しいセットアップは重要ということになりますが、正面からの図では、それだけでは説明がつかない重要な変化が見られます。その重要な変化とは何なのか?明日まで考えてみてくださいね。

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン 心あるみなさん、いつもクリックありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 16:20 | - | - |