CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開242-30 | main | レッスン公開242-32 >>
レッスン公開242-31

ェブコムツアーチャンピオンシップ最終日、石川選手は5バーディー0ボギー、0ダボの-5でラウンドし、通算-9は40位タイにまで順位を上げたものの、賞金ランクは31位フィニッシュとなり、ツアーカードゲットはなりませんでした。石川選手は、ウェブコムで戦いつつPGA復帰を狙うか、日本ツアーに集中して出場し、日本ツアーからのメジャー参戦からのツアー復帰かを選択することになりそうです。そうでなければウェブコムで戦って、またファイナルズに出場するか、日本で戦ってダメだったらウェブコムのQTからの参戦か?とかなっていくことになるのでしょう。ま〜やはり日本を主軸に考えるのが無理のない作戦かと思われます。

今日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で10試合、ヨーロッパのブリティッシュマスターズ(38)ウェブコムツアーチャンピオンシップ(20)東海クラシック(16)その他でした。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、デイが下がった分ファウラートステンソンが上昇していました。今週の日本は・・・

というわけで、小平選手が優勝したことで上昇しましたが、その他はほぼ同じでした。今週の女子は・・・

1 So Yeon Ryu
2 Sung Hyun Park
3 Lexi Thompson
4 Anna Nordqvist
5 In Gee Chun +1
6 Shanshan Feng +1
7 Ariya Jutanugarn -2
8 I.K. Kim +1
9 Lydia Ko -1
10 Brooke M. Henderson +2

というわけで、5位以下がちょこちょこ動いていました。ブルック・ヘンダーソンが優勝でトップ10入りしました。日本の女子は、野村選手が25位で変わらず、鈴木選手は40位に2ポイント上昇、畑岡選手は36ポイント急上昇して67位でした。畑岡選手は果たして藍選手のようなカリスマ選手になれるのか?また、日本ではダントツですが、世界でどうなのか、といったあたりが問われそうな選手ですね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・


人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン 本日も火曜で忙しい中ご覧下さいましてありがとうございます。 お手数ですが、クリックのご協力をお願い致します!毎度恐れ入ります。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

KUさんのテイクバックは、軸のブレが減ってオンプレーンになっていました。

上の図でも、以前は体が起き上がって胸が上がってしまっていましたが、レッスン後は起き上がらず胸も下を向いているのがわかると思います。

そして、後方からの図でも起き上がりがなくなった分、腕の持ち上がりも減っているのがわかるでしょう。ヘッドがインサイドに入っているのは、バックスイングでフェースを開こうとしたからだろうと思われます。バックスイングではフェースを開き、ダウンでは閉じるということもやったので、初期的にはどうしてもヘッドがインサイドに回りこむ、ということが起こりやすいのです。

フェースというのは、肩の回転でバックスイングすれば、自ずと少し開く格好になります。そして、その自然な開きよりも更に開く必要はあるのですが、それは非常に僅かで微妙な動きなので、なかなか正しい具合を掴むのは難しい部分です。大体の感じで言えば、セットアップでのリーディングエッジが垂直だとすれば、45〜60度くらい開くようなイメージです。しかし、手首を甲側に曲げないようにした方がいいと思うので、そのあたりを注意しながらトップまでの大きな動きの中で非常に徐々に開いていくようにしましょう。

人気blogランキングクリッククリックニャンニャンニャン お手数ですが、クリックのご協力をお願い致します!毎度恐れ入ります。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 11:11 | - | - |