CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開243-40 | main | タイガーのスイングヒストリー1 >>
レッスン公開243-41

日某動画投稿サイトで、ダイエットで有名なラ○ザ○プで習ったことを紹介している人の動画を見ました。それは食事編でしたが、その人は2ヶ月で100キロくらいから70キロくらいまでの減量に成功したようでしたが、どんな食事だったかが紹介されていました。

それは本当に過酷なもので、糖質を徹底的に制限し、食べられるものが非常に限定されたものでした。お酒は絶対ダメで、水をかなり飲まなければならず、ま〜それだけやれば痩せるのは間違いない内容でした。それプラストレーニングで筋肉をつけることで、太りにくい体にする、ということでしょうが、現実には、その人はかなりリパウンドしていて、動画投稿時には半分くらい戻っている雰囲気でした。

そのジムのやり方は、1ヶ月で60万だったか2ヶ月で60万だったか、それくらいの料金を支払い、ダイエットのためにそんなに支払えるのか?と思う人が多いかもしれませんが、それが月1万円+利息くらいの60回払いくらいを提示されるので、月1万なら払えるか、という感じで所得が多くない人でも顧客にしてしまうわけです。そして、現実に2ヶ月でかなり痩せるのは間違いないですが、ローンを払い終える5年後にはリバウンドして更に太ってしまっている、ということが多いようです。それはそうで、そもそも太っているわけですから、食欲を抑えることが難しいタイプの人なわけで、そこに無理な食事制限をするからリバウンドしないわけはありません。たったの二ヶ月で付く筋肉など、1ヶ月で消えてしまいます。だから、体質など変わらないのです。そもそも長期間努力したい人ではないから、筋トレをつづけるはずもありません。安易に痩せたいと思った結果が大金を支払って元より太る、しかも痩せにくい体になるという末路なわけです。そういう声は多いようですが、探さなければ出てこないのは、ライザップに通っていることを知られたくない人が多いこともあるでしょう。

され、この会社ではゴルフや英会話まで短期間で上達することをうたって事業を拡大しています。一旦拡大し始めると拡大を続けなければならないので、そういうことになるのでしょう。顧客のターゲットが100を切れない人が100を切るとか90を切れない人が90を切る、ということなので、それくらいなら2ヶ月で可能だろうと思います。しかし、正しい技術が身につくわけではないので、5年払いで授業料を支払った時、例えば、良いスクールで5年間、毎月1万円程度の受講量を支払って習い続けた場合と、どちらが上達しているか?正しい技術が身についているか?想像してみればどちらが自分に適しているかを判断できるでしょう・・・とくだらない話で行を埋めつつ、今日もレッスン公開です・・・

本日もまたまたご覧下さいましてありがとうございます。今週もまた大変お手数をかけることになりますが、クリックのご協力をお願いしております。何卒よろしくお願い致します。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 


毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

ダウンの過程にかなりの改善が見られたKFさんでしたが、果たしてインパクトはどうなったでしょうか?

というわけで、上の図がインパクトを正面から見た図ですが、どちらもほぼ同じに見えます。ダウンではかなりの改善が見られたのですが、インパクトのタイミングまでは変化していないようです。正しくは、もっとグリップが目標に近い位置でインパクト、つまりボウドインパクト(bowed impact)できていればいいのですが、残念ながらそこまでは出来ていません。

そして、後方から見た形ですが、以前に比べグリップとプレーンとの間に隙間が見られ、つまりグリップが低くなっているので、その点は以前よりも改善していると言えそうです。

インパクトでは、クラブヘッドよりもグリップがボールに近いボウドインパクトが正しいインパクトです。そうではなく、インパクトで手を止めてヘッドが手を追い越すように使う人がほとんどです。そして、そのタイミングでボールを打つことを覚えてしまうと、それは体が覚えたタイミングなので、なかなか正しいタイミングに合わせることが困難なものです。普通、それだけでも数年かかっても不思議じゃないほどです。しかし、それができることでショットの精度は高まり、飛距離も増え、スコアにも直結すると言えるので、できればマスターしたい技術です。

しかし、それはやはり技術なので、技術職の人ならわかると思いますが、1ヶ月や2ヶ月でできるようになるものではないのです。絶対に出来ません。余程才能のある人で、ゴルフの経験が浅い場合は可能かもしれませんが、そうでもない限り、かなりの努力と時間が必要な技術と言えるでしょう。

それでも、それを求め、できると信じて練習していれば、必ずできるようになるものなので、皆さん、安易な方法に飛びつかず、地道にがんばりましょう!

本日もまたまたご覧下さいましてありがとうございます。今週もまた大変お手数をかけることになりますが、クリックのご協力をお願いしております。何卒よろしくお願い致します。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 


毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 09:46 | - | - |