CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開243-45 | main | レッスン公開243-47 >>
レッスン公開243-46

週のGWTVは、先週の続きでポスチャーについてです。ポスチャーというのは構えの姿勢のことです。同類の言葉にセットアップがあります。どちらも似たような意味か、ほぼ同じ意味に使われているように思います。

正確に言えば、セットアップというのは、例えば肩やスタンスと目標との関係であって、ポスチャーは単に形のことなので、セットアップにポスチャーは含まれる部分がある。っていう感じでしょうか。

今回は足関係の話ですが、例えば膝の向きについて、ベン・ホーガンは膝を絞る、と書いてます。これは昔、日大ゴルフ監督が書いた本にも書かれていました。日大ゴルフ部監督は素人なので、優秀な選手から聞いたことを集めた本、っていう感じです。で、こういう本の元もモダンゴルフであることがわかります。

それと、動画では扱わなかった内容を最後のテロップに書きましたので、とても重要なことだから、最後のテロップまでしっかり読んでくださいね。今回のはとても短かいですが、どっちかというとテロップが重要かも、っていう感じです。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

本日もまたまたご覧下さいましてありがとうございます。今日もまた大変お手数をかけることになりますが、クリックのご協力をお願いしております。何卒よろしくお願い致します。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 


毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

KFさんのフォローは、正面から見た形にあまり変化がなく、後方からの図ではヘッド軌道に改善が見られました。

上の図の位置でも、ほとんど変化はないように見えるかもしれませんが、よく見ると左肘のつまり感、浮き具合、ローテーションなどに変化があり、つまりが減り、浮きも減り、ローテーションは増えていることがわかります。ローテーションが増えるとクラブはより左に抜けるような気がするかもしれませんが、実際はどうかというと・・・

上の図でわかるように、決して左に低く抜けるわけではなく、逆にオンプレーンに近づいていることがわかるでしょう。以前はクラブを押し込むようにして低く抜けていましたが、ローテーションによってヘッド軌道が修正され、高く抜けることでオンプレーンに近づいたのです。このあたり、感覚と現実の違いがあるのでとても注意が必要だし、しっかりと理解する必要がある部分です。以前から、ローテーションした方がインパクトゾーンが長くなる、とか書いてますが、そういうことの証拠にもなっていると言えるでしょう。皆さんもスイングの感覚と現実の差をしっかり理解して、適正な練習をするようにしましょう。意外なことをすれば、意外な結果が得られるかもしれません。まさか〜って思うようなことをやってみましょう!

本日もまたまたご覧下さいましてありがとうございます。今日もまた大変お手数をかけることになりますが、クリックのご協力をお願いしております。何卒よろしくお願い致します。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 


毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 10:26 | - | - |