CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開244-1 | main | レッスン公開244-3 >>
レッスン公開244-2

週のGWTVは、モダンゴルフ解説でワッグルについてです。ベン・ホーガンはワッグルをしますが、その方法を説明しています。ワッグルは、単にストレッチ的な意味合いではなく、これから打つショットのイメージや手の動き、インパクトのイメージなど、いろいろな意味があって行うものです。

また、ワッグルをプリショットルーティンに導入することで、緊張をほぐし、ナイスショットの可能性を上げるとも考えられます。また、ベン・ホーガンは、ワッグルは手首の動きで行うけど、実際のテイクバックでは手首ではなく腕、肩、クラブが一斉に動き始める、と説明していて、決して手首で行わないことをすすめています。

人間は、変化しか感じられない、ということがあります。アハ体験をする映像などで、映像がゆっくりと変化してしまうと、あまり変化がないのでその変化が感じられませんが、変化前と後とを比べると、大きく変化していることがわかってアハ体験ができる、というのがありますね。

あれはまさに人間は、というか動物全てといっていいですが、変化がないものは感じられないので存在しないに等しい、ということです。何をいいたいのかというと、人間は静と動の差しか感じられないので、例えば、バックスイングでクラブを手で動かしてしまうと、クラブの動きが感じられない。そうでなく、手を動かさないことでヘッドの動きや挙動が感じられるので、それに対処したり動きをコントロールしたりできる、ということです。手や手首を能動的に動かさずにバックスイングを行えば、トップでのヘッドの動きの変化を感じることができるので、そに対処できますが、手や手首を能動的に動かしてしまうとヘッドの動きが感じられなくなり、動きのズレがわからず対処できないからミスになり、どうしてミスしたのかもわからないということです。

そんなわけで、ワッグルをすることの意味や実際のテイクバックではなぜ手首を動かさないのか?など、ベン・ホーガンは訓練で掴んだことですが、それは正しいわけです。だから、そういう天才が苦労して掴んだことを、タダ同然で学ぶことができるのは、とってもお得なのですが、それがどれほどお得かということを理解できるかできないかで、その価値は大きく違ってくるでしょう。少なくとも、このブログを読んでいるみなさんは、とっても賢明なみなさんなので、その価値を大きなものとして活用していただけるに違いないと思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

と。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 


毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

今回ご紹介しているSDさんは、近所の某大手スポーツクラブのゴルフスクールで1年間レッスンを受けていらした方で、しかし、一年間でマスターしたセットアップは、そもそもナイスショットが難しいセットアップであることがわかりました。

上の図はテイクバックですが、テイクバックでは早速セットアップの問題点が現実になっていることかわかります。まず、正面からの画像では、頭が左に傾き背骨も左に傾いて、いきなりリバースピボットになってしまっています。また、クラブヘッドはプレーンの大きく外側に上がっていて、この軌道が最悪で絶対ダメということはないですが、理想的とは言えません。

問題は、どうしてこういう動きになったか?ですが、果たしてどうしてこういう動きになっているのか?皆さんも一度考えてみてくださいね。SDさんがレッスンで習ったととはどんなことだったのでしょうか?テイクバックはどうしろと習っていたのでしょうか?想像できますか?明日、答え合わせです。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 


毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

仮想通貨は普及するか、一時のブームで終わるのか?という調査をしたら、83%の人が一時のブームで終わると答えたそうです。つまり、まだその価値がわかっていない人ばかり、ということです。仮想通貨が広がるとか国が規制しないのは、仮想通貨は脱税ができないからでしょう。つまり、みんなが仮想通で決済するようになれば、脱税がなくなる。脱税する人は現金で決済するので、脱税する人を特定しやすい、など、国にとってもいいことばかりなので、まあ、広がると考えるべきではないでしょうか?YAHOOが取引業者に参戦し、ファミマも参戦、ということになって、もう仮想通貨は現実の世界になっていくことは明確です。買うなら今が大チャンス、ただ、確かに今はリスクが高いのは事実ですから、余剰資金なのでなくなってもいい、くらいの金額からはじめてみましょう。仮想通貨は信頼のビットフライヤーで始めてはいかがですか?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
| レッスン公開 | 12:54 | - | - |