CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開244-17 | main | レッスン公開244-19 >>
レッスン公開244-18

ェルズ・ファーゴ最終日、勝ったのはジェイソン・デイでスコアは-12、16Hで絶妙なバーディーパットを入れ、続く17Hパー3ではホールインワンになりそうだったバーディーでスコアを-12に伸ばしましたが、おそらくゾーンに入っていたのだろうと思われます。松山選手はMDF,タイガーは最終日に崩れて通算+2は55位タイでした。

アメリカ女子のボランティアーズオブアメリカLPGAテキサスクラシックは、二日間競技となりパク・サンヒョンが-11で優勝、上原選手は−3で23位タイでした。

日本の女子、サロンパスカップは申ジエが-3で優勝、2位は鈴木選手が-2,3位はイ・ジョンウンが-1などでした。畑岡選手は+5で16位タイでした。

ウェルズ・ファーゴラウンド後のタイガーはインタビューで、「ショットは人並みに打てたけど、パットが悪かった、チャンスをものにできなかった。今週は悪い週だったけど、手を洗って来週に望みたい」来週に関しては?「パットを練習しなければいけないのは言うまでもないけど、ショットも磨きをかけなければいけない、コースはよく知っているし、グリーンもわかっている、どこに落とすかで結果が全く違ってくる」というようなことを言ってました。

ところで、全然関係ない話ですが、先週のニュースといえばTOKIOの山口さん関連でもちきりでした。なんでも、番組で知り合った女子高生を家に呼んでキスしたら訴えられた、っていうことです。ま〜普通、番組で知り合ったとはいえ、スターが一般人を家に招待するこはないものですが、そういう意味では山口さんはスター気取りしていないいい人なのかな?という気がします。しかし、だからと言って夜に女子高生を自宅に招くのは、親の承諾とかがない限り、するべきでないのは言うまでもありません。少なくとも、ご両親に了承は得たのかを訊いて、ご両親に電話する、くらいのことは必要でしょう。それはスターでなくても普通はそうするはずです。

この件では、有名人のBTさんやMHさんらが親の責任について言及していましたが、確かに、親が行かせるべきではなかったという点は、メディアでは突っ込まれませんね。そういう事を言うと逆に袋叩きになるからでしょう。

ところで、キスをされてトイレに逃げて親に連絡した、ということですが、本当に無理やりキスしようとしたのでしょうか?それってありえないような気がします。いくらなんでも、酔っていても、そんなことするだろうか?そういう自然な流れなりなんなりなく、強引に襲うようなことをするだろうか?トイレに逃げ込むような状況になりうるだろうか?そういう状況になりかけた段階で、帰ることができなかったのか?ちょっと考えにくいように感じます。スターですから、酔っ払ってもそんなことするわけないと思うわけです。

こうい事件というのは、これでもかっていうくらい低姿勢で全面的に謝罪し、一切のいいわけが許されないような社会情勢というか、マスコミ体制があるように感じます。だから、あれほどに謝罪したり、芸能界から引退させられたり、ということになっていますが、本当に何があったのか?という詳しい説明がなく、女性側の意見が100%になって、事が進んでいくというのは、ちょっと怖い状況だとも感じますね。まぁ〜ほんとはキスだけじゃなかった、という話も実しやかに語られていますが、それだと立派な犯罪なので不起訴になるわけがないから、それはなかったのでしょう。なんてくだらない話でしたが、今日もレッスン公開をお楽しみください・・・

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

SDさんのフォローでは、ヘッドがインサイドに抜けているのでアウトサイドイン軌道であることがわかりました。アウトサイドイン軌道だと、フォローでは左肘を浮かせたり、ローテーションを抑える必要があるように感じるけど、フェードヒッターのプロはしっかりとローテーションして打てるのはなぜか?ということでしたが、考えて頂けたでしょうか?

SDさんのフォローを見ると、後方からの図でのフェースに注目して下さい。リーディングエッジが垂直になっていて、従ってフェースは左を向いていることがわかると思います。正しくはリーディングエッジがGPと平行くらい、つまり、もっと地面方向に傾いていればいいのですが、このように垂直になっているのは、ローテーションを抑えた結果です。

では、どうすればアウトサイドインにスイングしてもローテションできるのか?それは、バックスイングでフェースをしっかり開いておく、ということで実現できます。多くの人は、アウトサイドイン軌道だとスライスするのでトップでのフェースをシャットにしておくものです。でもってダウンでフェースが開きつつインパクトするわけです。インパクトにかけてフェースが開きつつボールに当たることで、フェースアングルが適正に保たれるスイングということで、しかし、プロの場合は違います。ダウンでフェースが閉じつつインパクトを迎えるので、その流れでフェースは閉じていく、ということです。だから、ダウンでフェースが開きつつインパクトに向かっている動きのスイングなのに、フェースを無理に閉じるように動かせば、当然、フェースは適正に開かずに閉じた状態でインパクトすることになるから、ひっかける、ということになります。そして、それを感じるからローテーションできない。ということです。かなり高度なことを話しているので、これが理解できた人は、かなり凄いですよ。

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 10:03 | - | - |