CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開244-20 | main | GOLF Web TV#52 テイクバックの重要ポイント >>
レッスン公開244-21

週のトーナメントは、アメリカ男子がプレーヤーズ選手権、タイガー、松山選手、小平選手も出場予定です。パワーランキングでは、松山選手は20位でした。1位はデイです。1位デイってベタすぎでっしゃろ?先週勝ったばっかりで連勝の確率の低さを考えれば、1位はおかしいやろ〜〜このハゲ〜〜と言いたくなりますね。そんなわけで、このランキングは1位よりも20位くらいの方がいいかもしれません。

日本の男子は日本プロゴルフ選手権、女子はほけんの窓口レディースです。女子は三日間競技ですが、ギャラリー数バトルはどうなるのか?ただ、今回は日本プロゴルフ協会の試合なので、いつもとはちょっと違いますが、メジャーなので負けたくないところでしょう。

今週のアメリカ男子は準メジャー級のプレーヤーズ選手権です。知らない人のために説明しますと、アメリカ男子の試合には4つのメジャーがあり、4月はマスターズ、6月は全米オープン、7月は全英オープン、8月に全米プロが開催されます。そして、8月後半から9月にはプレーオフで年間チャンピオンが決まって盛り上がる、という流れです。なので、5月に大きな試合がないので5月はプレーヤーズという格上の試合を開催しているわけです。

そんなふうにPGAツアーでは、毎月、ファンの興味が途切れないようにしいたり、最後に盛り上げたり、そして秋の試合を来年の試合にして選手にもファンにも興味が持ってもらえるようにしたりと工夫して発展してきました。そしてそれは確実に結果になっています。つまり、選手だけでなく、ツアー側もとっても創意工夫して盛り上げているわけです。

それに引き換え、どこかの国の男子ツアーときたら、人気低迷に悲鳴を上げているにも関わらず、先週会長を人気選手にするような楽なことしかしない運営って一体・・・人気選手におんぶに抱っこにも程がある、っていうもんじゃないかな?とか感じますね。運営が努力して改革している姿を見せれば、ファンだってちゃんと見ているので帰ってくるはずです。しかし現実は、例えばホームページのスコアボードにしても、自分が応援している選手をピックアップもできない古いシステムのままだったり、ちょっと驚きというより呆れる、といったレベル、早くなんとかして人気を取り戻してもらいたいな〜と思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

昨日はホッケーとゴルフスイングの違いについて、ホッケーのことはよく知らないのに説明しました。だから、ホッケーを知っている人からすれば、違うよ〜〜って思っているかもしれませんが、手で捌く割合は、やはりホッケーの方が大きいのだろうと思います。

上の図はフィニッシュ付近ですが、後方からの図を見ると、なんとなく右がつっこんでいるような印象です。ちょっと右斜め前に倒れそうというか、そんなバランスを感じます。正面からの図では、それほどの違和感は感じないですが、後方からの図では問題がわかりやすいと思います。

このように、打ったあとに右斜め前くらいに倒れそうになる人も多いかもしれません。そういう人は、インパクトで頭が残らず、SDさんのように少しつっこんで打っていると考えていいでしょう。でもってしっかりと頭を残そうとすれば、ダフったりミスが出やすいと感じるかもしれません。それは、結局ダウンでクラブが寝てしまっているからなので、ダウンで立てる練習が必要です。ボールを上から打つ、ということでもあります。そのためのてっとり早い方法は、やはり頭をボールの後ろに残して打つ練習です。実際、かなり効果的ですが、あまりやる人がいないのは不思議です。

方法は簡単ですが、一人ではできません。7Iくらいでセットアップし、正面に誰かに立ってもらい、クラブか何か棒のようなものを使い、頭を抑えるか、左耳のところにあてがうかしてもらい、そのまま頭は動かさないようにボールを打ってみましょう。正面のお手伝いさんには、ボールを打った瞬間に頭からクラブか棒を離してもらうようにして下さい。打った後には頭は動いていいので、フィニッシュまで無理に残さないようにしてください。無理すると怪我するかもしれませんから注意して下さい。そうやって、実際に頭を固定されて打つと、自分の頭が普段どれほど動いているかがわかるので、とても良い練習になるでしょう。うまく打てるようになるまで続ければ、正しいスイングになってきている可能性大です。お試しくださいね・・・

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 17:59 | - | - |