CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< GOLF Web TV#54 | main | レッスン公開244-35 >>
レッスン公開244-34

メリカ男子、フォートワースインビテーショナル二日目、小平選手は-3でラウンドし、通算-7は3位タイ、みぽりんニッコリです。首位は-10のローズ、2位は-9のグリヨです。

女子のVOLVIKチャンピオンシップ二日目、首位は畑岡選手が-9,2位は-8のイ・ミンジ、上原選手は-5,横峯選手は0,野村選手は予選落ちでした。

日本の男子、ミズノオープン二日目は、首位は-3に5人という大混戦、小林、高橋賢、嘉数、ヘンドリー、松村選手らです。アンダーパーは20人ということで、かなり難しいセッティングであることがわかります。石川選手は予選落ちでした。

女子のリゾートトラスト初日は、首位が岡山絵里選手の-7,2位は森田遥、小橋、成田、永峰、ディビトソンらです。

男女のギャラリー数バトルは、男子が昨日1782人、女子が2908人ということで、女子が圧勝でした。ツアー開催が初めてのコースというのは、あまり入らないことが多いように思いますが、今後数年は同じ会場になるはずなので、ギャラリー数を増やせるかどうかは、コースやツアーの腕次第、といったところでしょう。

アメリカでは、そのコースのご近所さんへのサービスデーみたいなことをやっているコースがあります。ご近所さんに安くで回ってもらえるサービスです。そうすることで、コース運営への理解や協力をお願いするような感じでしょうか。日本でもたまにそういうコースがあると思いますが、あまり数はないと思います。

最近のゴルフ場は、多くが集客に苦労しているようですが、なぜそういうことをしないのか?とっても不思議です。アメリカでは、日没までラウンドし、最後の2Hは回れないで帰ってくるとか、そんなこと毎日です。当然、従業員は一人くらいしか残っていませんが、そうやって少しでもラウンドできるようにしています。また、メンバーコースでは、いろんなイベントがあって、毎週何曜日はマージャン大会とか、カラオケ大会とか、いろんなことをやっています。そんなふうに本来のクラブライフというのがあると思うのですが、日本ではあまり見かけないですよね?アメリカのメンバーコースでメンバーになったことがある人が少ないからかもしれませんが、そういう意味でも、日本のゴルフはまだまだ改善ができると思います。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

スイング無料相談はこちら

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

ダウンスイングでは、腰のスライドが必要だけど、意識してやるとやりすぎることが多いので、無意識にできるほどにドリルを繰り返すことが重要、ということでした。

上の図はインパクト直前ですが、注目してほしいのは右手首の角度です。

上の図でわかるように、以前に比べてかなり90度に近い角度が保たれています。できればこの位置あたりで90度くらいを保っていたいところです。しかし、多くの人は、そんなことしたら振り遅れると感じることでしょう。

上の図を見ると、以前はアウトから入っていましたが、現在はオンプレーンになっていることがわかります。このように、オンプレーンで振れるようになれば、リリースをギリギリまで遅らせることができるようになります。というか、リリースする意識は0でインパクトすることができるようになります。

例えば、セットアップでのこの角度は140〜150度くらいで、インパクトではもう少し大きくなるものです。だから、インパクト直前で90度でもそこから5〜60度程度リリースされて打っていることになりますが、それって押せば大変だけど引けば簡単、っていうことです。押してもだめなら引いてみな、とはよく言ったもので、リリースとは押し解くのではなく、引き解くと考えてやってみましょう。リリースは引き解け

スイング無料相談はこちら

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 12:13 | - | - |