CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開244-36 | main | レッスン公開244-38 >>
レッスン公開244-37

日は火曜日なので世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で10試合、フォートワース招待(56)BMWチャンピオンシップ(64)ミズノオープン(16)その他でした。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、ローズやマキロイが上昇したことによる変動があり、松山選手も10位に後退していました。今週の日本のランキングは・・・

というわけで、小平選手は結構がんばったにも関わらず順位は後退、アメリカで順位を上げることを大変さが分かる結果となりました。今週の女子のトップ10は・・・

1 — KOR INBEE PARK 7.80 272.86 30 ☆
2 — CHN SHANSHAN FENG 6.90 331.26 48 ☆
3 — USA LEXI THOMPSON 6.59 263.68 40 ☆
4 — KOR SUNG HYUN PARK 6.06 315.17 52 ☆
5 — THA ARIYA JUTANUGARN 6.05 345.02 57 ☆
6 — KOR SO YEON RYU 5.87 270.03 46 ☆
7 1 KOR I.K. KIM 5.46 207.54 38 ☆
8 7 AUS MINJEE LEE 5.12 276.66 54 ☆
9 1 THA MORIYA JUTANUGARN 5.12 291.61 57 ☆
10 -1 USA JESSICA KORDA 5.06 217.54 43 ☆

というわけで、ミンジが7ポイント上昇してトップ10入りしていました。日本の女子は・・・

20 — JPN AI SUZUKI 3.57 221.42 62 ★
34 — JPN NASA HATAOKA 2.55 112.02 44 ★
57 — JPN MAMIKO HIGA 1.79 125.55 70 ★
61 3 JPN MOMOKO UEDA 1.60 99.16 62 ☆
64 -3 JPN HARUKYO NOMURA 1.58 80.54 51 ★
66 -3 JPN FUMIKA KAWAGISHI 1.54 72.33 47 ☆
76 -2 JPN ERIKA KIKUCHI 1.37 86.51 63 ☆
78 — JPN MISUZU NARITA 1.34 90.09 67 ☆
90 1 JPN AYAKO UEHARA 1.16 68.49 59 ☆
92 -2 JPN RITSUKO RYU 1.14 78.92 69 ☆

というわけで、トップ50には二名でした。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

SDさんのフォローでは、頭が残って腕もスッキリ伸びていました。

上の図でも頭が残って腕がスッキリ伸びていることがわかりますが、大きな違いは手の位置関係で、以前は右手が左手の下側にでしたが、最近は右手が上に乗るような形になっています。つまり、ローテーションされていることがわかります。

後方からわかる大きな変化は、グリップエンドの位置が以前よりも体から離れています。ローテーションすることでグリップ軌道がよりストレートに抜けるようになったことがわかると思います。つまり、以前よりもインパクトでのストレートゾーンが長くなったと言っていいでしょう。

これはなかなか理解が難しいことかもれませんが、ローテーションすることで、インパクトでのストレートゾーンは長くなります。もちろん、正しいローテーションが必要です。ボウドインパクトになる必要があります。ローテーションすると、左に引っ掛ける人が多いと思います。だから、ローテーションしてより真っ直ぐに飛ぶというのは、信じ難いことだと思います。

ローテーションして引っかかるとすれば、ヘッドがインサイドから入ってフェースがすばやく回転するため、ローテーションを抑えることで帳尻を合わせているようなスイングか、リリースを早くすることでフェースを戻しているスイングか、という場合が多く、そういう人はローテーションすると引っかかります。だから、インサイドから振っている人は、もっとオンプレーンに振る必要があるし、リリースが早い人は、リリースを遅らせる必要があるわけです。

何度も書いていますが、2つのことを同時に習得することは難しいので、まずはローテーションして引っ掛けてみる。そして、ローテーションをしても引っかからないためにはどうすればいいかを練習する。方法はリリースタイミングかヘッド軌道の修正、もしくは両方、ということになるので、それぞれ優先順位をつけて集中的に修正するようにしましょう。そうすれば、とても早く改善しますが、そうでなければ何年経っても改善しない、ということになるでしょう。

スイング無料相談はこちら

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 11:07 | - | - |