CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開245-1 | main | レッスン公開245-3 >>
レッスン公開245-2

週のGWTVは、傾斜地からのフェアウェイウッド#1ということで、つま先上がりからフェアウェイウッドの打ち方などです。

つま先上がりにもいろいろあって、普通の傾斜地の場合があれば、土手のような斜面である場合もあります。ただ、土手のような急傾斜にボールが止まっているとすれば、それはラフである場合が多いでしょうから、そういう場合はフェウェイウッドは使えません。とりあえず出そうなクラブでフェアウェイに出すだけ、ということになるでしょう。

今回ご紹介するのは、普通の傾斜地でのフェアウェイウッドです。つま先上がりの基本事項には、グリップを短く持つ、いつもより水平に振るイメージでスイングする、ということがあるでしょう。あとはボールを引っ掛けたり、フックがかかったり、ということがあるので、その分を計算して右を向く、ということがあるでしょう。

ところでこういう場合もグラビティプレーンを意識する必要があります。もちろん通常の角度とは違ってきます。つま先上がりならいつもよりフラットなグラビティプレーンを意識してスイングします。あとは何度か素振りをしてヘッドの通過位置を確認し、ボールはランが出やすいので、そのあたりも意識してスイングします。グリーンを狙うのであれば、グリーンの左に池やトラブルがないか?などは十分に考えて戦略を作りましょう。

また、傾斜地全般に言えるのは、スイングをコンパクトにする、ということです。傾斜地では何が起こるかわかりません。思いもしないことが起こることがあるものです。プロのトーナメントなどでも、不思議なミスショットがあるとすれば、それは傾斜地からのショットであった場合が多いものです。それくらい傾斜地というのは難しいものなので、ミラクルな結果ばかりを望まず、現実的なことを考えて、ミスの範囲を大きく想定してから打つようにしましょう。想定内であれば次のショットにも気持ちの余裕が生まれますが、想定外のミスが出ると、次のショットにも悪影響が出やすいものです。傾斜地では、そういう気持ちの余裕を持って望むようにしましょう。ということで、今日もレッスン公開です・・・

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

今回ご紹介しているKJさんは、10年以上ぶりの復活レッスンということでした。セットアップでは、ハンドダウンが強くグラビティプレーンとの関係も問題がありました。

上の図はテイクバックですが、ハンドダウンが強い人によくある動きとして、手をこねてネジるような感じで動かして手が浮く、ということがあるのですが、KJさんの場合はそういうことはなく、手が浮かずにテイクバックできていることがわかります。昔のレッスンで手をこね上げないことや手が浮かないテイクバックがあったので、それをしっかりと習得して頂けていたようです。実際、そのレッスンはよく覚えている、ということでした。

ハンドダウンにする目的には、体と腕との一体感があると思います。そうすることでできるだけ腕が暴れないようにしたいわけです。その気持はとても良くわかりますが、欧米のトッププロなどを見ると、わりと腕を前に出しているというか、腕が垂直よりも前にでていることが多いことに気づく人も少なくないでしょう。逆に日本のプロは体と腕の密着型が多いかもしれません。

腕と体を密着させるということは、それだけ腕が暴れない、腕を振らないスイングをしていると考えがちですが、実はそうではなく、腕が主体のスイングだから密着させたくなる、ということです。逆に体が主体のスイングでは、腕の動きを体がコントロールするので、力で密着させる必要がなく、そうすると自然な動きで適切なトップにならない、といった問題が生まれます。そのあたりが日欧米の差としてあるかもしれませんが、腕はリラックスして力を入れず、体の回転で自然な動きをするようなイメージでスイングすることを意識してみましょう。

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

スイング無料相談はこちら人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 15:36 | - | - |