CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< GOLF Web TV#56 つま先上がりのフェアウェイウッド | main | レッスン公開245-5 >>
レッスン公開245-4

メリカ男子、フェデックスStジュードクラシック二日目、首位はDJが-10で単独首位、2位はブラウンとパトナムが-9なので、初日首位だったパワーは-7で7位に後退していました。

アメリカ女子のショップライトLPGAクラシック初日は、首位がローラ・ディアス、セリーヌ・ハービン、アナ・ノードクイストの-5で、横峯、野村選手は-1で49位タイ、上原選手は0で66位タイ発進でした。

日本の女子のサントリー・レディース二日目は、首位が森田遥選手で-13,2位は小滝選手の-11,3位タイには大山、比嘉選手らが-10です。昨日のギャラリー数は4020人でした。

今週のスポッ   トライト!

ザ・ベストテンを彷彿とさせるタイトルのコーナーを突然作ってみましたが、今週は堀琴音選手、堀選手といえばステップでいきなり優勝するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いでプロ入りし、その後も順調にラウンクアップし、賞金ランクもいきなり33位、翌年11位、そして去年も21位となり、強固なシード選手として活躍していましたが、今年はどうも様子がおかしくなっています。

今年、ここまでの12試合での予選通過は1回のみ、それも53位タイフィニッシュということで、どういうわけか全く結果が出ていません。スタッツを見ると、去年は67%で33位だったパーオン率が今年は41%で102位、去年は84%で20位だったパーセーブ率が今年は69.4で102位、平均パットも1.811で23位だったのが今年は1.89で78位と低迷しています。つまり、乗らない、寄らない、入らないの3拍子が揃ってしまってワンワンワワン、ワンワンワンワ〜ン、ということで、犬のおまわりさんにもどうにもできない状態です。

しかし、こういうことはよくあることで、おそらくは更に上を目指して何かを変えているうちにおかしくなるとか、わからなくなってしまうとか、ジュニア時代はただ盲目に結果だけに集中できたけど、そうできなくなったとかだろうと思われます。

堀選手の場合、お姉さんが先にプロとして活躍していましたが、デビュー後はお姉さんよりも活躍していました。今年の急降下はとても不思議で残念な現状です。どちらかというとめずらしい知的美人タイプだし、韓国人選手のような人工的な顔ではない選手だけに、なんとか復活して活躍してくれるといいですね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

前回は、上の図のテイクバックでひとつだけ修正した方が良いと思える部分があるけどそれはどこか?というクイズでしたが、考えていただけましたか?

上の図は、シャフトが水平になった位置ですが、ここでも同じ問題が残っています。後方から見た位置関係は、完璧ではないのの概ね問題のないポジションです。しかし、前のコマや上のコマでも正面からの図でわかるちょっとした問題点、それは「右肘の曲がりすぎ」です。右肘が曲がりすぎて、肩の回転量が少ないのです。つまり、ちょっと手でやりすぎているわけです。これをもっと肩の回転で行えたらいいのですが、手を使っているために右肘が曲がりすぎていて、大したことないと思われるかもしれませんが、この位置でこれくらいズレてるとトップでは大きなズレになり、インパクトでは更に大きなズレになる。ということが多いので、初期的なズレはできるだけ消滅させた方がいいでしょう。

みなさんも一度この位置での右肘がまがりすぎていないか?もちろん、多少曲がっている程度なら問題ありません。またピーンと張るのも問題ですから、適度に無理なく伸びているような形になっているかをチェックしてみましょう。

スイング無料相談はこちら

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 11:29 | - | - |