CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開245-17 | main | レッスン公開245-19 >>
レッスン公開245-18

メリカ男子、トラベラーズ最終日、昨日まで首位だったケイシーは、この日+2と崩れ通算-14となり、2位タイフィニッシュ。逆転優勝したのは、この日-7でラウンドしたババが通算-17,2位と3打差で優勝しました。ババは三日目終了時点で-10,首位だったケイシーは-16だったので、6打差を逆転したことになります。通常、逆転の限界は6打差と考えますが、限界からの逆転ということになりました。

アメリカ女子のウォルマートアーカンサス最終日、結果を確認しようとLPGAのホームページを見たら、表紙に"Hataoka Brilliant In First Win"という文字がブリリアントに輝いていました。スコアを見ると-21でぶっちぎりの優勝でした。ツアー初優勝です。2位はアーネストが-15,野村選手は-8で47位タイでした。やはり畑岡選手の能力は、世界トップクラスのものを持って生まれたと言えるのかもしれないですね。今後はリディア・コくらい活躍するかもしれないし、世界一位になるかもしれない器の持ち主と言えそうです。

日本の男子、福島オープンは、最終日に-8でラウンドした秋吉選手が優勝、石川選手は-3でラウンドしましたが、通算-17は3位タイフィニッシュでした。女子のアース・モンダミンカップは成田選手が逃げ切り優勝しました。

男女のギャラリー数バトルは、男子が昨日4043人、女子が4420人ということで、最終日も女子が1割くらい多く入っていました。今回は石川選手の活躍もあり、最終日に期待したのですが、残念ながら惜敗といったところですね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

KJさんのフォローでは、一つの問題点があるけどそれは何でしょう?というクイズでしたが、考えて頂けたでしょうか?

上の図は、インパクトとフォローを比較したものですが、図からわかるように背骨の角度がかなり傾いてしまっています。そして、その一因が左腰のスエーであることがわかると思います。この癖は、KJさんが昔から持っていた癖で、昔は一旦修正できていたのですが、久しぶりにゴルフをした結果、復活してしまっているようです。

KJさんは、10年くらい前に仕事の環境が変化したことが元であまりゴルフができなくなり、その後はたまにラウンドする程度だったそうです。腰の動きの癖というのはとても修正が難しく、右腰の右へのスエー、左腰の左へのスエーというのは、よほど意識して練習しない限り直らないと言ってもいいほどです。修正方法としては、右へのスエーは実際のスイングで意識して修正できますが、左腰のスエーはスイング中に意識して修正するのはかなり難しいので、まずは正しい動きをドリルで繰り返し、次に素振りで意識して行い、そして実打でやってみる、最後にラウンドでやってみる、という具合に段階的に練習する必要があります。

しかし、そういう方法は根気が必要なので、なかなか独力ではできず、ドリルや素振りをすることなく練習やラウンドをすると、昔の癖が戻ってしまう、ということになるわけです。悪い癖も数年の時間をかけて定着しているので、良い動きも数年継続して続ける必要があります。少なくとも2年くらいは続けてドリルを行うといいでしょう。プロの選手を見ると、5年10年と同じドリルを繰り返している場合がありますが、そういう根気良さというか、ルーティーンにしてしまうというか、そういうことが出来る人は、とっても上達するでしょう。

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 12:37 | - | - |