CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開245-24 | main | レッスン公開245-26 >>
レッスン公開245-25

ールドカップも日本は終了し、日本はまた世界との差を感じさせられる結果となりました。ゴルフなら差は一人分ですが、サッカーの場合は一人一人の小さな差が11倍にもなるので、多分ゴルフでメジャーに勝つより、ワールドカップで優勝する方が難しいだろうと思われますね。

今日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で11試合、HNAオープン・ド・フランス(46)クイッケンローンズナショナル(34)その他、小さな試合でした。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、クイッケンローンズにはトップ選手が出ていなかったので上位に変動はほとんどなく、出場したファウラーが1ポイント上昇しただけでした。ちなみにタイガーは82位から67位に上昇していました。

というわけで、松山選手は15位に後退、日本での試合がなかったのでその他の選手も下降傾向でした。今週の女子は・・・

1 — KOR INBEE PARK 7.95 278.15 33 ☆
2 4 KOR SUNG HYUN PARK 7.41 385.49 52 ☆
3 -1 THA ARIYA JUTANUGARN 7.32 424.36 58 ☆
4 1 KOR SO YEON RYU 7.23 339.87 47 ☆
5 -2 USA LEXI THOMPSON 6.89 289.24 42 ☆
6 -2 CHN SHANSHAN FENG 6.50 311.77 48 ☆
7 1 KOR I.K. KIM 5.56 211.28 38 ☆
8 3 USA JESSICA KORDA 5.28 232.29 44 ☆
9 1 THA MORIYA JUTANUGARN 5.20 301.50 58 ☆
10 -1 AUS MINJEE LEE 5.15 282.98 55 ☆

というわけで、パク・サンヒョンが2位に上昇していました。果たして畑岡選手は何位に上昇したのか?日本のトップ10は・・・

12 7 JPN NASA HATAOKA 4.90 230.07 47 ★
20 — JPN AI SUZUKI 3.89 237.14 61 ★
58 -3 JPN MISUZU NARITA 1.82 122.06 67 ☆
59 -2 JPN MAMIKO HIGA 1.82 127.17 70 ★
67 -3 JPN MOMOKO UEDA 1.60 99.43 62 ☆
79 -7 JPN HARUKYO NOMURA 1.39 72.47 52 ★
83 -4 JPN FUMIKA KAWAGISHI 1.34 68.17 51 ☆
86 -1 JPN ERIKA KIKUCHI 1.30 83.31 64 ☆
97 -1 JPN AYAKO UEHARA 1.14 66.15 58 ☆
99 -1 JPN ERI OKAYAMA 1.10 79.28 72 ☆

というわけで、もうすぐトップ10の12位に上昇していました。この分だとトップ10も時間の問題といった感じなので、日本人としては過去最速でのトップ10入り、そして、もしかすると世界一にもなるかもしれません。それも、日本人初のメジャーチャンピオンで世界一、ということになるかもしれないので、とっても楽しみですね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

KJさんのセットアップでは、グラビティプレーンとの関係が改善していました。

上の図はテイクバックですが、正面から見た形としては、ほとんど差はないと思います

しかし、後方から見ると、以前に比べてオンプレーンに上昇していることがわかると思います。これは、動きが変わったのではなく、グラビティプレーンとの関係が改善したことで、結果的にこうなっただけです。

レッスン前の動きは、手を持ち上げるなどの動きはなく、良い動きでした。しかし、グラビティプレーンとの関係が間違っていたためにオンプレーンに上がっていませんでした。

プレーンと体の関係が間違っていると、スイングを正しく判断できず、間違った改造になるかもしれないので、プレーンとの関係を正しくすることがとても重要であることがわかるでしょう。ただ、一般的にはグラビティプレーンは知られていないので、シャフトプレーンやホーガンプレーンを基準にすれば、なかなか世界にたどり着けない、ということがありますので、まずはグラビティプレーンを理解して、正しい基準で正しいセットアップ、そして正しいスイングを作っていきましょう!

今日もご覧下さいまして、ありがとうございました。お手数ですが人気ブログランキングのクリックをお願いしております。何卒よろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 11:36 | - | - |