CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開245-35 | main | レッスン公開245-37 >>
レッスン公開245-36

メリカ男子、ジョンディアクラシック最終日、勝ったのはマイケル・キム、スコアは-27,最終日は66でのラウンドで完全一人旅優勝でした。2位は-19に4人、モリナリ、ダーマン、ライダー、バーグーンらでした。勝ったキムは25歳、プロになったのは2013年ということなので、20歳でプロになったようです。大学はユニバーシティオブカリフォルニア バークレイ校ということです。韓国出身の選手です。身長も180はないようだし体の線も細いので、日本人選手の励みになるタイプの選手といえそうです。直近6試合では5試合が予選落ちだったのに、今回突然の優勝でした。去年のフェデックスカップランクは100位、一昨年は118位と、なんとかがんばっている印象でしたが、これを契機に上位選手に入ってくるかもしれないですね。

アメリカ女子のマラソンクラシックは、シダパ・スワンナプラとブリタニー・リンシコムのプレーオフとなり、スワンナプラがツアー初優勝しました。スワンナプラは2012年がルーキーイヤーで、今年のこれまでの試合では、それほど上位フィニッシュはありませんでしたが、今回、突然の優勝でした。記録によると2013、14年はシード選手でしたが、それ以降はシード圏内に入れていないレベルでした。しかし、今回突然の優勝、というイメージです。何が起こるかわからないものです。

日本の女子のサマンサタバサは、有村選手が涙と汗の復活Vということで、アメリカ撤退後、かなり苦労していたようですが、最近は上位が増えてきていて、そして今回、涙の優勝でした。アメリカに挑戦すると、帰国後活躍できない、ということってなぜかよくありますよね。日本で活躍していた頃はイケイケドンドンで怖さを感じたことなんてないイメージだったのが、アメリカで思ったように行かなくなって、ゴルフの怖さみたいなものが襲うのでしょうか?そして、一度そうなると、なかなか復活するのって難しいものですが、有村選手は見事やってのけたので、とんでもなく凄いことだと思います。ルックスもスイングも良い選手だけに、今後も更に活躍してほしいですね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

KJさんのフォローでは、ヘッド軌道が逆転し下から入っていたヘッドが上から入っていました。

上の図では、ローテーションの変化が明確にわかると思います。以前はインサイドからまくっていたためローテーションを抑える必要がありましたが、レッスン後は上から入っているのでローテーションできています。

後方から見てもフェースローテーションの違いが分かる人にはわかるでしょう。

上の図は、ボールの飛び方の違いを示しましたが、レッスン後はローテーションしているのに真っ直ぐ高く打ち出されているのに対し、レッスン前はローテーションを抑えているのに左にトップしてひっかけている、ということがわかると思います。

インサイドから入るヘッド軌道は、フェースが急速に回転してしまうのに対し、アウトから入るヘッド軌道はフェースがゆるやかに回転したり、逆回転します。このフェースの回転の違いがどの角度にあるのか?というのがグラビティプレーンとも言えます。当然、たった一つしか存在しない平面です。しかし、プロレベルであれば、そういう面があることを感じてスイングしているものです。フェードであれ、ドローであれ、グラビティプレーンに近い平面でスイングすることはとても重要だし、基準になる面を正確に知っておくことは、必要不可欠な知識とも言えるでしょう。プロレベルほど練習すれば、体で感じられるので問題ないですが、そこまで練習できないのが普通なので、目で見てわかるグラビティプレーンを理解して活用してくださいね。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 11:27 | - | - |