CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開246-2 | main | レッスン公開246-4 >>
レッスン公開246-3

週のGWTVは、まだ編集していないので正確ではないですが、予定では、アマチュアでハンデ1の尾子さんのスイングの続きで、トップからダウンについて、です。

尾子さんの悩みは、トップでのクロスということでしたが、トップでのクロスには良性と悪性があり、果たしてどっちか?ということが気になるところでした。ダウンでのヘッド軌道は、できるだけ直線的にオングラビティプレーンでスイングできれば理想的ですが、トップでクロスしてしまうとヘッド軌道が湾曲してしまい、その湾曲したヘッド軌道の描く円弧は、ヘッドスピードによって変化する円弧となってしまうので、軽く振った時と全力で振った時との差が激しくなり、どうにも安定しないので困るわけです。ゴルフは上級者になるほど微細な調整力が重要になるところ、それができないことに気づくので、上級者ほど直したくなるポイントかもしれません。

また、尾子さんの場合、試合の後半で崩れることが多いということで、だとすれば、後半ほどコントロールができなくなっているわけなので、前半は腕力でなんとかカバーできても、後半はどうにもならなくなる、ということが考えられます。

なので、トップでのクロスを直すということは、腕への負担を減らし、試合の後半で崩れないようにできる可能性がでてくる改造になるから効果が期待できます。しかし、一旦クロスでスイングを覚えると、しかもハンデ1にまで上り詰めるほど熟練しているとすれば、それを完全に直すのは、むしろ逆効果かもしれません。

タイガーの場合で言えば、完全にクロスが直ってレイドオフになった頃よりも、少しクロスしていた頃が最も強かった、ということがあります。そういう実例もあるので、最初からクロスしないスイングを覚えた人はいいですが、クロスするスイングでかなり上達した人の場合は、完全に完璧を目指すよりも、歪みを軽減する方向で考えた方が良いのかもしれません。

なので、クロスというのは、多くのプロも直したいポイントではありますが、ちょっとクロスしてもフェードヒッターになれば、ゴルフは間違いなく良くなるので、そういう方向性も考えて見ましょう。

それでは今日もレッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

セットアップを調整するには、ざっと6つのオプションがあり、それらを慎重に検討して実施しなければいけない、ということでした。

上の図はテイクバックですが、テイクバックでのポイントにはいくつかのチェックポイントがあります。正面から見た図では



  1. 右腰の動き

  2. 頭の動き

  3. 手首の動き

  4. 背軸の動き

  5. 肩の動き

などがあります。そして、後方から見た図では



  1. グリップの動き

  2. 背軸の動き

  3. クラブヘッドの動き

  4. 腕の動き

  5. 足の動き

などがあります。そういう観点でSEさんをチェックすると・・・



  1. 右腰の動き・・・流れたりしていない

  2. 頭の動き・・・動いていない

  3. 手首の動き・・・ほぼ動いていない

  4. 背軸の動き・・・一定に保たれている

  5. 肩の動き・・・無理なく不自然でもない

ということで、正面から見た動きに問題は感じられませんでした。次に後方からの図では・・・



  1. グリップの動き・・・浮き上がっていない

  2. 背軸の動き・・・動いていない

  3. クラブヘッドの動き・・・ほぼオンプレーン、ややアウト、フェースアングルは問題なさそう

  4. 腕の動き・・・不自然に曲がったりしていない

  5. 足の動き・・・ほとんど動いていない

ということで、SEさんのテイクバックは、ほとんど問題のない動きでした。皆さんも自分のスイングをチェックする場合は、上記のような項目をチェックしてみましょう。


人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 09:59 | - | - |