CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< GOLFWebTV#65 頭の動きを止める練習法 | main | レッスン公開246-18 >>
レッスン公開246-17

米プロゴルフ選手権二日目、試合は雷雨が近づいたためサスペンデッドとなり、残りは土曜日の現地時間午前7時再開予定です。途中経過は、首位がウッドランドで-10(F)2位はキスナーが-9(F)3位ケプカ-8(F)4位DJら4名が-7といった中、池田選手が-4(9)で16位タイ、松山選手は-3(10)で23位タイ、小平選手が-1(F)で49位タイ、今平選手が+3(12)で100位タイ、時松選手が+4(F)で111位タイ、宮里選手が+11(12)です。なので、予選通過は松山、池田、小平選手の3名になりそうな雰囲気です。主な選手の成績は、タイガーが-3(7)デイ-4(8)マキロイ0(7)スピース-3(F)ラーム-5(F)モリナリ-5(F)などです。

日本の女子、NEC軽井沢72初日は、首位が黄アルムの-9,2位は木戸、石川明日香、大山選手ら3名が-6などです。この試合が得意な福嶋選手は+1で68,久々の試合ながら、やはり流石の成績だと思います。

今週のスポッ   トライト

今週のスポッ  トライトは、今週の試合のホステスプロ、原江里菜選手です。原選手は1987年生まれの30歳、11月に31歳です。デビュー当時からスター選手として人気があり、美人ということもあってテレビCMなどでも活躍していました。2007年に19歳でツアーで一年間戦い、賞金ランク19位、翌2008年にプロテスト免除で女子プロ協会に入会しています。そして2008年には賞金ランク10位となり、トッププロとして活躍したのも束の間、翌年は25位、そして2010年には82位となって賞金シードを失っています。

しかし、2008年に今週の試合であるNEC軽井沢に勝っているのでシードはキープ、翌2011年も74位でシードを失うも、その年のQTファイナルでは1位フィニッシュで出場権を確保、そして迎えた2012年は38位、2013年は32位、でもって2014年には無冠ながら多くの上位フィニッシュで賞金ランク自己ベストの9位フィニッシュ、翌2015年はいい部屋ネットレディースで7年ぶりのツアー優勝を果たし、賞金ランクも13位、2016年も17位と好調をキープかと思われた去年、賞金ランク65位で賞金シードを失いました。いい部屋ネット優勝シードも切れていたので、去年のQTに参戦、50位フィニッシュでしたがほけんの窓口レディースで5位としてリランキングは13位に上昇、その後6試合連続で予選落ちしましたが、いい部屋ネットで11位、北海道meijiで10位となって、今週に至る、という、なんともドラマチックなツアー履歴の持ち主です。

スイングは、昔はかなりのシャフトクロスだったと思いますが、それをコンパクトにしてクロスをなくすような改造をしたようです。しかし、ダウンでクラブが寝てしまうので、難しいのではないかと思っていたのですが、それでも底力がある選手なので、ここまで粘りに粘ってプレーを続けている、といった印象ですね。ダウンでクラブを立てるスイングに改造していれば、もっと活躍できたのではないかと思われます。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

SEさんのインパクトは、グリップエンドがグラビティプレーン上にあって、グリップが浮いたインパクトになっていました。

上の図はインパクト直後ですが、正面から見た形としては、理想を言えば、この位置あたりで左腕とシャフトが一直線になっていてほしいあたりです。なので、やはり微妙にリリースが早いということになりますが、それはダウンの軌道を修正することで、自然に直る可能性が高いと思われます。

上の図はスティーブ・エルキントンのインパクト直後です。

エルキントンの動きであれば、いわゆる1ドル紙幣のターフが取れることが想像できると思います。微妙な違いですが、自分の目で見て感じて、そしてやる、ということが大事なので、よく見て感じてくださいね。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 13:04 | - | - |