CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< GOLFWebTV#77 バックスイングの重要ポイント | main | レッスン公開247-39 >>
レッスン公開247-38

ュライナーズホスピタルズフォーチルドレンオープン二日目、試合は日没サスペンデッドですが、小平選手は-3でラウンドし、通算-3は暫定61位タイ、カットラインとは1打差です。あと数名がフィニッシュしていませんが、予選通過は確実です。首位は、ユーレインが-13、二位はストレブ、キム・ウィーが-11、デシャンブーは-10、スピースは-8、ファウラーは-7、フィナウは-5です。なので、今週はフィナウが頑張るかと思っていましたが、どうやらハズレだったようです。

日米女子のTOTOジャパンクラシック初日は、首位はユソヨンが-7のぶっ飛びスタート、二位はインキャン、申ジエ、畑岡選手らが-6です。やはり畑岡選手はがんばっていますね。他の日本人選手では、小祝、永峰選手が-4、-3には、永井、新垣、上田、大江、福田選手らです。

男子のHEIWA PGMは、首位がSノリスの-11、二位は-9のチェミンギュとYEヤンということで、海外勢が上位です。石川選手は予選落ちでした。

男女のギャラリー数バトルは、男子が昨日2002人、女子が3881人ということで、男子は予選二日間で3581人だったので、二日間足しても女子に負けていました。

ところで、今週は女子のQTのセカンドが開催されていました。出場選手を見てみると、A地区ではアン・シネ、諸見里選手、藤田光選手他有名選手が数名出場し、通過していました。通過できなかった選手の中には、アマチュア時代にとても話題になったのに、なぜか全く出てこない選手もいました。B地区では、福島浩子選手や新坂上選手、斉藤愛璃選手、一瞬すごかった久保樹乃選手、突然一勝してどうしてるのか?っていう甲田なども通過していました。スポッ   トライトのコーナーでご紹介したチャン・ウェイウェイも通過していました。通過できなかった選手には、工藤遥加選手や青山加織選手などの他に、昔レッスンしていてステップでは当時優勝した選手も落ちていました。

C地区では、優勝経験のある選手としては、永井奈都選手が出場して通過していました。そして、宅島選手も通過です。通過できなかった選手には、スポッ   トライトのコーナーでご紹介した辻岡選手の他、過去にレッスンしたことがある選手が二名でした。

そしてD地区では、宮里美香選手が7位で通過、堀奈津佳選手も通過していました。通過できなかった選手の中に有名選手は見当たりませんでしたが、過去にレッスンしたことのある選手が3名でした。結果から言えば、通過した宅島選手以外、現在は関わりがないですが、そういった6人の選手は全員予選落ち、ということになっていました。ところで、昨日FBにヘッドスピードが51.5のトラックマン画像をアップしていました。年齢を重ねてヘッドスピードもアップしていますね。コンパクトにしていなければありえない結果でしょう!しかしトニー・フィナウのコンパクトさは、ハンパネェですね。世界はコンパクトワールドにまっしぐらですね。

それでは今日もレッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

右利きの人は、一度左利きスイングをしてみると、リードすべき側がどちらかがわかるかもしれない、ということでした。プロでも左スイングを練習に取り入れている人もいます。あれはどちらかというと左右のバランスを取るため、偏らないためだろうと思いますが、あんなふうに左のスイングをやってみることは良いことでしょう。

上の図はフォローですが、この位置でも右足にかなりの体重が残っていることがわかります。そして右手で強く押し込んでいることがわかるでしょう。足腰を使うという意識は全くないことも感じられます。

NSさんの場合、大学まで野球をやっていたので、スイングで下半身が使えないわけはありません。しかし、現実には使えていません。どうしてかというと、手で操作する意識が強いからです。バットとクラブの違いは、前にも書きましたが、重心の違いが大きく、クラブはフェースで打つためにフェースの向きを調整しなければいけません。その調整をしつつ加速しなければいけないので、バットとはかなり違うことをする部分があるわけです。

フェースというのは、バックスイングで開いてダウンスイングで閉じるものですが、バックスイングで開くにはかなりの勇気が要ります。ほとんどの人は中途半端に開いていて、結果、フェースは正しく戻らず逆に開いてしまったりしています。思い切って開くと意外に気持ちよく戻る、なんていうことになるかもしれません。但し、それにはグリップ軌道が重要で、ダウンでのグリップ軌道が外れていては、正しく戻ってこないのです。なので、ダウンでのグリップ軌道を確認し、良い軌道であれば思い切ってフェースを開いてみる、これをやってみましょう。但し、ダウンでの正しいグリップ軌道を知るには、世界にグラビティプレーン理論以外存在しないので、グラビティプレーン理論をしっかり理解して取り組みましょう。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 11:05 | - | - |