CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開247-40 | main | レッスン公開247-42 >>
レッスン公開247-41

日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で8試合、シュライナーズホスピタルズフォーチルドレンオープン(40)トルコエアラインオープン(36)ヨーロピアンのチャレンジツアーの試合(17)HEIWA PGM(16)その他でした。先週はヨーロピアンのチャレンジツアーの試合よりも日本の試合はフィールドが弱かったようです。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、ケプカの世界一は短命に終わりローズが一位返り咲きでした。デシャンボーは5位に上昇しました。今週の日本は・・・

というわけで、松山選手は23位に後退、ジリジリ落ちてます。今平選手は上昇していましたが、他の選手は下降傾向が強く、昔のように秋に日本人選手が上昇するという傾向が変化しているようです。今週の女子は・・・

1 — THA ARIYA JUTANUGARN 8.00 439.76 55 ☆
2 — KOR SUNG HYUN PARK 7.95 381.37 48 ☆
3 — KOR SO YEON RYU 6.99 328.51 47 ☆
4 — KOR INBEE PARK 6.83 238.88 35 ☆
5 — AUS MINJEE LEE 5.98 334.72 56 ☆
6 — ENG GEORGIA HALL 5.55 199.73 36 ☆
7 9 JPN NASA HATAOKA 5.46 300.44 55 ☆
8 -1 USA LEXI THOMPSON 5.36 225.10 42 ☆
9 -1 CAN BROOKE M. HENDERSON 5.19 306.26 59 ☆
10 — KOR JIN-YOUNG KO 5.09 269.71 53 ☆

というわけで、畑岡選手が9ポイント上昇してトップ10入りしました。ランクは7位、TOTOでの活躍は予想していましたが、それでも凄いですね。この勢いで今後も活躍できそうです。今週の日本は・・・

7 9 JPN NASA HATAOKA 5.46 300.44 55 ☆
29 — JPN AI SUZUKI 3.49 195.64 56 ☆
45 -1 JPN MAMIKO HIGA 2.19 151.40 69 ☆
57 — JPN MISUZU NARITA 1.93 123.46 64 ☆
59 9 JPN SAKURA KOIWAI 1.91 82.16 43 ☆
71 16 JPN MOMOKO UEDA 1.71 104.48 61 ☆
85 -2 JPN ERIKA KIKUCHI 1.41 89.06 63 ☆
93 1 JPN ERI OKAYAMA 1.26 83.01 66 ☆
103 -1 JPN AYAKO UEHARA 1.17 71.51 61 ☆
104 -1 JPN HINA ARAKAKI 1.15 53.04 46 ☆

というわけで、小祝選手も9ポイント上昇、上田選手は16ポイントも急上昇しました。やはりLPGAの試合はポイントが高いので、上位だと一気に上昇しますね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

昨日はひょっこりやんのヒントで上級者との差がわかったと思います。

答えは、右肩のポジションで。NSさんの場合、右肩が被さるように高い位置を通過しているのですが、上級者の場合は右肩がもっと低い位置を通過するのです。

その理由はダウンスイングの軌道を考えればわかるでしょう。NSさんのヘッド軌道はかなりアウトからスティープに入っていました。上級者の場合はもっとシャローに入ってきます。元々はアウトからスティープに入っていた軌道を右肩を下げて軌道修正してオンプレーンに振っている人が多いということです。ポーラ・クリーマーなど右肩が下がる代表例だし、タイガーも右肩の下がりは大きかったものです。ポーラ・クリーマーは大人になってから下がらないように練習していましたが、結局あまり直りませんでした。タイガーは、かなり直って良いスイングになってきています。運動神経が良くてジュニア時代からやっていると、そんなふうに右肩を下げてハイレベルなゴルフをする人が多くいますが、故障が出る人が多く、短命に終わりやすいものです。タイガーのように奇跡的な復活ができる人は非常に珍しいのです。

大人になってゴルフを始めると、ジュニアほどの柔軟性もないので、体の動きでは対応しきれず上達できない、ということも考えられるし、無理をすれば故障しやすくなるでしょう。なので、正しい方法をレッスンで学ぶことがお勧めです。おはやめにレッスンにお越しくださいね。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 11:12 | - | - |