CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開247-58 | main | レッスン公開247-60 >>
レッスン公開247-59

ールドチャレンジ三日目、首位はフィナウ、ラーム、ステンソンの3人が−13に並ぶ中、タイガーはイーブンでラウンドして通算-2は最下位の18位、松山選手は−1でラウンドするも-3はデイと並んで16位タイです。

ゴルフ日本シリーズ三日目は、首位が堀川、ハンジュンゴン、YEヤンの三人で-6、4位はイサンヒが-4、そして-3には石川選手ら6名が固まっています。

ギャラリー数は、初日が2566人、二日目が3064人、昨日が5129人でした。去年よりも少し増えているようなので、最終日は8000人台くらいかもしれません。

日本男子のQTは、昨日までに三日間を終え、今日で予選が終了し、明日から決勝の二日間が始まります。三日終了時点での首位はリチャード・ジャンの-19、二位はPピッタヤラットが-16、3位は小斉平優和選手です。小斉平選手は小学生時代からいつも優勝しているイメージの選手です。どうやら来年からはツアーで活躍するのかもしれないですね。

主な選手の途中経過は、矢野東選手が−7で29位タイ、薗田選手が−6で37位タイ、貞方選手が−5で42位タイ、細川和彦選手が−4で52位タイ、小山内選手が−2で80位タイ、伊澤利光選手が+4で165位タイなどでした。

ファイナルQTに行くまでには、多くの試練がありますが、それらを乗り越えてやっと出場して上位に入ってやっとツアーに出場できます。しかし、そうやって出場しても、シードになれる選手は数名程度です。

そういう人たちが集まった世界で戦って、トップレベルで戦うような選手でも、世界に行くとほとんど戦えません。松山選手のような例は数十年に一人の割合と言えるでしょう。やはりどうしても基礎体力面で日本人にはハンデが大きいのは否めないですが、いやはや厳しい世界ですね。ところで先日大地プロと宅島プロがある会社のコンペでプレーしました。結果は大地プロが66、宅島プロが69でした。その会社の社長さんは、そのコースのその年のクラチャンで71でした。

プロの世界との大きな違いがあることがわかると思いますが、それと同様に日米の差というのもあるのでしょうね。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

毎度お手数ですが人気blogランキングのご協力をお願い致します。クリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

NSさんのダウン直後では、正面からの図で大きな変化が見られましたが、それは一体なにでしょう?ということでしたが、考えて頂けたでしょうか?

上のダウン直後とトップでグリップの動きを確認してください。以前は下半身は受動的に動いているだけでしたが、レッスン後は能動的に動いているのがわかるでしょう。そして、グリップの動きを見ると、以前はグリップを振り下ろすことがダウンでしたが、レッスン後はグリップが動く量が減っています。つまり、レッスン前は主に手の振り下ろしでダウンスイングしていたところ、下半身リードでダウンスイングできるようになった、という点が大きな変化です。

NSさんの場合、手を振り上げ振り下ろすという動きがスイングの主体でした。人によっては肩の戻しによって加速する場合も多いものです。

そういう皆さんの多くはスライスが悩みだったりするものですが、正しいダウンスイングでは、バックスイングでねじった体をできるだけ解かずにダウンスイングする。つまり、コックもそうですが、体の捻転もできるだけ解かないことが大切なのです。それだけで全てがうまくいくというほど、スイングは甘くないですが、とりあえず、それは重要ポイントなので、次の練習ではできるだけ体の捻転を保ってダウンスイングするようにしてみましょう。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 17:08 | - | - |