CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開247-66 | main | レッスン公開247-68 >>
レッスン公開247-67

日も世界ランクが更新されていますが、トップ10では10位のファウラーが9位に、9位だったフィナウが10位になっただけでした。1位はケプカでした。そして、松山選手は25位から26位に後退していました。

それでは今日のルールです。最初は、キャディーはプレーヤーの承認なくグリーンの球をマークして拾い上げることができる、ということです。今までは、選手の承認が必要でしたが、それがいらなくなるのでプレー時間の短縮にもつながりそうですね。

次の改変は、これは、大きな改変ですが、旗竿を立てたままパッティングできるようになります。これまでは、グリーン上からパットする場合、旗竿は抜かなければいけませんでした。それが抜かなくてもよくなったのです。立てたままの旗竿に当たってカップインしても罰はありません。これは大きな変更ですね。もう、ピンを抜きに行ったり、ロングパットなどで誰かがピンを持っていなくても良くなったわけです。

次は、グリーン上でパッティングのラインに触れても罰はありません。これまではラインに触れてはいけませんでしたが、来年から振れてもよくなります。もちろん、状態を改善してはいけませんが、例えば、キャディーさんがラインを教えるためにグリーンに触れてここを狙って下さいと言っても、問題なくなったということです。

次は、グリーン上のスパイクマークが直せるようになりました。これまではボールマークは直せても、スパイクマークはダメでした。しかし、来年からはスパイクマークや人間或は動物が付けた損傷個所を修復できるようになります。まあ、これは当然かな〜という気がしますね。

というわけで、今回は旗竿を立ててパッティングできてスパイクマークも直せる、っていうのがかなり劇的な変更と言えるでしょう。グリーンに乗ったら、とっととパッティングできるので、とても良くなったと思います。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

スイング不思議発見!野球をやっていた人がゴルフを始めると悩むことは何か?という問題でした。回答が出そろいました。

草野「真君は、ゴロゴロゴロとはなんですか?」
野々村「やっぱり野球は膝より高い位置のボールを打つじゃないですか?でもゴルフは地面のボールを打つので、ゴロを打ってしまうんじゃないかと・・・」
草野「なるほど、なるほど、続いてDAIGOさんはテンプラということですが・・・」
DAIGIO「やっぱ野球やってるとホームランが打ちたい衝動で高く打ち上げてしまうんじゃないかと・・・」
草野「ああ、ゴルフでは高い球をテンプラといいますが、そのことですね、それでは黒柳さんはスライスとありますが?」
黒柳「わたくし、ゴルフは若い頃に少しだけしか経験がありませんので、もう忘れてしまったんですけど、確か最初は誰でもスライスって言うですか?ビューっと曲がるやつ、あれじゃないかと思いました。」・・・


ミステリーハンター「それでは正解です。今、野球経験があって、ゴルフはほとんど初めてのAさん(右利き右打ち)に実際に打ってもらいますね。それでは打ってください・・・」
Aさんがバシっと打って
ミステリーハンタイー「おおーなんか凄いスピードでスイングしまいたが、ボールはどんどん右に曲がってますね〜ということで、正解はドスライス、でした。」タータータ〜ン
草野「正解はドスライス、ということで、黒柳さん、おまけの正解ということで、真君、DAIGOさんはボッシュート」パ〜ラパラッパ〜ン。

というわけで、野球経験者の場合、バットに比べて重心距離が遠いゴルフクラブを振ると、どうしても振り遅れてしまうので、フェースが開いてドスライスになってしまうのですね。これは野球経験者に限ったことではないですが、野球経験者は腰を使って体を開いて打つ癖があるので、スライスの度合いが強く、大きく曲がるわけです。

このドスライスを回避するため、今回のNSさんのように腰を止めて手も止めることでドスライスを回避するような打ち方になりやすい、ということです。しかし、それは間違った方法で、折角持っている体を使ったスイングを殺してしまっているので、野球で培った良い部分は活かしてゴルフスイングできるようになれば、ゴルフの上達も半端ないものになるでしょう。青木プロにしてもジャンボさんにしても、古閑美保さんにしても、多くの人が野球やソフトボール出身です。野球経験者は基礎能力が高いので、正しく練習すれば、すぐにシングルやハンデ0ということになるところ、間違った方法をやってしまうことが多いので、注意してください。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 12:10 | - | - |