CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開247-67 | main | レッスン公開247-69 >>
レッスン公開247-68

週のGOLFWebTVは、大地プロのダウンスイングです。今回ご紹介しているスイングは、久々にスイングしたに近いスイングなので、少し打ち込んだスイングとは異なっていて、アウトから入る度合いが強いスイングでした。

そのことが、グラビティプレーンやダウンスイングでの理想のグリップ軌道との差から、どれくらい狂っているかが良く分かる結果となりました。グラビティプレーンは角度が一定なので、セットアップでのグラビティプレーンと体の関係やヘッド軌道、或はグリップ軌道と理想のグリップ軌道との差が一目瞭然なので、どれくらい狂っていて、どこをどう修正すれば良いか、ということが簡単にわかります。

しかし、一般によく使用されるシャフトプレーンやスイングプレーンは、セットアップの形に角度が依存しているので、セットアップが正しいのか間違っているのか、どれくらい間違っているのか?ということが全くわかりません。セットアップの狂いがわからないのだから、スイングの狂いだって全くわからない、ということになり、修正するにも修正のしようがありません。これまでは、現実の球筋から、それはヘッド軌道がどうなっているからだと考え、それを修正する、ということしかできなかったのです。

そうしてしまうと何が問題かというと、結局ヘッド軌道を修正することが目的になるので、ヘッド軌道を正しくしたいという方向性は間違っていないにしても、そのための方法を間違ってしまいやすく、単純にヘッド軌道をアウトサイドインからインサイドインに修正しようとして、ダウンでクラブを寝かせてしまったり、右肩を落としたり、あるいは腰や手を止めてみたりと、いろんな間違った修正をしてしまいやすいということです。

グラビティプレーン理論を基準にすれば、バックスイングでのグリップ軌道、ヘッド軌道、トップの位置、シャフトアングル、グリップ位置、ダウンスイングでのヘッド軌道、グリップ軌道などの正しい基準がわかるので、そういうことさえ理解できれば、誰でも正しい方向性で練習しやすいという点が、とっても便利ということです。しっかり理解できればコーチ要らずで上達できる理論なので、とっても経済的でもあるわけですね。

なので、皆さんもしっかり理解してもお得に上達してほしいと思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

野球経験のある人は、ドスライスに悩みその対処法を間違ってしまうことが多い、ということでした。

上の図では、以前は左肘が曲がり、右手で押し込んでインパクトし、トウダウンしてフェースのトウ側にボールが当たってフェースが開いていました。しかし、レッスン後は左腕が曲がらず、フェースもスクエアでリリースタイミングがやや早い以外、問題のない形になっているのがわかると思います。

後方からの画像では、レッスン後は腰が開いていること、そして、フェースは開かずスクエアに抜けていることがわかるでしょう。二つのスイングは、本質的な部分で全く違ったスイングになっていて、レッスン後はとても良くなっています。>つまり、スライスするからと言って、下半身を止めることはないし、手を止めることもない、それらはむしろ逆効果で上達の妨げになる。ということです。しかし、そういうレッスンをしているところもあるし、アマチュア同士でレッスンしてそういうことになって、スイングが非常に複雑になって複雑骨折状態で完治が難しいような状態にまでなってしまうこともよくあります。運動神経が良い人の場合、自分でできると思いがちで、確かにある程度まではできますが、いずれは行き詰る日がくるので、そこんとこよく考えて練習しましょう。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 09:19 | - | - |