CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開247-68 | main | GOLFWebTV#83 ダウンスイングのグリップ軌道 >>
レッスン公開247-69

ルフルール改定も残り少しになりました。先日は、グリーンの傷について、スパイクマークも直せるようになった、というところまで説明しました。今日は、救済エリアを計測するクラブについてです。これまでは、単に2クラブレングスとか1クラブレングスといった規定でしたが、来年からはパター以外で最も長いクラブのみ、ということになります。なので、状況によってクラブを変えて計測することはできません。

そして最後は、球を動かしたことの罰の免除です。新しい規則では、球を探しているときに自分の球を動かした場合、パッティンググリーン上で偶然球を動かした場合、規則に基づいて球をマークする、拾い上げる、リプレースするときに球を動かしてしまった場合に罰はありません。これも、プレーの短縮につながりそうですね。

というわけで、今回の改定は、主にプレー時間の短縮に役立つものばかりだったように感じますね。特に、グリーンで旗竿を抜かなくていいというのは楽でいい。スパイクマークを直せるのもいいですね。バンカー内の枯れ葉を取り除けるし、バンカー外にドロップもできる、自分のカートに当たっても無罰、二度打ちも無罰など、多くの改定がありました。

今回は主にプレー時間の短縮が目的と思われる改定でした。これは、ルールはもちろん、ほとんどプレー経験がない人がプレーしていることも多く、そういうことからくるプレーの遅延が増えているという背景があるのかもしれません。1人が1打につきたった3秒時間がかかったとして、4人の平均スコアが100の場合、400×3=1200秒、つまり20分も遅れることになります。なので、全員が1秒でも無駄なく行動することが、ゴルフではとても重要なので、いかに1秒でも無駄なくプレーするかということを常に念頭に置いてプレーしましょう。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

NSさんのインパクトでは、グリップ位置、フェースアングル、リリースタイミングなど多くの重要ポイントが改良されていました。

上の図はフォローですが、正面からの図では、左肘が曲がらず、腰もリードしているので、とても無理なく気持ちよく振りぬかれていることがわかると思います。

後方からの図では、ヘッドの位置に注目すると、以前よりもオンプレーンに近い位置に抜けているのがわかるでしょう。以前はアウトから入ってインに抜けていましたが、レッスン後はオンプレーンに入ってオンプレーン近くにぬけているので、ヘッド軌道が以前よりもインサイドイン軌道に近くなっていることがわかると思います。

このように野球で培った下半身リードは、ゴルフスイングでも有効活用できることが分かったと思います。決して、止める必要はないのです。それではここで今日のクエスチョンです。野球のバッティングで必要なある動きは、ゴルフではやってはいけない動きなのですが、それはダウンスイングでのある動きです。バッティングではバットを〇〇〇る必要があるがあるが、それはゴルフスイングではやってはいけません。〇に入るのは何でしょう?スイング不思議発見!

草野「野球のバッティングではある動きが必要なのですが、ゴルフではやってはいけない、ということです、それは何でしょうか?というのがクエステチョンですが・・・」
黒柳「それはテニスのスイングでもやってはいけない動きですか?」
草野「いえ、テニスではやても良い動きですね」
野々村「それはゴルフではボールが止まっていることと関係ありますか?」
草野「大いにあると言えるでしょう。」
DAIGO「それはバットとクラブの違いに関係ありますか?」
草野「はい、それは関係あります、それではシンキングタイムスタート」

というわけで、皆さんも一度考えてみてくださいね。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 09:13 | - | - |