CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< GOLFWebTV#83 ダウンスイングのグリップ軌道 | main | レッスン公開247-71 >>
レッスン公開247-70

ジアンツアーのインドネシアンマスターズ二日目、首位はタイのサカンスキンが-14、二位もタイのヨンチャレオンチャイとタイのプリムシリッゴーンということで、上位はタイ勢です。日本勢は、今平選手が−3で26位タイ、ミズノって言う選手が−2で34位タイ、新木選手が0で54位タイ、その他の選手は予選落ちでした。

さて、今年も冬休み特集の時期となってきました。タイガーは、去年あたりからスイングが良くなってきていたので、今年の活躍は間違いないことを去年書いて、その通りになりました。

なので、今年もタイガーというわけには行かないので、今年は日本のレジェンドプレーヤーに焦点を当ててみたいと思います。日本人ってどういうわけか先輩を軽んじる傾向がないでしょうか?昔の話だとか、古いとかいって、何かと新しいものに飛びつきたがるように思います。そういうふうにメディアも煽っていると感じます。なぜなら、そうした方が売れるからです。メディアは売れればいいので、売れないものは良いものでも無視です。

日本人で世界レベルで活躍した選手というのは、ほとんどいません。今は松山選手がいますが、かつてアメリカに挑戦してアメリカで勝った選手は青木、丸山、今田選手だけで、最近小平選手が勝ちましたが、まだ成功というレベルではありません。そういった数少ない選手の中でも、時代背景まで考えると、青木プロがダントツの才能と言っても過言じゃないと思います。そんな天才と言える選手が何をやってそうなったのか?というのは、学ぶ価値ありではないでしょうか?

というわけで、今回は青木プロが何をやって世界の青木になったのか?そこんとこ25年も前の本の書かれていた本人のスイング分析や証言も交えてご紹介したいと思っていますので、楽しみにしてくださいね。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

草野「野球のバッティングではある動きが必要なのですが、ゴルフではやってはいけない、ということです、それは何でしょうか?ということで、回答が出揃いました。」

草野「まずは真君、バットを合わせる、とはどういうことですか?」
野々村「野球では、ボールがどんな高さに来てもバットをそれに合わせる必要があるじゃないですか?こうみえても僕もちょっとやってたんでわかるんです、でもゴルフは球が止まってるから合わせる必要がないんじゃないかと思って・・・」
草野「ほほう、なかなか良い着眼点ですね、続いてDAIGOさんは、フラフラ、とありますが、どういうことですか?」
DAIGO「やっぱ野球って構えてる時、バットをフラフラ動かしてますよね?でもゴルフであんなふうにフラフラ動かしているのってないんじゃないかと思って・・・」
草野「なるほどなるほど、では黒柳さんは、寝かせる、とありますが、どういうことですか?」
黒柳「あの〜野球のバッターは、構えた時にバットを垂直に近く立ててる人が多くて、でも、打つ時は水平に近いですよね?これって寝かせているということですよね?でもゴルフでは逆に水平くらいから斜めな角度になっていて、これって立ててる、っていうことですよね?なので、そこらへんが逆なんじゃないかと思って・・・」
草野「流石、黒柳さん、なんでもよくご覧になってますね、それでは正解です。」
ミステリーハンター「それではここで、現役選手にバットでボールを打ってもらいましょう」
バッター「カキーン」
ミステリーハンター「この映像をスイング分析して、ゴルフの超一流選手と比べてみると、バットはインパクトまで寝る動きをしているますが、ゴルフスイングでは寝ていません、従って正解は、バッティングではバットを寝かせる必要があるがある、でした。」
草野「というわけで、正解は寝かせる、でした。黒柳さん以外全員ボッシュート〜」チャラチャラッチャ〜ン


ということで、野球のスイングでは、セットアップで立てたバットをインパクトに向けて寝かせつつスイングします。これは、そして、その寝る動きを調整してボールに対応していますが、ゴルフでは、ボールの位置が決まっているので、対応する必要がなく、常に一定であることが理想なので、寝かせる必要はありません。しかし、ゴルフではより遠くに飛ばす必要があるので、長さを長くする必要があり、結果、重心距離が遠くなったので、クラブをスイング中に寝かせてしまうとコントロールが効かなくなって突発的なミスが出やすいため、クラブが寝ないスイング、つまり、クラブを立てて振る、ということがとても重要なテクニックになった、ということですね。ボールに対応する必要があるテニスや卓球、バドミントン、スカッシュなど、他のどんなスポーツでもスイング中にプレーン調整が必要ですが、ゴルフだけはプレーンが一定であることが望まれるので、その点が他のスポーツを応用できない大きな違いなわけです。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 11:32 | - | - |