CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開247-71 | main | レッスン公開247-73 >>
レッスン公開247-72

ンドネシアマスターズ最終日、勝ったのはタイのサカサンシン、スコアは-20でした。この大会では二位もタイ、三位のタイの選手でした。日本勢は、今平選手が−7で12位タイでした。ステンソンは−14で4位、ローズは-6でした。

今年の冬休み特集は、青木プロのスイング改造について解説予定ですが、青木プロがゴルフを始めたのは14歳のことで、最初の1年は大スライスばかりだったそうです。その後15歳から本格的にゴルフを始め、プロになったのは22歳の時でした。本格的にゴルフを始めて7年目、1964年のことでした。プロになってからの10年は、フックを打っていたそうで、なので、ゴルフを始めてから最初の1年は大スライス時代、2年目から17年間がフック時代、そして18年目以降がフェード時代、という変化をしてきたということです。

しかし、青木プロは、プロになる前からフェードが打てるようになりたかったそうで、プロになって3年目に先輩プロからグリップを習い、その2年後に同級生だった高巣プロに頼んでスライスの特訓を受けて変えていったそうです。

なのでプロ入り5年目、ゴルフを始めて12年目から本格的にフェード打ちを始めたと言えるようです。そして、自分なりにこれで「これでできた」と言える状態になったのが、それから更に9年後の1978年のことだと言います。スライスの特訓を1969年に受けてから7年後の1976年頃からフェードが打てるようになり、その更に二年後の1978年にようやくフェードが完成したと言えるそうですね。その年の全英で7位、二年後の全米オープンで2位、そしてその3年後にハワイアンオープンで優勝しました。

青木プロは、プロになる前からフェードが打ちたくて、フッカーでも関東プロをはじめ、日本プロは中日クラウンズなど、多くの試合に勝つほどの実力がありながら、世界を見据えてフェードをマスターするまで、本格的に改造を初めて9年、フェードが打ちたいと思ってから15年以上もの時間をかけて世界レベルに到達したわけです。

プロであっても、こんなことができる人はほとんどいません。現在日本で活躍しているプロでも、日本での結果に満足し、自分のゴルフをこれで良いと思い、おごってしまって世界では通用しない、という人がほとんどでしょう。ほぼ全員に近いでしょう。しかし、松山選手は青木プロタイプであることも明白です。つまり、世界の器というのは、プロになる前から決まってるのでしょうね。自分に必要なもの、欠けているものを自然に感じて取り組む力、そういうものがある選手は強くなるのでしょう。プロでも世界に通用するものが何かがわからない人もいれば、アマチュアでも世界レベルがわかる人もいる、ということでもあるでしょう。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

NSさんのスイングは、下半身を使ってもスライスすることのないスイングに大変身していました。

上の図の位置では、以前に比べ体重移動が行われている点、右腕が伸びている点などが明確な違いとしてわかると思います。

後方から見ても、前傾の維持、下半身の動きの違いなど、かなり良くなっています。それではここでクエスチョンです。NSさんのスイングには、もう一点、重要な変化が見られるのですが、それは一体何でしょう?スイング不思議発見!


草野「NSさんのスイングは、とてもよくなっているのですが、上の図では重要な変化がわかるということですが、それは何か?というのがクエスチョンです」
黒柳「それはこの写真のここが違う、と答えればいいのですか?」
草野「そうですね、それでもいいんですが、全体から予測できる変化と言った方が良いかもしれません」
坂東「それはスライスがでないことと関係ありますか?」
草野「それは大いにあると言えそうですね」
野々村「それは、体のことですか?それともクラブのことですか?」
草野「それはお答えできません、それではシンキングタイムスタート」
野々村「ええ〜〜」
というわけで、それは何か、皆さんもお考えください。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 08:48 | - | - |