CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< 世界の青木誕生スイングヒストリー35 | main | 世界の青木誕生スイングヒストリー37 >>
世界の青木誕生スイングヒストリー36

ェニックスオープン最終日、2位とは4打差の-20でスタートしたファウラーは、11番で3打目のアプローチを池ポチャし、ドロップ後におそらくプレースしたボールがグリーンを確認している間に転がりだしてまた池ポチャとなり、そのホールをトリ、そして次のホールも同様からかセカンドをミスしてバンカーから寄り切らず入らずでボギー、一気に-15にまでスコアを落とし、首位タイとなり、その後首位タイに並んだブランデンがバーディーをとって単独首位とし、ファウラーは2位にまでダウン、これはもしかしてノーマンの呪いにかかってしまったのかと思われましたが、その後2バーディーで盛り返し、一方のブランデンは1ボギーとしたことで結局ファウラーは−17フィニッシュ、ブランデンは-15でファウラーがなんとか優勝しました。松山選手は−2でラウンドし、通算-9は15位タイ、小平選手はでラウンド+4でのラウンドは72位フィニッシュでした。

それでは今日も、世界の青木誕生スイングヒストリーをお楽しみください・・・

上下の図はダウンに入ったところです。

二つの違いは、50歳の方が更にフェースが開いている点で、よりフェードが安定していたのではないかと思われる点です。

バックスイングでフェースを開くというのは、できない人にとってはとても難しいことです。初心者などで無意識に開いているといか、開きすぎている場合がありますが、普通はスライスを回避するためにシャットにしたくなる傾向があります。なぜシャットにしたくなるかというとダウンでフェースが開くからです。なぜフェースが開くかというとクラブが寝るからです。なので、クラブを立ててダウンスイングできないならフェースはシャットが正解と言えるかもしれません。クラブを立てて振るにはかなりの正しい練習が必要で、それは独学ではかなり難しく、だったらシャットフェースにした方が多くの人にとって簡単にゴルフを楽しむ方法かもしれません。しかし、多くの場合、新たな悩み、チーピンやシャンクといったことに悩むようになるので、やはりごまかしではなく正しい動きを覚えた方がいいでしょう。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 09:01 | - | - |