CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開248-33 | main | レッスン公開248-35 >>
レッスン公開248-34

ルスパーチャンピオンシップ最終日、勝ったのケーシーでスコアはー8でした。二位はウーストハイゼンが-7、DJは崩れてー5は6位タイフィニッシュでした。小平選手は+1でラウンドし、通算+1は37位タイフィニッシュ、概ねフィールドランクに近いフィニッシュでした。

女子のファウンダースカップは、午前7時50分現在、試合はまだ途中ですが、野村選手はー3でラウンドし、通算-12は暫定27位にまで上昇しています。首位はカルロタ・シガンダがー22(7)二位はユ・リウがー21(7)なので、まだまだどうなるのかわかりません。

日本の女子のTポイントエネオスゴルフトーナメントは、上田選手が逆転優勝しました。スコアは-6、二位は-4の勝、申、4位タイのー3には5人ということで、コースの難易度が高い試合だったようです。

優勝した上田選手は、右手の中指が痛くて眠れないほどで、棄権も考えたそうですが、いつもよりおなかに力を入れてプレーしたということでした。また、大山選手の存在が大きく、常に上を目指す姿勢に刺激され、自分ももっとがんばらねば、という気持ちが大きいということもあったそうです。更に、今年は何勝を目標にするとかではなく、心技体を整え辛抱強くプレーし、その結果を待つ姿勢でプレーしたいということで、それはまさに青木プロが開眼した時と同じ精神状態、ということになるでしょう。

昔、チームカリスマコーチの取材番組で、今年はチームで何勝を目標にするぞ!みたいなこと(確か15勝くらい)を言ってましたが、結果は0でした。プロスポーツ選手が結果を求められるのは当然ですが、今回の上田選手のような考え方は、一段上のレベルに達していることをしめしていると言えるでしょう。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

MKさんのプリインパクトでは、グリップが体のより近い位置を通過して、低くなっていました。

上の図はインパクト直前ですが、見た目はほぼ同じです。

後方から見ると、やはりグリップと右足の間隔が狭くなっているのが、わかると思います。非常に僅かですが、以前よりもグリップがインサイドに引き込まれているわけです。

グリップは、プリインパクトの位置からインサイドに引き込まれる必要があります。多くの上級者はインサイドアウトに振る練習の結果、グリップをアウトサイドに押し出す動きが身についていることが多いものです。イメージとしては、プリインパクトの位置からのグリップエンドを一塁側に押し出すような動きです。正しくは逆に三塁側に引き込む必要があるわけです。そして、そのために必要なのが、下半身リードです。下半身が引っ張ることで手が引き込まれる動きになるわけです。MKさんの場合を見ても、下半身の動きに差があるのがわかるでしょう。以前より下半身の回転量が増えています。

プロのレッスンなどを受けて、もっと左に振れ、と言われたことのある人がいると思いますが、それは、そういうことを言っているのです。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 08:13 | - | - |