CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開248-34 | main | レッスン公開248-36 >>
レッスン公開248-35

日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。今週の世界ランクポイント対象試合は全部で4試合、バルスパーチャンピオンシップ(50)メイバンクチャンピオンシップ(24)その他でした。メイバンクにはメイバンクチャンピオンシップには、石川選手や池田選手ら8名もの日本人選手が参加していましたが、予選を通過できたのは川村選手だけでした。今週の世界トップ10は・・・

ということで、ラームとファウラーが入れ替わりましたが、大きな動きはありませんでした。今週の日本のトップ10は・・・

ということで、松山選手は25位に下降、その他も全員ランクダウンでした。今週の女子のトップ10は・・・

1 — KOR SUNG HYUN PARK 6.76 344.67 51 ☆
2 — THA ARIYA JUTANUGARN 6.37 350.18 55 ☆
3 — AUS MINJEE LEE 5.78 318.01 55 ☆
4 5 KOR JIN-YOUNG KO 5.31 297.16 56 ☆
5 -1 KOR SO YEON RYU 5.04 227.01 45 ☆
6 2 USA NELLY KORDA 4.85 232.98 48 ☆
7 -2 JPN NASA HATAOKA 4.71 249.80 53 ☆
8 -2 KOR INBEE PARK 4.63 162.11 33 ☆
9 -2 USA LEXI THOMPSON 4.61 184.47 40 ☆
10 1 ESP CARLOTA CIGANDA 4.48 228.27 51 ☆

ということで、畑岡選手は7位に後退していました。今週の日本のトップ10は・・・

7 -2 JPN NASA HATAOKA 4.71 249.80 53 ☆
26 1 JPN AI SUZUKI 2.92 160.58 55 ☆
43 -1 JPN MAMIKO HIGA 2.05 143.22 70 ☆
59 15 JPN MOMOKO UEDA 1.60 97.57 61 ☆
63 -1 JPN SAKURA KOIWAI 1.55 75.99 49 ☆
64 -3 JPN MISUZU NARITA 1.54 96.72 63 ☆
76 16 JPN MINAMI KATSU 1.28 72.83 57 ☆
77 4 JPN REI MATSUDA 1.27 67.54 53 ☆
85 1 JPN ERIKA KIKUCHI 1.19 73.53 62 ☆
93 -3 JPN HINA ARAKAKI 1.13 55.31 49 ☆
95 — JPN ERI OKAYAMA 1.06 70.15 66 ☆

ということで、上田選手と勝選手がジャンプアップしていました。上田選手は2017年の年初あたりに世界ランク121位にまで落ちていましたが、そこからジリジリ盛り返しています。スイングは良い感じだし、ガマンも覚えたようなので、賞金女王有力候補と言えるかもしれません。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

MKさんのインパクト直前では、以前に比べてグリップが体の近くを通過していました。

上の図は、ほぼインパクトですが、正面から見た違いはあまりないように見えます。

しかし、後方からみると、以前よりも下半身リードがあり、グリップも体の近くになって低くなり、トウダウンが減っているのがわかると思います。

プリインパクトからインパクトにかけて、グリップは左に引き込まれる、ということを説明しましたが、MKさんの動きはそういう変化がみられるのがわかると思います。その結果、インパクトでのグリップ位置も低くなり、適正なライ角でインパクトできるスイングに近づいているといえるでしょう。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 10:47 | - | - |