CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< GOLFWebTV#99 | main | レッスン公開247-9 >>
レッスン公開247-8

スターズ二日目、小平選手は―2でラウンドし、通算+1は46位タイで予選を通過、松山選手も-2でラウンドし、通算+1は46位タイで予選通過、そしてアマチュアの金谷選手は+2でのラウンドは通算+3で57位タイ、カットラインは50位タイまでですが、首位が-7と伸び悩んでくれたおかげで首位と10打差以内での予選通過となりました。ローズ、ガルシア、ケーシーといった競合が予選落ちする中での予選通過は、松山選手に続いてアメリカで活躍してくれそうな予感です。

首位は、-7に5人という混戦模様で、モリナリ、デイ、ケプカ、アダム、ウーストハイゼンらです。注目のタイガーは、-4でのラウンドは首位と1打差の-6、好位置での折り返しとなりました。48歳で最高齢優勝を狙うミケルソンは-4、デシャンブー、JT、ファウラーは-3です。

日本の女子、スタジオアリス女子オープン初日は、首位がー4の申ジエと福山です。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

MLさんのトップは、トップ付近から手を引き上げるような動きがみられました。そういう動きをしたくなるのは、一つには振り上げることから得られる反動によってダウンスイングに入るため、ということがありますが、もう一つ、こういう動きをする人に良く見られる特徴はなにか?ということでしたが、考えて頂けたでしょうか?

実はそれは、リリースです。このようにトップで手を持ち上げることで、インパクト直前でリリースする間を作っているのです。

だから、例えばトップ直前の理想的なトップと思われる位置で一旦止めて、そこからスイングをしようとすると、どうやって打ったらよいのかがわからず、全く打てない、或は強引に右で押すなどして打とうとしてしまうものなのです。

正しいリリースは、アイアンの場合、グリップがボールを追い越してから打つようなタイミングで自然にリリースされます。しかし、早くリリースするタイプの人は、グリップがボールの真上に来た時に打つタイミングでリリースします。つまり、正しいインパクトタイミングよりも早いタイミングで打つのを目的としてスイングしているので、トップでの助走が長めに必要であり、それがなくなると全く加速もできないし、タイミングも合わない、ということになるのです。

なので、トップを変えるには、インパクトも変える必要がある、ということになります。ということは、やはり正しいインパクト、ボールのとらえ方、というものを練習する必要があり、トップを変えるには、インパクトを練習する、ということになりますが、これは初心者には難問なので、中上級者の方は、しっかりと正しいインパクトを練習しましょう。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 09:32 | - | - |