CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開247-34 | main | レッスン公開247-36 >>
レッスン公開247-35

日は非常に良い天気で気温も30度にまで上昇しました。しかし、湿度がとても低く、冬場よりも低いということで、清々しい一日でした。朝方の雰囲気はロサンゼルスのようなさわやかな空気感で、まるでロサンゼルスのようだと感じていました。

そんな清々しい今日この頃、松山選手もスイングの状態は良いようで、今週の全米プロでの活躍に期待がかかりますが、まずは今週の世界ランクを確認してみましょう。

先週の世界ランクポイント対象試合は全部で13試合、バイロンネルソン(40)ブリティッシュマスターズ(26)アジアパシフィック(15)などでした。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、トップ10に変動はありませんでした。今週の日本のトップ10は・・・

というわけで、松山選手は30位に下降していました。しかし、今週が楽しみです。今週の女子は・・・

1 — KOR JIN-YOUNG KO 7.50 404.90 54 ☆
2 — AUS MINJEE LEE 6.72 383.22 57 ☆
3 — KOR SUNG HYUN PARK 6.49 324.62 50 ☆
4 — THA ARIYA JUTANUGARN 5.93 332.11 56 ☆
5 — JPN NASA HATAOKA 5.34 288.54 54 ☆
6 — KOR INBEE PARK 5.13 179.59 34 ☆
7 — USA LEXI THOMPSON 5.04 206.58 41 ☆
8 — CAN BROOKE M. HENDERSON 4.94 281.31 57 ☆
9 — KOR SEI YOUNG KIM 4.89 264.32 54 ☆
10 — USA NELLY KORDA 4.71 226.14 48 ☆

というわけで、アメリカでの試合がなかったので動いていません。日本のトップ10は・・・

5 — JPN NASA HATAOKA 5.34 288.54 54 ☆
27 — JPN AI SUZUKI 2.82 155.32 55 ☆
47 -1 JPN MAMIKO HIGA 1.94 135.89 70 ☆
55 1 JPN MISUZU NARITA 1.69 108.26 64 ☆
61 1 JPN MINAMI KATSU 1.63 95.97 59 ☆
65 — JPN MOMOKO UEDA 1.56 92.23 59 ☆
70 2 JPN SAKURA KOIWAI 1.42 78.08 55 ☆
81 -1 JPN HINA ARAKAKI 1.28 67.81 53 ☆
86 -1 JPN ERIKA KIKUCHI 1.22 77.82 64 ☆
90 — JPN REI MATSUDA 1.18 70.99 60 ☆

というわけで、大きな動きはありませんでした。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス


下半身の飛び跳ね系から回転系への変化は、インパクトイメージの大きな改革につながる、ということでした。

上の図の位置でも、腰の動きの変化や左肘の違いがよくわかります。

後方から見ると、以前は腰の回転が止まって飛び跳ねるイメージだったところ、かなり回転の動きが入っていることがわかります。MLさんのレッスンでは、フェースローテーションの練習も行いましたが、その結果、以前はシャットに上げていたフェースを開いて上げることで、ダウンでフェースがかぶることなくローテーションできるようになりました。

その結果、図でわかるように、以前よりもボールが真っ直ぐ飛び出しています。以前はボールを引っ掛けていました。このように、バックスイングでフェースを開けば、ローテーションしても引っかかるどころが真っ直ぐ飛ぶようになるので、ローテーションができない人は、まずはバックスイングでフェースを開くように練習してみましょう。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 12:55 | - | - |