CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開248-6 | main | レッスン公開248-8 >>
レッスン公開248-7

メリカ男子、チャールズシュワブチャレンジ最終日、この日頑張ったのはケビン・ナでした。ケビン・ナは最終日をー4でラウンドし、通算-13は2位のフィナウに4打差で優勝しました。ケビン・ナのように大柄でなく、パワータイプもないアジアの選手が活躍してくれることは、日本人選手にとっても励みになりますね。彼のスイングにはアジア人が学ぶべきところが多いと言えるでしょう。

アメリカ女子のピュアシルクチャンピオンシップ最終日、畑岡選手は−2でラウンドし-15フィニッシュ、通算-15は優勝に2打及ばずながら、ナイスフィニッシュでした。優勝はブロンテ・ローがー17でした。

日本の男子、関西オープンは、プロ10年目の大槻選手がツアー初優勝しました。

女子のブリヂストンレディースは、勝選手がー14で優勝、二位は河本選手がー12でした。

男女のギャラリー数バトルは、男子が4271人、女子が6882人、男子は四日間で11400人くらい、女子は三日間で18600人くらい、ということで、ちょっと勝負にならない状況でした。

昨日の男子の中継を見ても、非常に淋しい淋しい状況で、これ、練習ラウンドか?って思えるほどの状況でした。男子の不人気はまだまだ続くようですが、タイガーの復活でブリヂストンのボールは売れているようだし、秋にはタイガーも来るし、っていうことで、なんとか盛り上がってほしいですね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

バックスイングでは、ヘッドの動きに気を取られて体と腕のコネクションを忘れていはいけない、ということでした。

上の図の位置は、腕が10時と11時の間くらいを指していて、普通、アイアンのトップはこれくらいで十分と言える位置です。しかし、シャフトを見ると垂直に立っているのが特徴的です。最近では、ラームなど、これに近いトップと言えるかもしれません。

このようにクラブヘッドを高い位置に置くことで、重力を利用して加速できるという意見もあるようです。確かにラームなどはノーコックイメージでヘッドの位置も高い位置から落としてくるようです。しかし、結局のところ、ダウンで深いタメを作っています。クラブは急カーブしてインパクトに向かうので、そこで急加速する角速度を得るには、コックは不可欠です。でないと、ヘッドが遠心力で外へ投げ出されてしまい、ヘッドスピードに繋がらないからです。

スイングの加速は、筋力の有効活用が最も重要なので、そのためにも腕と体のコネクションが悪くならないように意識して、練習する習慣をつけましょう!

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 13:46 | - | - |