CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開248-19 | main | レッスン公開248-21 >>
レッスン公開248-20

日はマキロイが優勝し、今週の全米オープンのパワーランキングではマキロイが1位になるだろうと書きましたが、実際は1位ケプカ、2位マキロイ、タイガー6位、松山17位などとなっていました。マキロイが1位でなかったことで、マキロイ優勝の可能性が高くなりましたね。果たして今週の世界ランクはどうなっているでしょうか?

先週の世界ランクポイント対象試合は全部で12試合、カナディアンオープン(48)JGTOツアー選手権(16)などでした。今週の世界トップ10は・・・

というわけでmマキロイは3位に上昇、タイガーは5位をキープしていました。今週の日本のトップ10は・・・

というわけで、全体にあまり動いていませんが、堀川選手がかなり上昇していました。今週の女子は・・・

1 — KOR JIN-YOUNG KO 7.66 398.46 52 ☆
2 — AUS MINJEE LEE 6.77 378.91 56 ☆
3 — KOR SUNG HYUN PARK 6.37 312.26 49 ☆
4 — USA LEXI THOMPSON 6.34 260.11 41 ☆
5 — KOR JEONGEUN LEE6 5.97 316.64 53 ☆
6 — THA ARIYA JUTANUGARN 5.72 320.55 56 ☆
7 — JPN NASA HATAOKA 5.71 297.03 52 ☆
8 1 CAN BROOKE M. HENDERSON 5.21 291.49 56 ☆
9 -1 KOR SO YEON RYU 5.19 238.92 46 ☆
10 — KOR INBEE PARK 5.07 177.40 34 ☆

というわけで、畑岡選手は7位をキープしていました。今週の日本のトップ10は・・・

7 — JPN NASA HATAOKA 5.71 297.03 52 ☆
28 — JPN AI SUZUKI 2.75 151.16 55 ☆
41 — JPN MAMIKO HIGA 2.13 145.11 68 ☆
45 — JPN MINAMI KATSU 2.00 120.22 60 ☆
49 10 JPN MOMOKO UEDA 1.90 114.09 60 ☆
59 6 JPN YUI KAWAMOTO 1.64 57.40 35 ☆
63 1 JPN MISUZU NARITA 1.60 102.15 64 ☆
78 -3 JPN SAKURA KOIWAI 1.36 80.28 59 ☆
82 -1 JPN HINA ARAKAKI 1.32 69.87 53 ☆
94 -1 JPN ERIKA HARA 1.19 49.96 42 ☆

というわけで、上田選手が10ポイント上昇してトップ50入りしていました。河本選手も6ポイント上昇していました。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

フェースローテーションを抑えるとか固定しようとすると、逆に安定しない、という話でいた。

上の図はインパクト直前ですが、まず、後方からの図では、やはりインサイドから払うような軌道であることがわかります。そして、正面からの画像ですが、この位置で既にクラブヘッドが手を追い越そうとしているような動きになっているのがわかります。

初心者は振り遅れてスライスしていることが多いこともあってか、右足の前でリリースしろ、とか、右足の前で手を返せ、なんていうレッスンが非常に多いようです。そうすると、確かにスライスが修正されることが多いだろうとも思います。

現実の手のローテーションは、バックスイングでは時計回りに、ダウンスイングでは反時計回りに行われ、どこかで急に返すとか、そういうことではありません。スイング全体で均一に回転しているということになります。ただ、現実には、ダウンスイングではバックスイングでの時計回りの影響で、時計回り方向に引っ張られながらダウンスイングするので、インパクトエリアで急速に回転するような結果になる、ということは言えるでしょう。しかし、インパクトエリアで急に返すというわけではなく、実際には何もしないで自然に返る、みたいな感じです。

ローテーションは練習が必要だし、できない人はする意識が必要だったり、逆ローテーションしている人が多いので、そういう場合は強い意識が必要ですが、できるようになれば、何もしない意意識で自然にできてしまっている、ということになります。詳しい説明は、メルマガで今後解説するので、是非、メルマガをご購読下さいね。ずぇったい損はさせません。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 11:15 | - | - |