CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開248-31 | main | レッスン公開248-33 >>
レッスン公開248-32

日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で12試合、トラベラーズ(58)BMWインターナショナル(26)などでした。BMWには川村、宮里、谷原選手らが出場していましたが、川村選手は44位、宮里、谷原選手らは予選落ちでした。今週の世界トップ10は・・・

ということで、マキロイが3位に上昇していました。今週の日本のトップ10は・・・

ということで、松山選手は31位に下降しトップ30から押し出されました。その他の選手も下降傾向でした。ヨーロピアンでがんばってる宮里選手は、最近7試合連続予選落ちで世界ランクも319位にまで落ちています。谷原選手は5試合連続予選落ちが続き、360位にまで後退しています。二人ともほんの2年くらい前は世界トップ50でしたが、かなりの急降下です。やはりヨーロッパ転戦はかなりの激務だろうから、一度帰国してゆっくり休養した方がいいかもしれませんね。今週の女子は・・・

1 — KOR JIN-YOUNG KO 7.55 400.31 53 ☆
2 2 KOR SUNG HYUN PARK 7.36 360.71 49 ☆
3 — AUS MINJEE LEE 6.61 376.69 57 ☆
4 -2 USA LEXI THOMPSON 6.60 277.25 42 ☆
5 1 JPN NASA HATAOKA 6.10 317.08 52 ☆
6 1 KOR JEONGEUN LEE6 5.96 316.10 53 ☆
7 -2 CAN BROOKE M. HENDERSON 5.90 336.28 57 ☆
8 — THA ARIYA JUTANUGARN 5.75 321.89 56 ☆
9 1 KOR INBEE PARK 5.47 191.45 34 ☆
10 2 USA NELLY KORDA 5.45 256.32 47 ☆

畑岡選手は最終日の奮闘が効いて5位に上昇していました。今週の日本のトップ10は・・・

5 1 JPN NASA HATAOKA 6.10 317.08 52 ☆
20 5 JPN AI SUZUKI 3.33 182.96 55 ☆
40 -1 JPN MAMIKO HIGA 2.31 157.05 68 ☆
48 -1 JPN MINAMI KATSU 1.95 118.93 61 ☆
53 -3 JPN MOMOKO UEDA 1.90 112.37 59 ☆
56 -2 JPN YUI KAWAMOTO 1.85 68.37 37 ☆
69 -2 JPN MISUZU NARITA 1.57 99.11 63 ☆
83 -2 JPN SAKURA KOIWAI 1.40 85.43 61 ☆
84 -5 JPN HINA ARAKAKI 1.37 75.25 55 ☆
92 7 JPN HINAKO SHIBUNO 1.26 44.18 30 ☆

というわけで、鈴木選手は5ポイント上昇、渋野選手は99位から92位に7ポイント上昇していました。その他の選手は下降していました。河本選手は3位タイでも2ポイントダウンでした。上に行くほど山は険しくなることがわかりますね。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

昨日は、上の図の位置での明確な変化は何か?というクイズでした。意外に難しかったようです。注目してほしいのはグリップ位置です。以前はグリップが右足の右側前くらいにありましたがレッスン後はまだ中央付近にあります。

ということは、以前に比べてグリップは動いていないのにシャフトは同じくらいの角度になっていることになります。なので、以前に比べて手首を使っている、つまりコックを早くしている、ということでした。

上の図は、後方から見た図ですが、コックの影響でヘッドが以前より前に出てしまっています。しかし、グリップの位置は以前よりも体に近く、以前に比べてグリップが浮いていないことがわかります。

UNさんの場合、テイクバックでセットアップ時の手首の角度がむしろ伸びる傾向がありました。なので、逆に手首を早くコックすることで、コックの感覚やタメを作って振ることを練習してもらった結果でこのようになりました。

ダウンスイングで加速するには、やはりコックは不可欠です。コックがなければ腕の振り力で加速することになりますが、それでは安定が難しいので、コックをマスターするようにしましょう。まずは、早くコックしてからバックスイングする練習などが良いでしょう。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 10:35 | - | - |