CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開251-2 | main | レッスン公開250-4 >>
レッスン公開250-3

週のメルマガは
1. はじめに  ジム・マクリーンのレッスン1
2. グラビティプレーン理論 クラブの動き編17
3. グラビティプレーン理論 体の動き編17
4. 実践ドリル編17 グリップの重要ポイント
5. お手本スイング映像 7アイアン ダウン後半〜インパクト
などのメニューです。1のジム・マクリーンのレッスン1では、ジム・マクリーンのレッスンを受けてみようと思った経緯などをご紹介しています。

2のグラビティプレーン理論、クラブの動き編17では、解説として、重力とのバランスを取ってスイングする方法を知るきっかけになったことや、そこまでの過程などを説明し、動画でも説明しているので、同じことをマネしてもらえれば「なるほど!」と別世界への扉が開く人もいるだろうと思っています。

3の体の動き編では、ダウンスイングでミスを防げない理由を科学的に解説しています。

4の実践ドリル編では、グリップの重要ポイントです。前回グリップをやった時は、大体のことしか説明していませんが、今回は重要ポイントを詳しく解説しています。これを知らずに練習しても、どれほどの意味があるのか?と思えるほど重要なことです。また、そのこと自体は知っていても、現実のスイングに活用できていない人は多いものです。今月は、その重要なことを活用するためのドリルがテーマです。

という具合の内容です。内容がありすぎて、1週間で理解して実践するのは不可能なほどの量だと思います。レッスン内容は、実際には不可能なペースで進んでいきます。一つ一つのドリルをマスターするだけでも、普通は数か月かかるからです。なので、これまでのドリルもやりつつ、次のドリルも導入する、みたいな形でやっていかなければいけません。そうすれば、非常に効果がでてスイングが改善します。しかも、練習代の節約にもなります。1〜2回の練習で習得できることがどれほどのものか?これまでに理解している人が多いと思います。その費用をメルマガに変換するだけで、将来の成長は大きく変わることになるでしょう。価値ある投資は明日のために。メルマガをよろしくお願い致します!それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・


人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

Rさんのテイクバックは、癖のない良いテイクバックでした。

上の図は、シャフトが水平になった位置ですが、後方からの図でわかるように、ヘッドがややインサイドに入りすぎています。原因は、無意識に手を動かしているか肩の回転方向が横過ぎるか、ということが考えられます。

フェースの向きを見ると、フェースが正面を向いているので、正しくフェースが開かれていることがわかります。もしかすると、フェースを開こうとする意識がインサイドに回り込む動きを誘発している可能性があります。

バックスイングではフェースを開き、ダウンスイングではフェースを閉じる、ということはわかっていても、どうしてもできない人が多いものです。また、フェースを開こうとしてヘッド軌道が狂ってしまい、逆にミスを誘発していることも少なくないでしょう。

バックスイングでフェースを開く動きは、テイクバックでは僅かな量で、トップ付近で開かれる量の方が多いと考えた方が良いと思います。しかし、それは能動的というより、ヘッドが自然と開こうとする動きを邪魔しないような感じで開くことができれば理想的です。慣れないうちは意識的にやや強制的に開いた方がいいですが、フェースが開く感覚がつかめたら、何もせず自然に開かれるイメージで開いていけると良いでしょう。

今月のメルマガは、正しいテイクバックに重要なグリップの重要ポイントと習得ドリルがテーマです。読んで、見て、やってみて上達できるメルマガを是非、ご購読くださいね。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

 

| レッスン公開 | 10:28 | - | - |