CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開250-8 | main | レッスン公開250-10 >>
レッスン公開250-9

ンターネットで何かのページを見ていると、広告の中に1か月でスコアアップしなかったら全額返金保証、というレッスン広告がありました。あの有名なダイエットジムのゴルフスクールの広告でした。

全額返金保証ということで、そこまでするのだから、絶対に上達できるんじゃないか?だって、返金したら儲からないし・・・みたいに思うかもしれません。しかし、それは甘い罠にまんまと引っかかってしまっています。全額返金保証をするというのは、簡単に言えば受講料に保険代も含まれている、ということです。

例えば100人の人が受講して、返金を申し出る人の数というのは、およそ決まっているでしょう。上達するしないに関わらず、返金を申請する人はスコアが減らなかった、って言えばいいだけなので、嘘でも本当でもする人はする、また、しない人は、スコアがどうでも一生懸命教えてくれたのに良くならなかったのは自分が悪い、と思って申請しない人もいるでしょう。もちろん、正直に結果に従って行動する人もいるでしょう。

そういういろんな人がいるので、そういうことも全部計算して返金率があって、その返金率に応じて受講料に上乗せすれば、絶対に損はない、というか、宣伝効果で儲かるわけです。なので、全額返金保証をうたい文句にしているものは、要注意です。返金する人の受講料を返金しない人が負担しているのです。

ちょっと想像してみましょう。あなたは返金保証のレッスンを受講しました。しかし、スコアは良くなりませんでした。そこで、スコアが良くならなかったから返金しろ、って言えますか?言える人は、かなり気が強い人ではないでしょうか?それともうひとつ、スイングというのは1か月で良くなんてなりません。(間違った矯正で短期間だけ良くすることはできます。しかし、それをやるとその後が大変なので、そういうことは教えない方が良心的でしょう)筋肉の記憶を書き換えるには、半年以上の時間がかかります。だから、付け焼刃のことでスコアを良くしたとしても、逆にそのことが将来の成長の大きな妨げになる可能性があるので注意してください。

今週のメルマガは・・・


1. はじめに  ジム・マクリーンのレッスン2
2. グラビティプレーン理論 クラブの動き編18
3. グラビティプレーン理論 体の動き編18
4. 実践ドリル編18 支点を力点を意識してのインパクトの形
5. お手本スイング映像 7アイアン インパクトエリア
です。

ジム・マクリーンのレッスン2では、ジム・マクリーンのレッスンでやったことをご紹介しています。ジム・マクリーンのレッスン内容については、過去にこのブログで書いたことがありますが、今回は、過去に公開しなかった重要な部分も公開しています。

2のグラビティプレーン理論 クラブの動き編18では、様々なヘッド軌道の中からC字型の軌道についての説明と解説です。

体の動き編では、フィーリングの重要性について書いています。グラビティプレーン理論はメカニカルな話ですが、根本にはフィーリングの重要性があります。というか、むしろフィーリングが最も重要と言えるかもしれません。スイングを型にはめて覚えるのも大事ですが、そうやって正しい感覚をつかんだら、型を捨てることも重要です。どういうことかがわかるかもしれません。

実践ドリルでは、インパクトの形の練習です、お手本スイングもインパクトについて、です。これらを参考に正しいインパクトを理解し、実践しましょう。

マクリーンのゴルフアカデミーは、当時マイアミのドラルゴルフリゾートにありました。今は、トランプナショナルドラルリゾートになっていて、マクリーンのアカデミーはありません。別の場所に移ったようです。マクリーンのスクールは韓国にもあるようです。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

今月のメルマガは、自然にコックされるバックスイングに必要不可欠なグリップの重要ポイントです。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

Rさんのスイングは、誰かに似ているけど誰でしょう?ということでしたが、考えて頂けたでしょうか?

正解は上の図でわかるように、ベン・ホーガンです。リッキーファウラーも似ているので正解です。シャフトの角度、腕のポジション、肩の角度、腰の角度など、全てがそっくりです。(身長差による前傾角の違いはあります)そして、こういう形は多くのプロも憧れるけどできない人が多い形です。

どうしてこういう形は日本人にできないのか?できないこはないことが図からわかると思います。でも現実に出来る人は少ないというか、ほとんどいない、なぜか?それは、ほとんどの日本人が知らない技術があるからです。しかしご安心ください。メルマガでは、そういう技術についても解説する日がくるので、是非メルマガを読んでくださいね。こういうスイングをマスターしたいという人は、是非レッスンに来てくださいね。ジュニアであればプロくらいは簡単になれるでしょう。

今月のメルマガは、自然にコックされるバックスイングに必要不可欠なグリップの重要ポイントです。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 10:02 | - | - |