CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開250-14 | main | レッスン公開250-16 >>
レッスン公開250-15

週のメルマガは・・・


1. はじめに  J・オニールのレッスン1
2. グラビティプレーン理論 クラブの動き編19
3. グラビティプレーン理論 体の動き編19
4. 実践ドリル編19 支点と力点を意識して、水平スイッシュドリル
5. お手本スイング映像 7アイアン フォローフィニッシュ

1のJ・オニールのレッスン1では、J・オニールのレッスンを数回受けた時の出来事です。J・オニールは、ジム・マクリーンのアカデミーのディレクターインストラクターです。パームスプリングスでレッスンしていて、最初は私一人でレッスンに行き、次に友人と行き、そして次はあるプロとレッスンを受けたりしたのですが、どんなことが起こったのか?ということをご紹介しています。

2のクラブの動き編19では、初心者に多いヘッド軌道の説明です。

3の体の動き編では、重心移動のミスからくる明治の大砲ではなく、別の理由から発生する明治の大砲の説明です。

4の実践ドリルは、支点と力点を意識して、水平スイッシュドリル、スイッシュドリルは、一見簡単そうなドリルですが、実は簡単ではありません。正しい力の作用や正しいポジション、正しい動きを正確にやらないと、意味がないと言っても過言ではないですが、そういう意味で、意味のない練習をしてしまっている人も少なくないのです。練習は、その目的を理解して、正しい動きで行えば、効果が絶大ですが、そういうことなくやっても時間の無駄です。

このメルマガの最も重要な部分はこの実践ドリルの部分です。これをしっかり理解して正しくやって頂くことで、このメルマガの価値が出ると言えるのです。他の部分は、直接の上達とは関係性が薄いですが、ここは上達に直結する部分なので、他は読まなくてもここだけはしっかりやって下さいね。

5のお手本スイングでは、7Iのフォローフィニッシュです。ネット上には多くのレッスン動画あると思いますが、レッスンしている人のスイングを細かく正確にコマ送りで説明しているものは、ほとんどないかもしれません。ほとんどはトッププロのスイング映像を使って、スイングに関する御託を並べているだけのものでしょう。

そういう御託映像ではなく、本人のスイングを細かく正確にコマ送りで見せて説明する、そういうことをやっています。きっとそういうのは少ないと思いますが、それだけに説得力はあるはずです。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

Rさんのインパクトは、ベン・ホーガンにかなり似ていました。

上の図はフォローですが、左腕につまり感がなく、気持ちよく振りぬかれているのがわかると思います。

フェアウェイウッドは結構難しいクラブで、よく、払うように打て、とか言いますが、それではうまくいかないことが多いはずです。

実際には、やはりヘッドのローテーションを活用することで、簡単に打てるようになります。そういう意味では、Rさんのスイングは、まだヘッドを使いこなせてはいませんが、全体のフォームが固まってくれば、正しヘッドの動きを掴むのに時間はかからないでしょう。

正しいヘッドの動きに不可欠なのが、タメ、ということも言えます。タメがあればヘッドが回せる、タメがないと回せません。タメがあれば加速してヘッドを回せるけど、タメがないと加速できないし合わせ打ちになります。Rさんはそういう間にいる状態です。人間がイメージしやすいのは合わせ打ちなので、油断するとどうしてもそういう打ち方に戻ってしまうのです。しかし、ゴルフを始めて1年ほどでこれくらいできれば、かなりの上達が見込めるでしょう。

今月のメルマガは、レイトヒットに必要不可欠なグリップの重要ポイントです。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 09:47 | - | - |