CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開252-14 | main | レッスン公開252-16 >>
レッスン公開252-15

メリカ男子、ヒューストンオープン三日目、二日目は日没サスペンデッドになり、三日目早朝からそれを消化し、三日目も終了しました。首位はグリフィンが-11、二位はハバードが-10です。この大会には有名選手がいないので、聞きなれない選手が上位ですね。

日本の男子、ブリヂストンオープンは、昨日早々に残りの試合が中止となり、二日間での結果で順位が決まりました。 優勝は今平選手です。

女子のスタンレーレディースは、二日目が中止になり、今日の午後に決勝ラウンドが予定されています。

最近はGOLFWebTVを更新していませんが、少し特番で一人で何かやろうとかと思っています。テーマは、スライスの原因と、やってはいけない直し方、です。どうしてやろうと思ったかというと、YOUTUBEで見たレッスンに、やってはいけない直し方で直しているレッスンがあったからです。そんなことをしたら、手で合わせるスイングになって、一時的には良くても後々が大変です。

そういうレッスンでありながら、人気は高く、神レッスンとか、ほめたたえられていますが、別にそのレッスンを叩くつもりではなく、そもそも叩けるほどのアクセスがないので叩けませんので、あくまでも一般論として、スライスの間違った直し方の例をいくつか取り上げ、そうやってしまうと後々どうなるのか?どんな困ったことになるのか?ということを説明したいと思っています。また、スライスの原因も根本的なことをわかりやすく説明しようと思っています。

人は必ず楽な道を選ぶものです。簡単に上達したいわけです。なので、簡単でない、なんて言われると、それだけで拒絶反応が起こります。しかし、スライスを正しく直すのは簡単なことではないのが事実なので、事実しか言えませんが、当然拒絶されることなので、人気がでないことは仕方ないですが、それでもわかる人にはわかると思うし、結局そういう人しか救うことはできないものなので、そういうものを作ろうと思っています。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

CHさんのフォローでは、頭が少し左に流れてしまっていたのが問題でした。

上の図は3時の位置あたりですが、一般には、左肘が曲がってチキンウィングになってしまっている人が多いところ、CHさんにはそういったことがなく、気持ちよく伸びていて、大きなフォローです。

これは、ローテーションが完全ではないものの、そういうスイングをしてようとしている結果、こうなっています。そうではなく、ボールを上げようとしたり、ボールに合わせるようなスイングをすると、左肘が曲がってしまうのです。

フォローで左肘が曲がってしまうエラーで悩んでいる人も多いと思います。左肘が曲がってしまうということは、そうしないと打てないから曲がっているので、それだけを強引に直しても、ボールに当たらなくなるだけです。

フォローでの左肘の曲がりは、スイングの歪みの表れです。その歪みとは、プレーンであったり、タイミングであったりすると思います。自然なプレーン、自然なタイミングなら、左肘は曲がりませんが、どこかで歪んでしまった何かの帳尻を合わせた結果、ということです。

ここで厄介なのは、一旦、そういったやりかたで帳尻を合わせる癖がつくと、そう簡単には修正できない、ということです。なんせ、インパクトというものすごく短い瞬間のことが連鎖反応として記憶されているので、その連鎖を断ち切るのは簡単ではないわけです。もしかすると、高い確率で不可能かもしれません。結局、安易な方法でスライスを克服しようとした付けが回ってきている、ということです。

そうならないためにも、そして、そうなってしまっても、やはり、基本の練習をしっかりやることが大切です。でも、ほとんどすべての人が基本をやっていません。基本からやれば、CHさんのようにたったの3か月でスイングの大雑把なポイントは習得でき、その後の上達も順調に行くでしょう。但し、その後のレッスンに間違いがなければ、の話ですが・・・

なので、結局、いそがば回れ、という大昔からの人の知恵が正しく、正しいから残っている、ということなので、そういうことに素直な人は、結局得をすることになるでしょう。

今月のメルマガは、ローテーションの習得です。ローテーションの原理を基本からマスターしましょう。ゴルフを始める方がいたら、まずはこのメルマガを最初から読んで、理論はとりあえず理解できなくてもいいので、ドリルをしっかり練習してからレンジに行くように勧めてあげましょう!

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 13:26 | - | - |