CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開253-18 | main | GOLFWebTV#119 >>
レッスン公開253-19

週のトーナメントは、アメリカ男子がマヤコバクラシック、日本人選手は出場しません。女子はTOTOジャパンクラシック、日本で開催されるUSLPGAの試合です。去年は畑岡選手が優勝しました。日本の男子はHEIWAPGMチャンピオンシップです。

女子プロ協会では現在プロテストが実施されていて、二日目を終えた首位が石川玲奈とアン・シネです。女子プロのQTは、今年からファーストステージとファイナルステージの二段階になりました。そして、プロテスト合格者しか受験できなくなりました。

なので、最初にその話を聞いた時は、プロテスト受験料とQT受験料の二重取りをする気か?と思いましたが、そうではなく、これまでのファーストとセカンドステージがプロテストになったイメージのようです。つまり、これまでは、ファーストやセカンドを通過しても、プロ協会の会員にはなれなかったところ、今年からはなれる、という感じに近いイメージです。だったら、ややこしいことしないで、ファーストとセカンド通過者はプロ協会員にする、ということでいいのに、ややっこしいことしますね。きっとこれまでにプロテストでプロになったプロが納得する苦肉の策、ということかもしれません。

これまでは、QTでファイナルからツアーに出場しながら、シードには至らなかった選手が、プロテストを受けていないという理由だけで、実力はありながらプロ協会員になれないという奇妙な現象はなくなるということになりそうです。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

Lさんのインパクト直後では、以前はかなり持ち上げるような動きだったところ、両肘が伸びて、スッキリしていました。

インパクトからフォローにかけて、以前のLさんのように持ち上げるようなスイングになってしまっている人は多いと思います。

ゴルフでは、思ったことと逆のことがよく起こります。右に行かせたいのに左に行く、左に行かせたいのに右に行く、池に入れたくないのに入る、バンカーを超えたいのに入る、飛ばしたいのにチョロ、上げたいのにゴロ・・・

例えば、大きなグリーンがあって、その右にグリーンの半分もない大きさのバンカーがあって、例えばグリーンに乗せろと言われるよりも、バンカーに入れろ、と言われる方が難しいはずなのに、グリーンを狙うとなぜかバンカーによく入る、ということがあるでしょう。つまり、思ったことと逆のことが起こる可能性が高いわけです。

ならば、この際バンカーを狙うとか、池を狙うとか、上げたい時に低く打つとか、右に曲がってほしいけど左に曲げる意識で打つとか、逆のことをやってみたらどうでしょうか?

これはあくまでも思ったことの逆がよく起こるという人のみの方法ですが、そんなふうにわざと嫌な方をやってみる、っていうことです。

つまり、バンカーをグリーン、グリーンをバンカーだと思って打ってみる、っていうことです。すると、意外にグリーンに乗るかもしれません。失敗しても、バンカーには入りません。ナイスショットで思った通りに時にはバンカーに入ります。

バンカーに入ったら、思った通りなので納得、乗ったらラッキー、バンカーの右にそれてもバンカーじゃないからOKということで、どれでも良い結果と考えることができるでしょう。

これは何をしているのかというと、ゴルフ場と遊ぶということです。多くの人がゴルフ場に遊ばれてしまっています。そうではなく、ゴルフ場と遊ぶということが、ワンランク上に行くには重要な鍵となるでしょう。

インパクトエリアでボールを持ち上げる形になる人は、上げたい気持ちが表れています。逆に上げないように打つ意識でやってみましょう。

今月のメルマガは、正しい腰の動きがテーマです。腰の動きを正しくするドリルをしっかりマスターしてください。なんでこれが正しいのかも、よくわかると思います。メルマガは、過去分も購読可能になりました!まだまだ今からでも大丈夫です。是非、ご購読下さいね!

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 14:23 | - | - |