CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開124-5 | main | レッスン公開254-7 >>
レッスン公開254-6

週のメルマガは・・・



1. はじめに スイングに重要な肩の動き 
2. グラビティプレーン理論 クラブの動き編28
3. グラビティプレーン理論 体の動き編28
4. 実践ドリル編28 腰の動きを完全習得4
5. お手本スイング映像 

1の「スイング中の肩の動き」では、スイング中の肩の動きの重要性を説明しています。肩の動きを見ると、スイングの特徴がとても良くわかり、何を考えてスイングしているか、なども見えてくるものです。これを知ってスイングを見ると、その人のスイングの問題点がとってもよくわかるようになるでしょう。それほど重要なのに、気づかずに肩を痛める人も多いものです。

2のグラビティプレーン理論28では、ドローとフェードの違いや特徴を説明しています。ドローはどうしてコントロールが難しいのか?などです。

3の体の動き編28では、インパクトからフォロー、フィニッシュでの力の流れについて説明しています。スイングにおける大きな流れである力の流れを理解しておくことは、とても重要です。スイングの基礎の重要要素と言えるでしょう。

4の実践ドリルでは、腰の動きでボールを打つ練習法です。この練習も簡単ではなく、ついつい手を使って打ってしまう人がほとんどです。手を使うか使わないかということを意識的に制御する力も養えるでしょう。

最後のお手本スイングでは、プリインパクトからインパクトまでを説明しています。このあたりで手を使ってしまう人はとても多いのですが、正しい手の動きとその方法がわかれば、手打ちのミスを軽減できるでしょう。

また、今週もGWTVを公開します。今回は研修生の小日出さんのスイング改造で、まずは1年前と比べてその変化を確認し、そして、今回のレッスンでの変化をご紹介する流れです。小日出さんとは、12月にも収録を行い、その後を収録予定です。そして、できればコースでのスイングなども収録し、問題点を洗い出し、プロテスト合格に向けて必要なことを考えていこうと思っています。

小日出さんの場合、チャンスは来年の1回か、多くてもその次までです。イップスという大問題を抱えているので、簡単にはいかない話です。果たしてどうなるのか?その目撃者になって下さいね。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・


人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

UCさんのバックスイングでは、頭が左に、そして前に傾いていて、何かを意識して練習していると、もっと重要なことのエラーに気づかないことがある、ということでした。

上の図はトップの直前ですが、前のコマと比較すると、肩が全く回らず腕だけが上がり、左肘は真っすぐに突っ張るように伸ばされていることがわかります。

これは自然ではないので、誰かに左肘を伸ばしておくように教えられたのだろうと思われます。UCさんはレッスン経験があるので、以前にそういうレッスンを受けて、それを忠実に守っているのかもしれません。

確かに、左肘を伸ばしておくように意識することが、必要な場合もあると思います。しかし、大事なのは体の軸や体の動きが腕を動かす、という順序です。イメージ的には、体が7〜9割、手や腕は1〜3割くらいしか使わない感じです。しかし、UCさんの場合は9割くらい、もしかすると全部が腕や手のイメージになっているかもしれません。

左肘はインパクト後、フォローの途中まではほぼ真っ直ぐに伸ばされているべきだとは思いますが、そのために必要な体の動き、肩の回転、腰の動きや使い方など、いわば基礎が壊れてはいけません。そうならないように、まずは基礎工事をしっかりとさせておく必要があるでしょう。でないとスイングはどんどん複雑化してしまって、修復が困難か、ほぼ修復不能にさえなってしまいます。そうならないために、基礎の正しい動きをドリルでしっかり練習しましょう。

今月のメルマガは、正しい腰の動きがテーマです。腰の動きを正しくするドリルをしっかりマスターしてください。なんでこれが正しいのかも、よくわかると思います。メルマガは、過去分も購読可能になりました!まだまだ今からでも大丈夫です。是非、ご購読下さいね!

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 10:21 | - | - |