CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開254-11 | main | レッスン公開254-13 >>
レッスン公開254-12

週の金曜は、第五週のためメルマガは休刊日です。最近再開したGOLFWebTVでは、研修生の小日出さんのスイングの変化をご紹介しています。小日出さんは一年前にGOLFWebTVに出て頂き、その後、プロテストを受けるもイップスが出て敗退、ご本人はプロを諦めるつもりだったところ、ご家族や周りの人にもう少し頑張ることを勧められ、あと1回くらいはやってみようという意識で、現在も研修生をされています。

小日出さんは橋本大地プロのご紹介でGOLFWebTVに出て頂きましたが、橋本プロが小日出さんと知り合ったのは、練習場でぶっ飛ばしてた小日出さんに橋本プロが声をかけたのが始まります。プロを驚かすほどに小日出さんは飛ばしていたわけです。

なので、小日出さんは300yヒッターであり、それが小日出さんの強みですが、ショットへの不安からイップスになることがあるのが問題です。それが試合で出たらどうしようもありません。しかし、得てして試合ででてしまうものだから困ります。

ゴルフでは、飛ぶことは何よりも有利な強みです。実際のところ、DJもケプカもタイガーも飛ばし屋です。タイガーが出てきたころは飛距離でも天下無敵でした。なので、やはり、ゴルフでは何よりも飛ばすことが重要で、しかし、それはかなりの部分、才能の問題です。飛ぶ人は、最初から飛ぶのです。

今年のJGTOのスタッツによると、300y以上飛ぶ選手は16人で、そのうち13人がシード選手、あとの3人も80位以内なので、やはり、飛ぶことが有利であることがわかります。だから、小日出さんの場合、その飛距離は宝物なので、それを活かしつつ、ショットへの不安を取り除くことができれば、間違いなくツアーで戦っていけると思います。

そこで取り組んでいくのは、スイングの粗さの排除です。具体的には手を振り上げ、軸の動きも大きいので、そういう粗さを排除することで、ショットへの不安を軽くしたいと考えています。小日出さんの場合、ジュニアからゴルフをしているので、少々軸が動いても打ててしまいます。しかし、そういう軸ブレは、究極の精度が要求されないゴルフなら気になりませんが、究極の精度を自分に課すような状況では、不安材料になるわけです。気にしていないことを気にすることとなり、不安になってイップスになります。

実際、一般に最も多いイップスであるパターで、イップスを経験した選手に共通に見られる解決策が、クラブと腕を一体にするなど、ブレを抑える行為であることからも、そのことがわかります。普段気楽に打っている時は出ないけど、緊張する場面では出る、というのは、ブレへの恐怖ということです。

なので、それってメントレでは解決しません。具体策が必要です。そして可能だと考えています。小日出さんのレッスンでは、そういうことをやっていき、ショットへの不安を取り除き、プロテストやQTで頑張ってもらえると嬉しいと思ってやっています。是非、ご期待ください!

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

UCさんのダウンでは、グリップもクラブも前に飛び出すような動きになっていました。

そして、上の図がセットアップでしたが、ここで修正すべき点はどこかということでした。ここで注目してほしいのは、肩のラインです。肩のラインがほぼ水平になっています。肩のラインを傾けることに、最初はだれでも抵抗があるので、多くの人が肩を水平に構えようとします。するとどうなるのかというと・・・

上の図でわかるように、背骨が途中で曲がって腰が左に傾く、つまり、右腰が高くなってしまいます。こうすることで、肩の僅かな傾きとのバランスを無意識に取る構えになるのです。

そのままバックスイングすると、肩は回らず、右腰はスエーという典型的な悪い動きをしてしまうので、なので、そこを直さず、トップからダウンで手を回すようなごまかしでなんとかしようとすると、スイングの迷宮にようこそ〜〜ということになるで、他人のアドバイスには注意しましょう!急に良くなったように感じても、それが悪夢の始まりかもしれません。

来月のメルマガは、来月のメルマガは、正しいコックとレイトヒットの習得練習です。必ずマスターすべきテーマです。しっかり練習してマスターしましょう!メルマガは、過去分も購読可能になりました!まだまだ今からでも大丈夫です。是非、ご購読下さいね!

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 10:43 | - | - |