CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開254-26 | main | レッスン公開254-28 >>
レッスン公開254-27

レジデンツカップ最終日、前半を終えた時点で4アップだった松山選手、これは楽勝かと思われたのですが、後半に入って11番から14番までを連続で取られてマッチイーブンとなり、16番で1アップとするも最終ホールで取られる、ということで、結局マッチイーブンで終了しました。対結果戦は

Abraham Ancer3 & 2 WIN Tiger Woods
Hideki Matsuyama TIED Tony Finau
C.T. Pan 4 & 2 WIN Patrick Reed
Haotong Li 4 & 3 WIN Dustin Johnson
Adam Hadwin TIED Bryson DeChambeau
Sungjae Im WIN 4 & 3 Gary Woodland
Joaquin Niemann 3 & 2 WIN Patrick Cantlay
Adam Scott 2 & 1 WIN Xander Schauffele
Byeong Hun An 2 & 1 WIN Webb Simpson
Cameron Smith WIN 2 & 1 Justin Thomas
Louis Oosthuizen TIED Matt Kuchar
Marc Leishman TIED Rickie Fowler

ということで、アメリカが6勝2敗4分けで8ポイントゲット、世界選抜は4ポイント、トータルでは世界選抜が14ポイント、アメリカ16ポイントということになり、筋書き通りアメリカが逆転優勝、ということになりました。これでアメリカは11勝、1敗、1分けということで、圧倒的な強さを証明しました。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・


人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

UCさんのトップはバランスや軸が安定し、手の振り上げもなくなっていました。

上の図はダウン直後ですが、グリップの高さは同じくらいなのに体の開き具合が違っています。

後方から見ると、以前はシャフトがプレーンよりも浮き上がっていましたが、レッスン後は浮き上がらないというより、むしろ沈んだような位置になっています。

以前のUCさんは手を振り上げていたので、ダウンでの体の回転とグリップの下降のバランスが崩れ、手が振り遅れて体が開きスライスになっていました。レッスン後はグリップ位置が低くなったために手の振り遅れが減ってバランスがよくなっています。

レッスン後の後方からの画を見ると、このまま振っていくだけでボールがつかまるであろうことが感じられると思います。レッスン前の画では、どこに飛ぶか?多分右だけど引っ掛けもあるな、というイメージです。

そういうことは、トップまでに大部分が決まるので、まずはトップまでを修正するようにしましょう。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

今月のメルマガは、正しいコックとレイトヒットの習得練習です。必ずマスターすべきテーマです。しっかり練習してマスターしましょう!メルマガは、過去分も購読可能になりました!まだまだ今からでも大丈夫です。是非、ご購読下さいね!

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 07:21 | - | - |