CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開254-34 | main | レッスン公開254-36 >>
レッスン公開254-35

週のメルマガのメニューは・・・

1. はじめに  スイング中の頭の動き 
2. グラビティプレーン理論 クラブの動き編32
3. グラビティプレーン理論 体の動き編32
4. 実践ドリル編32
5. お手本スイング映像 

1のスイング中の頭の動きについて、プロの頭の動きとアマチュアに多い頭の動きの差について説明しています。また、どうして動くのか?ということも説明しました。頭の動きを見ると、スイングの中身がわかるほど頭の動きはスイングを物語るものです。

2のグラビティプレーン理論、クラブの動き編32では、ベン・ホーガンやサム・スニード、或はタイガーウッズといった天才が生まれた時代背景に共通することとは何か?そこから、良いスイングを作るためにはどんな練習をすれば良いのか?その方法は?といったことを解説しています。

3の体の動き編32では、グラビティプレーン理論での正しいセットアップについて、グラビティプレーン理論体の動き編では、三つの重心位置について説明しましたが、そういった独自の考え方も交えて正しいセットアップを説明しています。

4の実践ドリルでは、レイトヒットインパクトを作るドリル2ということで、これを練習することで、下半身リードでレイトヒットインパクトが出来るようになるドリルです。但し、簡単にできることではありませんし、長期間続ける必要があります。

5のお手本スイングでは、3アイアンのセットアップを説明しています。3アイアンがなぜ難しいのか?どうすれば打てるのか?ちょっと工夫が必要なのですが、その工夫やスイング法の重要ポイントについて、他のアイアンとは違う(違うから同じだと打てないわけです)ので、そこんとこを今週から来月以降も説明していきます。

私も昔は3アイアンが打てませんでした。5アイアンくらいまでは、それなりに打てても、4番3番になると、それほど距離が飛ばないし、うまく打てないし、ということがありました。そして、何かが間違っていることもわかっていました。

もっと気持ちよく振れるはず、そういう気持ちがありました。ユーティリティーのない時代だったり、出だしたばかりだったので、使うのはかっこ悪い、おやじゴルファーになりたくない、というようなことでロングアイアンが打てるようになりたかったものですが、何が間違っていたのか?どうすれば良いのかなどがわかると思います。

ただ、多くの人にとっては、ユーティリティーを使った方が良いと思います。しかし、プロならロングアイアンを使えるスイングでなければいけないとは思います。

というわけで、今週も盛り沢山です。また、来月は、日本にはなぜ異常に世界レベルの選手が少ないのか?ということを徹底的に掘り下げています。

アメリカのスイングの歴史、そして日本人プロのスイング解説など、ほとんとの日本のプロには習っちゃいけないのはなぜか?偉そうに聞こえるかもしれませんが、それが論理的に理解できるでしょう。

なによりも、世界で通用しないスイングなのは事実なので、世界に学びましょう。っていうだけで決して偉そうに言ってるのではなく、事実を言ってるだけなんですね。そのあたり、理解して頂けるよう力をこめて書きましたので、是非、メルマガをご購読くださいね。

簡単に言えば、例えば高跳びに例えるとしたら、日本の多くのプロはベリーロールで飛んでいて、世界のトッププロは背面飛びをしているイメージです。どちらも高く飛べますが、世界レベルとなると背面飛びが必要になるし、背面飛びをマスターしなければいけないわけです。つまり、やってることが全く逆と言ってもいいわけです。ベリーロールで高く飛べる選手に背面飛びは教えてもらえないということです。その違いがわかると思います。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

UCさんのフォローでは、レッスン後はボールが真っ直ぐ飛び出しているのがわかりました。

上の図では、ローテーションが増えていて、左腕が押されるような雰囲気がなくなり、ローテーションされて畳まれていることがわかると思います。

上の図では、ボールが真っ直ぐ飛んだことがわかると思います。以前のように右サイドで押すような動きがないので、右足も残っています。これは、無理にのこしたのではありません。ただ、残り過ぎているとも思われますが、この変化は大きな変化です。

ダウンスイングで右足を蹴ってしまう癖のある人は、右足を蹴らず、踵をつけたままボールを打つ練習も、一時的にはやってみる価値があります。もちろん頭は動かさず、しかし、下半身リードはします。それでも右で蹴りません。そうすることで、右で押さないスイングになり、スライスが減る可能性が上がるでしょう。

ただ、最初はクラブが更に寝てフェースが開いて更に右に飛ぶかもしれません。クラブが寝ないように振ることで、問題は解決するでしょう。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

今月のメルマガは、正しいコックとレイトヒットの習得練習です。必ずマスターすべきテーマです。しっかり練習してマスターしましょう!メルマガは、過去分も購読可能になりました!まだまだ今からでも大丈夫です。是非、ご購読下さいね!

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 10:20 | - | - |