CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< 冬休み特集 渋野選手のスイング改造9 | main | 冬休み特集 渋野選手のスイング改造11 >>
冬休み特集 渋野選手のスイング改造10

週のメルマガは・・・

1. はじめに  石川遼をダメにしたレッスン
2. グラビティプレーン理論 クラブの動き編34
3. グラビティプレーン理論 体の動き編34 パワーゾーンとパワーセンター
4. 実践ドリル編34 フットワークポンプドリル
5. お手本スイング映像 3I

というラインナップ、今月は、なぜ日本から世界レベルの選手が異常に生まれてこないのか?ということを書いていて、先週はその原因の重大なものを一つご紹介しました。今週は、石川選手をダメにしたレッスンということで、今から10年くらい前に文春に書かれた記事の内容や、そこからわかる日本のプロが世界レベルになれない理由などを説明しています。果たして、文春砲とはどんなものだったのか?お楽しみに!

2のグラビティプレーン理論、クラブの動き編34では、先週はボビージョーンズのスイングを解説しましたが、今回はニクラウスとパーマーのスイングを解説します。トッププロに共通する要素とは何か?時代は変われど、道具が変われど、スイングの重要ポイントは永遠に同じです。

3の体の動き編では、パワーゾーンとパワーセンターについて説明しています。どうしてパワーゾーンは生まれたのか?パワーセンターとは何か?とっても重要な要素です。

4の実践ドリルは、フットワークポンプドリルです。これは、手で合わせてしまう癖を取るためのドリルです。どうしても手で合わせて打ってしまうひとは、このドリルをしっかりやって下さい。

5のお手本スイングでは、3アイアンのバックスイングです。セットアップでは、他のアイアンとちょっと違う工夫を説明しました。バックスイングでも少し工夫が必要です。ロングアイアンをマスターするヒントになるでしょう。

ということで、今月は日本のプロが世界で通用しないとか、強いプロが生まれてこない理由について、総力特集しています。それでは今日も、渋野選手のスイング改造をお楽しみください・・・

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

今月のメルマガは、日本のプロがなぜ世界で活躍できないのか?総力特集です!是非、ご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

渋野選手のフォロー前半では、背骨の曲がり具合に変化がでていました。

上の図では、腕の抜ける位置が以前よりも低くなっていて、以前に比べて体と腕との一体感が増していることがわかります。以前は体の動きと腕の動きがばらけていたイメージです。図の印象からしても、以前は勢いがなく、手で操作して打っているイメージですが、現在は体全体をしっかり使ってスイングしている印象です。力強さに大きな差が出ています。

こういった差は相当な変化なので、これをたったの1年ちょっとでほぼ変えたというのは、やはり驚きですね

現在、手を振り上げて振り下ろすようなレッスンを受けているジュニアのみなさんは、セカンドオピニオンを聞くことをお勧めします。

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

今月のメルマガは、日本のプロがなぜ世界で活躍できないのか?総力特集です!是非、ご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 18:23 | - | - |